洗濯

着圧ソックスの正しい洗濯頻度は?買い替え時期のタイミングも

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

脚のむくみ対策にはマッサージや運動という方法もありますが、はくだけでむくみ対策が出来る着圧ソックスも人気。その手軽さから「もう手放せない!」と言う人もいるほどです。今回はそんな着圧ソックスの紹介から、洗濯頻度・買い替え時期までご紹介します。

 

着圧ソックスは脚のむくみを手軽に解消してくれるアイテムとして人気です。お店でもさまざまな着圧ソックスを見かけますが、試してみたことはありますか?普通のソックスのような見た目で仕事中・外出中にもはけるタイプや、短時間で効果が期待出来るタイプ、就寝中にはくタイプなどその種類はさまざま。ただし、効果が得られると評価される一方ですぐに締め付け感がなくなった、という口コミも。せっかく効果が得られるのなら長持ちさせたいですよね。どうやら長持ちさせる秘訣は洗濯の方法や頻度にあるようですよ。自分にピッタリの着圧ソックスを見つけ、長持ちさせる洗濯方法・頻度、買い替え時期についても知っておきましょう。

Sponsored Link

着圧ソックスとは?どんな効果がある?

体の中で1番むくみやすく疲れやすい脚。血管から出た水分はまた血管で吸収され、いつも水分の交換が行われています。ところが、水分の吸収が十分に行われていないと余分な水分が血管の外に溜まったままになってしまい、むくみとなるのです。

この水分はそもそも血液中に含まれているため、吸収を十分に行うには血液を心臓へとうまく戻らせなければいけません。ただし血液を足先から心臓まで押し上げて戻すには、足の筋肉の力が必要。そのため、座ったまま仕事をしたり立ちっぱなしで過ごしたりすると脚の筋肉を動かす機会が少なく、結果として脚がむくみやすくなるのです。さらに、むくんだ足をそのままにしておくと脂肪がつきやすくなるという問題も。

そこで、手軽にむくみを解消してくれるアイテムとしておすすめなのが、人気の着圧ソックスです。着圧ソックスは、はくだけで脚に適度な圧力を加え、余分な水分が溜まるのを防いでくれます。

着用に適しているのはどんな人?

むくみやすい

どんな人が着圧ソックスをはくと効果を得られるのでしょうか。

デスクワーカーや立ち仕事におすすめ

長時間座ったまま仕事をしている人や、立ちっぱなしで仕事をしている人は脚がむくみやすいので着圧ソックスが効果的です。

妊娠後期や産後の人にもおすすめ

妊娠後期は血中の水分量が増加し、水分やナトリウムが排出されにくいのでむくみやすくなります。子宮も大きくなるので骨盤内の静脈も圧迫され、血流が悪くなりさらにむくみを引き起こします。もともと冷え性の人や仕事を続けている妊婦さんは座りっぱなし立ちっぱなしも加わりむくみやすいようです。

静脈瘤を発症している人におすすめ

静脈の流れが滞ることで、静脈がふくれてこぶのようになる病気を下肢静脈瘤といいます。足のむくみや不快感を予防するのに着圧ソックスはやはり効果的です。また、むくみやすい人は下肢静脈瘤のリスクが高くなるので予防にも効果的です。

自分にピッタリな着圧ソックスは?

ソックス

お店で見かける着圧ソックスにはさまざまな種類があります。商品により圧力が違いますし、どのタイミングで使用するかにより選び方は異なってきます。圧力と利用環境を考えて選ぶと良いでしょう。

圧力で選ぶときの目安はどうなの?

日常生活の軽いむくみ対策として考えているなら約10~20mmHg

むくみがひどく、症状が日常的に気になる方なら約20~30mmHg

下肢静脈瘤やリンパ浮腫など病気のむくみ対策なら約30~50mmHg

着用するシーンごとに選べるの?

着圧ソックスは着用シーンに合わせて販売されています。寝る時専用であれば、ほどよい締め付け感のある低着圧値タイプがおすすめ。つま先が覆われていないデザインを選べば、就寝中の熱を発散することも出来ます。外出用では、ファッションに馴染むようなデザインのもの、仕事中の短時間着用で効果が得られやすいタイプなども販売されています。

脚痩せアイテム決定版!レギスラットの記事もチェック
《履くだけ速攻-8cm♪話題のレギスラットの脚痩せ効果を徹底解剖!》

Sponsored Link

おすすめの着圧ソックスをご紹介

ここからは、実際に販売されているおすすめの着圧ソックスを3つご紹介します。

おうちでメディキュット リンパケア

 リンパケア

出典:Amazon

メッシュ編みとリブ編みの編み分け設計がされているので脚にピッタリフィットします。つま先がカットされているオープントゥなので夏や汗がこもらず快適です。

 

詳細はこちら

 

スリムウォーク美脚ソックス ブラック

美脚ソックス

出典:Amazon

足首から上にいくにつれ圧力が低くなる段階圧力設計。足首をしっかり締め付けることでふくらはぎがスッキリします。全面メッシュ編みで通気性が良く、年中快適に着用出来るのもうれしいポイント。黒のシンプルなデザインは、オフィススタイルにもカジュアルスタイルにも合わせやすいですよ。

 

詳細はこちら

 

スリムウォークおやすみ美脚 ロング

おやすみ用

出典:Amazon

こちらも、足首から上へいくほど圧力が弱くなる段階圧力設計です。土踏まずや足の甲もスッキリするようギュッとしぼリング設計も採用。就寝時にピッタリなふんわりパイル編みは、はき心地も快適です。

 

詳細はこちら

 

着圧ソックスの洗濯方法と頻度は?

せっかく自分にピッタリの着圧ソックスを見つけたのに数回洗濯すると締め付け感がなくなった、なんてこともあるかもしれません。実際に口コミの中には「洗濯の方法が悪かった?」「洗濯頻度が多すぎた?」などの疑問も見受けられます。着圧ソックスは、実は洗濯方法や頻度に気をつけなければいけないアイテム。圧力をかけるために特殊な構造と製法で作られているので、何も気にせず洗濯機で洗ってしまうと本来の機能が失われてしまうのです。また、素材に使われているナイロン・ポリウレタンは熱に弱い素材なので乾燥機やアイロンは使えません。せっかく買った着圧ソックスを長持ちさせるためにも、正しい洗濯方法や頻度をおさらいしておきましょう。

長持ちさせる洗濯方法って何か特別なの?

長持ちさせる洗濯方法はとてもシンプル。一番確実に長持ちさせられる洗濯方法は手洗いです。ポリウレタンは熱に弱いので、30度以下のお湯で優しく手洗いします。手洗いが難しい場合は洗濯機の使用も可能ですが、洗濯機にそのまま入れてしまうのはNG。他の衣類と絡まり生地が伸びてしまいます。ホックなどに引っかかりほつれてしまう可能性もあるので、ソックス用の洗濯ネットなどに入れた方が良いでしょう。

長持ちさせる洗濯頻度ってどれくらい?

長持ちさせたいのであれば、手洗いしたとしても出来るだけ洗濯頻度は少ない方が良いと言えるでしょう。ですが、外出時にはく着圧ソックスを洗濯しないわけにはいきません。毎日洗濯するのであれば、やはり手洗いで優しく、が大事なポイントになります。おやすみ時に利用する着圧ソックスや、室内用の着圧ソックスであれば洗濯頻度を出来るだけ減らした方が良いでしょう。

ダイエット中にバストケアも!ナイトブラの記事もチェック
《育乳ナイトブラ『グラモリーアップ』2カップUPの口コミは本当?》

着圧ソックスの買い替え時期は?

着圧ソックスの買い替え時期を気にしたことはありますか?長持ちさせる工夫は必要ですが、残念ながら一度購入してずっと使えるというものでもありません。大切に着用し、洗濯方法や頻度に気を使っていても締め付け感がなくなってきたら、そのときが買い替え時期。着圧ソックスが締め付けずにゆるゆるとずり落ちてくるようでは効果も期待出来ないでしょう。また、誤って伝線が入ってしまったときも買い替えた方が良いタイミングです。

正しい洗濯方法と頻度で長持ちさせよう

脚がむくんでつらい方にとって、お手軽にむくみを解消してくれる着圧ソックスは手放せないアイテムですよね。正しい洗濯方法と頻度を守れば少しでも長く使えて買い替え時期を延ばすことが出来ますよ。今まですぐにダメにしてしまっていたという方は、洗濯方法と頻度を見直してみてくださいね♡

Sponsored Link

関連記事/- Related article -