痩せる食べ物

食事制限ダイエットは最低限で◎沢山食べても痩せる食べ物【お肉編】

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

お肉は痩せたい女子に避けられがちですが、実はダイエットに適した食べ物です。今回は、ダイエット中にもお肉を食べる方がよい理由、肉食ダイエットのやり方や注意点、お肉ごとの特徴やおすすめの調理法をご紹介します。

 

「ダイエット中だから肉類は控えなきゃ……」と女子から食事制限されることが多い食べ物と言えば、お肉。お肉=痩せる食べ物のイメージはないかもしれませんが、痩せるためにはお肉を沢山摂った方がいいって知っていますか?美意識の高い女子の間では今、ダイエット中もしっかりお肉を食べる「肉食ダイエット」がじわじわと浸透中!ダイエットとお肉の関係について早速チェックしていきましょう☆

お肉を沢山食べても痩せる理由は?

「食べると太る」というイメージが強いためか、ダイエット中の女子に敬遠されがちなお肉。「同じたんぱく質なら豆製品の方がヘルシー!」という人もいますが、残念ながらその考えは間違いです。

お肉は、大豆や雑穀などの植物性たんぱく質よりもアミノ酸のバランスがよく、体内で効率よく使われます。日本人女性はお肉の摂取量が少ないため、「ダイエットのためにも、もっと多く食べるべき」と指摘する専門家もいるほどです。

お肉を食べると痩せる理由について、具体的に見ていきましょう。

代謝に必要な栄養素をたくさん含むから

お肉は、細胞の代謝に欠かせない栄養素を含む食べ物です。たとえば、お肉に含まれる亜鉛は、体内の酵素の働きをサポートしてダイエットの効果を高める新陳代謝促進成分です。

また、コエンザイムQ10は、エネルギーを作るために不可欠な成分。脂肪や糖質が体内で燃えるのをサポートするので、効果的なダイエットが期待できるのです。

さらに、L-カルニチンも脂肪を燃やすために必須の成分。通常は体内で合成されますが、年齢とともに減ってくるので、お肉を食べて積極的に補いましょう。

筋肉量を増やして基礎代謝を上げるから

筋肉量を増やすと、その筋肉の維持のために体がより多くのエネルギーを消費します。そのため、筋肉をつけると基礎代謝が高まり、痩せやすくなるのです。

筋肉量を増やすためには、運動の他にたんぱく質の摂取が必要となります。体への吸収率の高いお肉は、筋肉を作るための必須アミノ酸が豊富。痩せる体作りに適した食材と言えます。

肉食ダイエットのやり方が知りたい!

肉食ダイエットとは、糖質を減らしてお肉や他の栄養素をしっかり摂るダイエットのこと。ここでは、専門家おすすめの肉食ダイエットの方法をご紹介します。

食べるお肉の量は200~300g/日

1日のたんぱく質摂取量は「体重(kg)×1.2~1.6(g)」が目安。他の食品からもたんぱく質を摂ることを考えて、体重50kgの人は200~300g/日程度となります。

1度の食事で摂るのではなく、体への負担を考えて数回に分けて食べる方が理想的です。200~300gは結構な量なので、ダイエット中でも満足感が得られそう♡

お肉は1口30回以上噛んでよく味わう

肉食ダイエットに限らず、食事ではたくさん噛むことが大事。よく噛むと満腹中枢がしっかり刺激され、たくさん食べた気になってカロリーオーバーを防いでくれるのです。

お肉以外の食べ物で気をつけることは?

お肉以外で気をつけたいポイントをまとめました。

糖質を食べる量は減らし過ぎない

ご飯や麺類など糖質の食べ物は、ダイエット中に制限したくなりがちですが減らし過ぎも禁物。行き過ぎた糖質制限は脳のエネルギー不足を引き起こすばかりか、腸内環境を悪化させて悪玉菌を増やし、太りやすい体質になることもあるからです。

ご飯であれば1食あたり50g、お茶碗3分の1程度を目安に食べてもOK。ダイエット中に食べる糖質には、食物繊維豊富で整腸作用のある雑穀米や胚芽パンなどもおすすめです。

お肉・野菜・キノコ類を同量ずつ食べる

ダイエット中、糖質を抑えてお肉を摂る量を増やすと腸内環境が悪化して便秘になることも。そこで、食物繊維・ビタミン・ミネラルを多く含む食品を食べ物で補うことが必要です。

野菜やキノコ類をお肉と同じ量くらい、合わせて400~600g程度食べましょう。加熱調理でビタミンを壊さないために、できれば野菜は生のままがおすすめです。

 

ダイエット向きのお肉1位【羊肉】

ラム肉

ダイエット中の女子の味方と言えば、羊肉!脂肪を燃やすL-カルニチンは牛肉の1.5倍多く含まれています。また、羊肉の脂肪は体内に吸収されにくいのが特徴です。

ビタミンB群や鉄分も豊富で、体内の悪玉コレステロールを減らす成分も含みます。ヘルシーで栄養素も豊富なので、ダイエット中の体調管理にもぴったりの食べ物です。

ダイエット中におすすめの羊肉の食べ方

ジンギスカン:羊肉の焼肉。たっぷりの野菜やキノコ類も同時に摂れるので一石二鳥です。

ラムチョップ:グリルやオーブンで作る羊肉のロースト。余分な脂が落ちてヘルシーです。

ラム串:中国の庶民の味で焼鳥のようなイメージ。好みのスパイスを振っていただきます。

ダイエット向きのお肉2位【牛肉】

牛肉

ダイエットも美容も叶えてくれるのが、牛肉!良質なたんぱく質が豊富で、豚肉のおよそ2倍も多くL-カルニチンを含んでいます。

血液の流れをよくするヘム鉄も入っていて、貧血を防いで代謝もアップ♡冷え性の改善や疲労回復もサポートしてくれる、女子の強い味方と言えるお肉です。

ダイエット中におすすめの牛肉の食べ方

焼肉:ダイエット中は、たっぷりのおろし大根を入れた醤油だれで生野菜も摂りましょう。

ステーキ:部位は脂肪の少ない赤身肉が◎旨みが詰まった熟成肉もおすすめです。

ローストビーフ:ヘルシーな生姜醬油でさっぱりといただくのも美味♡

ダイエット向きのお肉3位【豚肉】

豚肉

疲労回復のために摂りたいのは、豚肉!疲れやストレスをやわらげてくれるビタミンB1の含有量は、ご紹介する5種類のお肉の中でダントツの多さです。

L-カルニチンは鶏肉のおよそ2倍多く含みます。脂肪や糖質の代謝を促進するので、スイーツやご飯を多く食べてしまった日に選ぶのも◎

ダイエット中におすすめの豚肉の食べ方

しゃぶしゃぶ:お鍋のスープは豚肉の余分な脂を含むので、痩せるためには飲まない方が◎

サムギョプサル:脂肪を燃やすカプサイシンを含む豆板醤をつけ、葉野菜で包んで食べます。

生姜焼き:生姜で代謝アップ。豚肉を1度ゆでこぼすと脂が落ちてよりヘルシーに。

ダイエット向きのお肉4位【鶏肉】

鶏肉

ダイエット中にお肌の不調を感じたら食べたい、鶏肉!L-カルニチンは多く含みませんが、高たんぱく低脂肪の代表的な食べ物として、女子に人気です。

鶏肉に多く含まれるビタミンAがダイエット中の肌荒れを防いでくれます。ご紹介するお肉の中ではもっとも消化吸収に優れ、体に負担をかけにくいのもポイント。

ダイエット中におすすめの鶏肉の食べ方

焼鳥:ダイエット中は塩でいただくと◎脂肪の多い皮などは避けた方が無難です。

から揚げ:ヘルシーな部位を使い、油で揚げずにオーブン調理すればダイエット中もOK。

バンバンジーサラダ:お肉・野菜がたくさん摂れる1品。ノンオイルドレッシングがベター。

ダイエット向きのお肉5位【鴨肉】

鴨肉

ヘルシーなためダイエットに使う人も多い、鴨肉!鶏肉と同じで高たんぱく低脂肪ですが、食べやすくつい多く摂ってしまいがちなお肉です。

新陳代謝に必要なビタミンB群が多く、体内の毒素を排出するためのアミノ酸やミネラルも豊富。他のお肉に比べると腹持ちが悪いので、食べ方で工夫しましょう。

お肉の種類は目的や体調に合わせて!

一般的なイメージと違い、痩せるためにはお肉が適していることをご紹介しました。お肉の特徴や食べ物の調理法をチェックしながら、目的や体調によってお肉を選んでください。痩せるためにお肉をしっかり食べましょう♡

Sponsored Link

関連記事/- Related article -