香水

コロンとトワレの違いは?知ってるようで知らない香水の呼び方と違い

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

いい香りをまとうことができる香水は、自分を魅力的に演出してくれる女性の必須アイテム?たくさんある香水の中から自分にあった香水を選ぶのは楽しいですよね。今回は、香水の種類や特徴などをご紹介!つけ方もマスターして、いい香り漂うすてきな女性を目指しましょう?

 

さまざまな香りやかわいいボトルなどたくさんある香水の中から、好みのものを選ぶのは楽しいですよね♡そんな香水も香りの持続時間や濃度によって、呼び方が異なる4種類に分類されているのを知っていますか?例えば、オーデコロンやオーデトワレは呼び方が似ていますが、それぞれ違った特徴があります。ぜひ特徴や違いなどを理解しつつ、お気に入りの香水を見つけてみてくださいね♪

 

知っておきたい香水の呼び方や違い!

香水

 

少量でも強く香るのが特徴!パルファム

パルファムは、15~30%と高いエタノール濃度で、少しつけただけで香りを強く感じるのが特徴。香りの持続時間は5~12時間程度です。高価格であまり出回っておらず種類はごくわずか。

しっかりと香るオーデパルファム

エタノール濃度が10~15%、香りの持続時間が5~12時間程度のオーデパルファム。「オーデ」とは「水」という意味を持つ呼び方です。パルファムとは違い、低めの価格設定のものが多いのがポイント。しっかりと香りをまといたい方にはおすすめです♡

普段使いに♪ほんのり香るオーデトワレ

普段使いする人や、あまり香水になれていない人にもぴったりなのが、オーデトワレです。エタノール濃度は5~10%、香りの持続時間は2~5時間程度。軽やかに香るのが特徴です。

もっともライトに香るオーデコロン

オーデコロンは、1~5%と低いエタノール濃度なのでつけ心地も香りもライト。持続時間も1~2時間程度と短めです。ほんのりと香りを楽しみたい人におすすめ♪

 

香水を選ぶときのチェックポイント!

ポイント

 

たくさんある香水の中からお気に入りの香水を選ぶポイントは、店舗などに行って試しづけをして実際に香りを試してみること。試すときは、香り立ちしやすいとされる手首がおすすめです。柔らかい香りやこまめにつけなおしたいのであればオーデコロンを選ぶなど、目的を明確にしておくとより選びやすいでしょう。また、かわいらしさを演出したいのであればフローラル系の香り、爽やかさを演出したいのであれば柑橘系の香りなど演出したい雰囲気によって香りの違いを楽しむのも◎。

Sponsored Link

 

魅力的に漂わす♡香水の正しいつけ方

バラ

つけるのならここ!おすすめの部位

香水をつけるなら手首やひざの裏、お腹、腕の内側などがおすすめ。血管が近く体温が温かい部位につけると香りが出やすいです。また、髪の毛につけて、なびくたびにいい香りを漂わすのも魅力的でしょう♪

香水をつけるタイミングも大事!

時間を追って香りが変化していくのも香水の魅力!安定していい香りを放つのは、香水をつけてから10~20分後だとされています。デートの待ち合わせ時間などタイミングを考えて、いい香りにまとわれた自分を演出してみましょう♡

相手も不快にしない!注意が必要なTPO

香水は、どんなに自分がいい香りだと思っていても、場合によっては相手を不快にしてしまうこともあるので注意が必要。職場やレストランなど食事の席、妊娠中の友人に会うときなど強い香りが適さないときには香水を控えましょう。TPOを考えて、周りの人も幸せになれるような使い方をするのが大切です。

香水でいい香り漂うすてき女子を演出♡

いい香りに包まれると気分も明るくなりますよね。香水の異なる呼び方や特徴、違いを理解しつつ、自分にあったお気に入りの香水を選んでみてくださいね。お気に入りの香りは、あなたを魅力的に演出してくれるはずです♡

Sponsored Link

関連記事/- Related article -