洗顔

朝洗顔する派しない派?おすすめの洗顔方法と朝洗顔の必要性

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

朝の肌は、思っている以上に汚れているもの。洗顔を正しくすることで余分な皮脂や汚れを落とし、肌トラブルのリスクを減らします。肌の状態に合わせた正しい洗顔方法や、洗顔後のスキンケアのポイントを見ていきましょう。

 

毎朝の洗顔、何気なくパパッと済ませていませんか?洗顔やスキンケアは夜にしっかりすれば大丈夫!と油断していると、少し危険かもしれません。私たちが想像している以上に朝の洗顔は大切で、正しい洗顔方法に変えるだけで肌の調子がよくなることもあります。今は肌トラブルを抱えていなくても、手抜き洗顔を続けているとニキビやシワができやすくなることもあるでしょう。健康な肌へと導き将来の肌トラブルを予防するためにも、朝の洗顔に注目してみませんか?

朝起きてすぐの肌は意外と汚れている

肌トラブル

夜きちんと洗顔をしていても、寝ている間に皮脂や汗は分泌されています。空気中のホコリも付着しており、朝の肌は意外と汚れている状態です。洗顔しないまま汚れを放置して紫外線を浴びると、肌荒れを引き起こしたり老化の原因になったりします。紫外線を浴びなくても、古い皮脂は毛穴の詰まりや開き、ニキビなど肌トラブルのもとです。

また、肌の表面には、夜に使った美容クリームや乳液もそのまま残っています。そのため、朝も洗顔そのものは必要です。

洗顔の正しい方法と大切なポイント

タオル

洗顔する手や拭き取りタオルも清潔に

手に汚れが残っている状態だと、洗顔料がしっかり泡立ちません。手の雑菌が、顔に付着してしまうこともあります。洗顔を始める前に、まず手をしっかりきれいに洗うことから始めましょう。また、せっかく正しい方法で洗顔をしても、顔を拭くタオルが汚れていては意味がありません。拭き取り用のタオルも、毎回清潔なものを用意しましょう。

お風呂のように熱いお湯で洗わない

寒いからといってお風呂のような40度前後のお湯で洗顔をすると、顔の必要な油分まで洗い落としてしまうことがあります。反対に、冷水で洗うと落とすべき皮脂がなかなか落ちません。洗顔には、33~36度程度のぬるま湯がおすすめです。

また、湯温を適温に保っていたとしても、シャワーを直接顔にかけると水圧で肌に負担をかけることがあります。朝に入浴をする場合も、顔をシャワーで洗い流すことはしないように気をつけましょう。洗顔だけは別に、きちんと正しい方法でするほうがおすすめです。

洗顔も拭き取りもごしごしこすらない

洗顔料を使う場合、しっかりと泡立てることも重要なポイントです。洗顔のとき指の腹で軽くこするだけでも、肌にとっては大きな刺激となります。爪が当たると、さらに肌が傷つくことになるでしょう。肌への刺激や摩擦はシワの原因にもなるため、指や手でこすらず泡立てた洗顔料を顔に乗せていくイメージで洗うことが大切です。

基本的に、手が肌に直接触れないように洗っていきます。泡立てが苦手なら、泡立てネットを使ったりフォームタイプの洗顔料を選んだりしましょう。洗顔後の拭き取りも、タオルでごしごし拭くのは好ましくありません。清潔なタオルで、顔を押さえるようにしながら優しく拭き取っていくのがおすすめです。

皮脂が多いオイリー肌は洗顔料を使う

オイリー肌

朝の洗顔に洗顔料を使うべきかどうかは、肌の状態によって異なります。テカリが気になるオイリー肌の人は、朝も洗顔料を使って余分な皮脂を落としましょう。特に、Tゾーンやアゴは皮脂が多くなりがちな部分です。しっかり泡立てた洗顔料を、Tゾーンなどの皮脂が多いパーツから先に乗せていきます。

ただし、テカリを気にして念入りに洗いすぎると、夜の間にせっかく回復したバリア機能を弱めることもあります。肌のバリア機能は主に夜間に回復するので、オイリー肌の人も朝の洗顔は必要以上にしないようにしましょう。余分な皮脂やホコリ、夜に使ったクリームなどを軽く落とす程度にとどめておくといいですね。

 

乾燥肌なら朝はぬるま湯洗顔がおすすめ

ぬるま湯

乾燥肌の人は、夜のみ洗顔料を使うのがおすすめです。肌は、乾燥していると皮脂を分泌して油分を補おうとします。そのため、本当は乾燥しているのに“自分はオイリー肌だ”と勘違いしている人も少なくありません。見た目だけで判断せず、洗顔後に肌がつっぱったりかゆみを感じたりする場合やアトピーがある場合は、朝はぬるま湯だけで洗いましょう。

特に目元は皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部分です。目元は、洗顔料を使うとしても泡を軽く乗せるだけ、乾燥肌かどうか判断しにくいときは洗顔料を使わないほうが無難かもしれません。

洗顔後の保湿ケアはスピード勝負

保湿ケア

洗顔後に水が蒸発するとき、肌の奥深くの水分まで奪われてしまうことがあります。そのため、洗顔後の保湿はスピード勝負です。洗顔が終わったら、すぐに保湿ケアに移りましょう。理想はタオルで水分を拭き取ってから30秒以内、遅くても3分以内には化粧水でケアするのがおすすめです。

まず化粧水を含ませたコットンを乗せて水分を補給し、次に美容液やクリームで栄養素を補給。最後に、顔に手を優しく当てて少し温めてあげると、水分が蒸発しにくくなると言われています。

洗顔前のひと手間でシワ予防もできる

シワの原因となるごしごし洗顔を避けるために、汚れ自体を落ちやすくする工夫もあります。洗顔の前に、蒸しタオルを1分程度顔に乗せておきましょう。肌の角質が柔らかくなると、毛穴が開き毛穴汚れも落ちやすくなります。時間がたっぷりある日は、ゆっくり入浴してから洗顔をするのもおすすめです。

10分の早起きが将来の肌を変える

正しい洗顔方法と言っても、10分もあればできるものです。少し早起きして洗顔に気をつけるだけで、より健康なお肌へと近付きます。朝はメイクだけでなく、洗顔も大切にしてくださいね。

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -