フットバスと女性の足

冷え性解消・美容にも♪自宅でできるフットバスの効果と入り方

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

フットバスには冷え性解消のほかにも体に良い働きが多くあるといわれています。今回は自宅でできるフットバスの効果と入り方についてご紹介していきます。寒い冬はフットバスで温まって、美容と健康に役立ててみてくださいね。

 

寒さが厳しいこの季節。どうしたら体が温まるかなと悩みを抱えている冷え性の方も多くいるのではないでしょうか?そんなときに役立つ冷え性対策が、フットバスを利用することです。今回は、自宅でできるフットバスの効果と入り方についてご紹介していきます。フットバスで体を温めると、美容にも嬉しい効果が期待できますよ。

フットバスをする前に用意しておきたいもの

フットバス

自宅でフットバスをする際に、用意しておきたいものがあります。1つ目は、お湯を入れるバケツ。100均などでも販売されていますが、サイズが小さいなという場合はバケツを2個準備して、片足ずつ温めるという入り方も良いでしょう。

2つ目は、 フットバスが終わった後に足を拭くタオル。3つ目は、お湯に入れる入浴剤など。こちらはお好みでOKです。最後にお湯がこぼれてしまったときの対策として、防水性のあるマットなどを準備しておくと後片付けが簡単です。

フットバスの効果とは?

保湿クリーム

フットバスは、いわゆる「足湯」のことを指します。足にはツボが集中していて、足を温めることで冷え性の対策になり、また美容の効果もあるといわれています。

フットバスは便秘や下痢の解消のほか、自律神経のバランスを整える効果も期待できるので、冷え性の方だけでなく、普段から倦怠感や疲労感を感じて疲れがなかなか取れないと悩んでいる方にもオススメです。

フットバスの入り方

睡眠

フットバスは、自宅でもできる簡単な美容法です。その入り方についてもご紹介します。

まず、バケツにお湯を入れます。お湯の温度は40度前後がオススメです。バケツに両足を入れ、足首あたりまでお湯に浸かるようにして温まりましょう。バケツの上にタオルを置くことで保湿効果も感じられますよ。

そのまま20分ほど浸かります。その間にお湯が冷めてきたなと感じたら、熱めのお湯をその都度足していきましょう。このお湯は足湯をする前に、バケツのお湯とは別に準備しておいてくださいね。

フットバスの後は足が冷えることを避けるため、靴下などをすぐ履くようにしましょう。冷え性の方は特に気をつけたいポイントですね。

アロマを使ってみる

アロマオイル

フットバスにアロマを使うのもオススメです。ストレスを緩和するレモンやサイプレスのアロマ、リラックス効果が感じられるラベンダーやオレンジのアロマ、生理痛がひどいときにはクラリセージやイランイランのアロマなど、アロマにはさまざまな作用があります。

今日は疲れているなと思ったら、アロマを使ってみてはいかがでしょうか?

フットバス豆知識

女性の脚

足といえば、今までに自分の足の臭いが気になったことがある方もいるのではないでしょうか?そんな方にもフットバスはオススメなのです。

フットバスに重曹を入れると消臭効果があり、足の臭いをなくしてくれるといわれています。大さじ2~3の重曹を入れるだけで臭いの菌を分解してくれるので、こちらもぜひお試しください。

自宅で手軽にリラックスタイム♪

冷え性対策に美容にと、いろいろな効果が期待できるフットバス。自宅で手軽にできるのが嬉しいですよね。体を温めたいとき、日頃の疲れを癒したいときなどに試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -