コントロールカラー

フェイスコントロールカラー◎今さら聞けない!色の効果と使い方特集

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
最近よく聞くメイク道具『コントロールカラー』ですが、色のついた下地と言うことは知っていても…色が多すぎて何が効果的なのかわからないし、使い方もイマイチ…そんなふうに悩んでいる方必見!いまさら聞けないフェイスコントロールカラーについてご紹介!
 

最近話題になりつつあるメイク道具【フェイスコントロールカラー】ですが、突然話題になって何が何だかわからないと、ついていけない方も多いハズ…!

今回は今さら聞けないコントロールカラーについてご紹介します。

フェイスコントロールカラーの効果や選び方を参考にぜひ使ってみてください♪

Sponsored Link

フェイスコントロールカラーとは…

フェイスコントロール
出典:http://favor.life/user/writer_info/114829

コントロールカラーは下地の一種です。
名前の通り、肌の色をコントロールするためのメイク道具です。

「今日はなんだか血色が悪い…」「顔がくすんで見える」と言ったときに大活躍してくれます。

赤味の強い肌がコンプレックスの方や、ツヤのある白い肌を手に入れたい方にもおすすめ!

コントロールカラーを上手に使うことで、クマやくすみ、血色の悪さを補正して美しい肌にしてくれるアイテムなのです!

シュウウエムラなどの人気コスメブランドから、無印やセザンヌといったプチプラブランドでも販売されています。

上手に使うことで美しい肌を手に入れることができますが、用途に合わせた色を的確に乗せないと効果が薄く、初めてだと少々難しいかもしれません。

ポイントを押さえて上手に肌をコントロールしてあげましょう♪

悩みに合わせたコントロールカラーで効果アップ!

フェイスコントロールカラーを使う際に一番大切なのは、
【自分の肌の悩みに合わせて的確な色を選ぶこと】です。

コントロールカラーは、【イエロー・ピンク・グリーン・オレンジ・ブルー・パープル】といった6色が主に販売されています。

色によって期待できる効果が違いますので、効果によって使い分けていきましょう!

それぞれの色の効果をご紹介します。

コントロールカラーの効果【イエロー】

フェイスカラーイエー

イエロー系のコントロールカラーは失敗が少ないので初めての方にもおすすめできます。

肌の色のムラや乾燥ぐすみをカバーして、健康的な肌を演出したいときにおすすめのカラーです。

肌の色を明るく見せてくれるイエローのコントロールカラーはくすみや色むらが気になる方におすすめです。

コントロールカラーの効果【ピンク】

フェイスカラーピンク

ピンクは血色のいい明るい肌を演出してくれる色です。

いつもよりちょっと血色が悪かったり、顔が疲れて見えてしまう時におすすめです。

全体で使う事もできますが、頬に部分塗りをすればチークいらずのナチュラルな血色のいい頬を演出することができます。

ただし、ピンクのコントロールカラーを肌の色が普通だったり黒い方が使用すると、腫れぼったい印象になってしまうのでおすすめできません。

色白な人や顔色が青白い方は血色をよく見せるために使用するようにしましょう。

コントロールカラーの効果【グリーン】

フェイスカラー緑

グリーンはニキビ跡や顔の赤みが気になる方におすすめの色です。

グリーンのコントロールカラーを使用することによって顔の色を均一にすることができます。

また、ニキビ跡など肌の凸凹をどうにかしたいと思っている方にもおすすめできる色です。

グリーン系の色は発色がとてもいいので、気になる場所に部分的に使用するのがおすすめです。

顔全体に使用してしまうと、血色が悪そうな青白い顔色になってしまいますのでご注意を!

コントロールカラーの効果【オレンジ】

オレンジカラー

オレンジは黄色とピンクの良さを持ち合わせた色で、若々しく明るい顔色を演出してくれる効果があります。

クマや肌のたるみによる影の部分にオレンジを使うことで、影を薄めて肌を滑らかに整えてくれる効果があります。

ほうれい線など気になる小じわも薄くしてくれるので、若々しい肌を作るのに効果的です。

オレンジのコントロールカラーを使用する場合にも、全体的に使うのではなく部分的に使用することで効果を発揮してくれます。

目元などはよれやすくなってしまいますので、薄くつけるのを心がけましょう。

クマなどの顔にかかる影が気になる方におすすめの色です。

コントロールカラーの効果【ブルー】

フェイスカラー青

ブルーのコントロールカラーを使用すると、肌の黄色味を抑え、透明感を与えてくれます。

肌色が黄色っぽくくすみがちなのが気になる方におすすめの色です。

色白の方が使用すると青白い顔色になってしまい血色が悪く見えてしまうので注意!

コントロールカラーの効果【パープル】

フェイスカラー紫

パープルは透明感を引き出してくれるとともに、華やかな印象を与える肌をつくりだします。

肌の赤みを抑えてくれる効果がありながらも、血色が悪くなりにくい万能カラーです。

華やかに装いたい時におすすめの色です。

Tゾーンや頬骨の上など部分的に乗せてハイライトとして普段使いするのにもおすすめ!

Sponsored Link

コントロールカラーの効果的な使い方

自分の肌の悩みに合ったカラーは見つかりましたか?
折角効果的な色を選んでも使いこなせなくては意味がないですよね。
コントロールカラーの上手な使い方についてご紹介します!

コントロールカラーは部分用と全体用で使い分けると効果的!

コントロールカラーは、顔に全体的に使うことで効果が発揮するタイプと、部分的に使用して効果を発揮させるタイプの二種類があります。

全体に使うタイプは、肌の色を全体的に明るくしてくれる効果があるものです。
イエローやピンク、パープルの物などが当てはまります。
全体的に使用するコントロールカラーは化粧下地としても使用することができ、さらっとした柔らかいテクスチャーをしています。

部分的に使うタイプは肌の欠点を隠したり、ハイライト効果があるものです。
グリーンやブルー系、オレンジ系のコントロールカラーが当てはまります。
部分的に使用するコントロールカラーはしっかりと欠点を隠す役割を果たすため、硬めのテクスチャーでできています。
部分的に使用するコントロールカラーには、化粧下地が別に必要になります。

コントロールカラーを塗る順番は?

コントロールカラーを使用するのは、ファンデーションの直前です。
スキンケアがおわったら、全体的に使うタイプでしたら下地として顔全体に塗ります。
部分的に使用するタイプの場合には、化粧下地を塗った後に気になる部分に乗せ、整えてからファンデーションを塗っていきます。

コントロールカラーの効果的な塗り方

全体的に使用する場合と、部分的に使用する場合では、コントロールカラーの塗り方が変わってくるので上手に使い分けてみましょう♪

全体用コントロールカラーを効果的に塗る方法

全体に使うタイプのコントロールカラーは、化粧下地として使用できるものが多いため、化粧下地と同様に塗る方法で大丈夫です。

1.手の甲でコントロールカラーをなじませる

ファンデーション

コントロールカラーを手の甲に出します。
パール一粒くらいの量が目安とされています。
多すぎてしまうとヨレたり、崩れやすくなってしまうので注意しましょう。

コントロールカラーを手の甲でなじませることで、厚塗りの防止になるだけでなく、クリームが体温で温められ滑らかになるのでムラになりにくくなります。

2.コントロールカラーを顔に乗せる

程よく滑らかになったら、両頬・おでこ・鼻・あごの5点に乗せていきます。

外側に向かって指で伸ばしていきます。
この時、厚くならないように薄く全体的に伸ばしていくのがポイント!

3.スポンジでコントロールカラーをなじませる

スポンジで顔全体を押し込むようにポンポンとなじませていきます。
厚く塗りすぎてしまったところや気になるところはしっかりとなじませましょう。

余分なクリームを取ることで、化粧崩れ防止になります。

最後に、フェイスラインをなじませるようスポンジで首のあたりまでぽんぽんと馴染ませていけば完成です!

部分用コントロールカラーを効果的に塗る方法

メイク方法

部分用のコントロールカラーは硬めで、下地としては利用できない場合がほとんどなので、まずはスキンケアと下地を塗りましょう。

下地が塗り終わったら指先やスポンジの先にコントロールカラーを出し、気になる部分にポンポンとなじませます。
この時、こするのではなく、叩いてなじませるのがポイントです。

少しずつ、足りなかったら少量付け足すようにします。

ある程度隠れたと思ったらファンデーションを載せて完成です!

コントロールカラーを効果的に使って美しい肌を手に入れよう!

コンシーラーやチークで隠すよりもナチュラルに仕上がるコントロールカラーが今話題になっています。
少しでもコントロールカラー知って、効果的に使って美しい肌を手に入れたいですね♪

自分の肌の悩みに合わせてぜひ、試してみてください♪

Sponsored Link