ボディ作り

崩れ始める体型にストップを!お悩み別ボディ作り【太もも編】

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

年齢が上がるにつれて、体型の変化を感じる女性も少なくありません。なかには、太ももにメリハリがなくなったという人もいるでしょう。そこで今回は、太もものシェイプアップにおすすめの方法をいくつかご紹介します。

 

いつまでも女性らしくメリハリのある体型でいたい!そんな女心とは裏腹にやってくる、年齢による体型の崩れ。なかでも太ももは、自分でも気づかないうちにたるみ始めているパーツのひとつです。

スカートが似合う太ももをキープするためにも、日々のちょっとした努力は大切。太もものシェイプアップ効果が期待できる方法をいくつがご紹介するので、さっそく実践してお悩み解消を目指しましょう。

 

女性が感じる太ももの悩みとその原因

太もも

 

私は大丈夫と思っている人も要注意。運動不足や加齢によって、太もものラインは少しずつ崩れ始めているかもしれません。代表的な変化の例を見てみましょう。

筋肉の衰えにより太ももがたるんできた

きゅっと締まった太ももで、スカートもパンツもかっこ良くはきこなしたいですよね。でも現実を見てみると、たるんで締まりのない太ももになってはいませんか?

太もものたるみは、運動不足などによる筋肉の衰えが原因。放っておくと、膝上や膝回りの肉が増えて垂れ下がり、ますますメリハリのない脚になってしまう場合も。

むくみの蓄積により太ももが太くなった

長年のむくみが少しずつ溜まった結果、太ももが太くなってしまうことも。太ももがむくんでしまう原因としては、冷え性や骨盤の歪み、運動不足などが挙げられます。

むくみを放置しておくと、女性の大敵であるセルライトが増殖していく可能性もあるので要注意。

 

太ももをほぐすマッサージ

マッサージ

 

ダイエットやエクササイズで太ももを細くするには、下準備が重要。継続的に太もものマッサージを行うことで、理想のボディ作りにつなげましょう。マッサージを行うタイミングは、体が温まって血流が良くなる入浴中や入浴後がおすすめです。

また、マッサージを行う際は、お肌の負担を減らすためにもクリームやオイルなどを塗るようにしましょう。時間がある場合は、太ももだけではなく、足の指先から始めてふくらはぎ、膝、太ももと全体をもみほぐすと、より効果が期待できます。

太ももの肉をほぐすマッサージ

太ももの前半分の肉を両手でつかみ、ぞうきんのように交互に絞っていきます。膝上から脚のつけ根まで、脂肪をほぐすイメージで行いましょう。

太ももの内側と外側も、同じように手で絞ってほぐします。

脚のむくみを取るリンパマッサージ

太ももをほぐしたら、次に両手で輪を作って太ももを包み、膝上から脚のつけ根に向かって太ももをさすっていきましょう。

老廃物を流すイメージで行い、最後に脚のつけ根にあるくぼみを押します。

 

太もも悩みに効果的なストレッチ

 

ストレッチ

体型維持に欠かせないストレッチは、太もものお悩み改善にも効果が期待できます。

太ももが太くなるのを阻止するためにも、ストレッチで太ももの筋肉を柔らかくしておきましょう。ストレッチをすることで老廃物が流れやすくなるので、太もものむくみ解消にもつながります。

太ももの前側をのばすストレッチ

四つんばいの状態から片方の足を大きく1歩前に出し、膝の上に両手をのせて上体を起こします。

そのまま、後ろ側の太ももをのばすイメージで、体重を前の脚にゆっくりとかけていきましょう。

太ももの後ろ側をのばすストレッチ

イスの上に膝をのばした状態で片足をのせ、つま先を上に向けます。

その脚の膝に両手を置き、太ももの後ろ側をのばすイメージで、上体を前に倒していきましょう。

 

ダイエットにもなる太ももエクササイズ

エクササイズ

太もも痩せだけでなく、ウエストのシェイプアップ効果も期待できるエクササイズをご紹介します。

エネルギー消費にもつながる有酸素運動で、メリハリのあるボディ作りを行いましょう。

1.仰向けに寝転がり、おへそを見るようなイメージで上半身を少し起こします。

2.体がくの字になるように両脚を持ち上げ、自転車をこぐように脚で円を描きます。これを30秒ほど続けましょう。

 

座ってできる太ももエクササイズ

エクササイズ

テレビを見ているときや仕事の合間など、ちょっとした空き時間でできる太もものダイエット方法もあります。

座ってできるながらダイエットで、太ももの悩みを無理なく解消しましょう。

1.背筋をまっすぐのばし、イスに座ります。

2.両手の甲を合わせた状態で、太ももの内側に挟みましょう。

3.両手に力を入れ、内ももの肉を押しながら上に持ち上げるようにします。

4.手の力に反して、太ももがぴったり閉じるように脚に力を入れましょう。

そのままの状態で、左右のつま先を地面につけたまま、両膝をすり合わせるように足踏みをします。

 

普段からできる体型維持のポイント

体型維持

太ももは、一度肉がつくとなかなかシェイプアップできないパーツのひとつ。

マッサージやエクササイズ以外にも、普段のささいな動作に気をつけることで、より効率的なボディ作りを目指しましょう。

座っているときも脚に緊張感を持つ

分かってはいてもつい忘れがちなのが、脚を閉じて座るということ。特に太ももの筋肉が弱くなってくると、無意識のうちに脚が開いてしまっている場合があります。

イスなどに座っているときは常に内ももに力を入れ、脚をぴったりとくっつけることを意識しましょう。

歩くときは太ももの引き締めを意識

普段の歩き方にも要注意。背筋や膝が曲がった歩き方は、太ももだけでなく、体型全体の崩れを招く可能性も。歩くときは背筋をのばしておへその辺りに力を入れ、大きめの歩幅で歩くようにしましょう。

両脚の太ももをすり合わせるようにすることと、蹴り出す後ろ足の膝をしっかりのばすことも意識して。

 

いつまでもスカートの似合う太ももに

体型の崩れを感じたら、マッサージやエクササイズなど、すぐにできる対策をさっそく実践。

継続的に行うことで、いつまでもメリハリがあり、短めスカートも似合う太ももを手に入れましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -