クレンジング

美肌の第一歩!肌質別クレンジングの選び方と使い分け方法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

さまざまな種類があるクレンジング。使っているものが本当に自分の肌に合っているのかな?と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、肌質別のクレンジングの選び方と使い分けについてご紹介します。

 

女子ならいつだってキレイな肌でいたいもの。美肌になるには毎日きちんとクレンジングをして、その日のメイクをしっかり落としておくのが重要です。使用するクレンジングが自分の肌質に合っていないと、乾燥するなどの肌トラブルを引き起こす原因になることもあるので要注意。そこで肌質別のクレンジングの選び方と、種類別の使い分け方法も合わせて調べてみました♡

敏感肌の人向け・選び方と使い分け

 

yukaさん(@miran_you36)がシェアした投稿

敏感肌の人は皮脂の分泌が少ないので乾燥しやすく、刺激に敏感です。そのため、肌に負担の掛かってしまう拭き取りタイプはあまりおすすめできません。そこで敏感肌の方は、肌に負担が掛かりにくいミルクタイプ・乳白色ジェルタイプのクレンジングを選ぶとよいでしょう。

ミルクタイプのクレンジングは水分が多く、界面活性剤・油分が少ないのが特徴。肌に優しく洗浄力がマイルドでおすすめです。乳白色ジェルタイプのクレンジングは、界面活性剤が乳化していて低刺激なのが特徴。

敏感肌のクレンジングの選び方のポイントは、低刺激で肌に優しいかどうかということです。敏感肌用クレンジングは洗浄力がどうしても弱くなってしまうので、日頃からナチュラルメイクを心がけましょう。取れにくいマスカラはポイントオフ専用のものを選ぶなど、クレンジングの使い分けをするとベストです。

乾燥肌の人向け・選び方と使い分け

 

NOZOMIさん(@non_non617)がシェアした投稿

乾燥肌の人は肌が傷つきやすく、かゆみや肌荒れに悩む人も少なくありません。そのため、肌への摩擦が起きにくいクリームタイプのクレンジングがおすすめです。テクスチャーに厚みがあり水分・油分も適度に含まれているので、洗浄力と肌への優しさのバランスもよいのが特徴。

乾燥肌のクレンジングの選び方で注意したいのは肌に刺激を与える界面活性剤です。中でも石油由来の合成界面活性剤は肌へ浸透しやすく、残留性が高いので肌に長く残りやすい性質を持っています。クレンジングを選ぶ際にはぜひ注意してみてください。

クレンジングは短時間で済ませることが重要です。手の平に取って温めメイクに馴染ませてから、優しくマッサージするように心がけましょう。また、エアコンの乾燥や紫外線のダメージにも弱いので、日頃から保湿することが大切です。デイリーメイクにはクリームクレンジング、濃いメイクをした日のみオイルクレンジングを使用するなど、2種類を使い分けるとよいでしょう。

Sponsored Link

脂性肌の人向け・選び方と使い分け

 

yuki❄さん(@yuki_new_moon)がシェアした投稿

脂性肌は何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっており、顔がテカリやすく光るような状態になっています。そこに更に油分をプラスしてしまうと、ニキビなどの肌トラブルになりやすいので注意が必要。皮脂が多いことで肌に汚れが付着しやすく菌が繁殖しやすい肌環境なので、クレンジングの際には汚れをしっかり落とすことが重要なポイントです。

そこで脂性肌の人には、リキッド・ジェル・オイルタイプのクレンジングがおすすめ。リキッドタイプは、洗浄力がやや強めでサラリとした質感です。ジェルタイプはオイルを乳化させてジェル状にしているため、メイク汚れが馴染みやすくなっています。オイルクレンジングは、メイクだけでなく酸化した皮脂や肌に付着した汚染物質までも落としてくれる、洗浄力に優れたクレンジングです。

この3種類のクレンジングを使い分ける場合、普段のナチュラルメイクにはリキッドやジェルタイプをチョイス。濃いメイクをした日や、皮脂・毛穴汚れが気になる日にはオイルタイプにするのもよいでしょう。しっかり皮脂を落としたいという理由でオイルタイプを選びがちですが、その場合はしっかりと洗い流すことが肌トラブルを防ぐポイントです。

肌質に合ったクレンジングを選ぼう!

クレンジングは肌質や毎日のメイク・肌の状態に合わせて使い分けるのがおすすめ。紹介した肌質別クレンジング選びを参考に、毎日のクレンジング選びを見直してみませんか?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -