除毛クリーム

【実例あり!】除毛クリームで肌トラブルを起こさない方法まとめ

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

除毛クリームの主成分から肌トラブルの原因を探ります。肌トラブルの実例を挙げた上で、除毛クリームを使わない方が良い時期や除毛クリームを安心して使うためのパッチテスト方法・除毛クリームの正しい使い方を紹介します。

 

脱毛サロンに通うよりも手軽に、またカミソリで処理するよりも効果が長続きする除毛クリームは、女子の間で人気の高いムダ毛処理方法です。しかし、説明書通りに使わなかったり、体調不良や日焼けなどで肌が弱っているときに使用したりすると、肌トラブルを招いてしまうことも!肌トラブルの実例、除毛クリームのパッチテストと正しい使い方を学び、除毛クリームを効果的に使ってすべすべなお肌を手に入れましょう。

 

肌トラブルの原因?除毛クリームの成分

成分

除毛クリームで肌トラブルを起こした経験はありませんか?まずは除毛クリームの主成分を把握し、肌トラブルの原因を探りましょう!除毛クリームは、主に毛を溶かすアルカリ性の成分・保湿成分・界面活性剤で成り立っています。アルカリ性の成分には、毛に含まれるタンパク質を分解し、毛を軟らかく、ちぎれやすくする効果があります。そのため除毛クリームにはなくてはならない成分といえますが、肌もタンパク質を含むため、肌荒れの原因になってしまうことも!

さらに、界面活性剤は油分と水分の「つなぎ」の役割を果たす成分です。クリームを作るのに必要な成分でもありますが、こちらも肌トラブルを引き起こす場合があります。また、除毛クリームには肌トラブルを防ぐための保湿成分も入っていますが、そこにも肌荒れの原因になる成分が含まれていることも知っておきましょう。

 

合わせて読みたい!
《危険!? 除毛クリームの成分「チオグリコール酸カルシウム」の副作用》

肌トラブル実例1:皮膚の薄いデコルテ

デコルテ

除毛クリームは手頃な価格で手軽に出来る人気のムダ毛処理方法ですが、肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。実際にあった肌トラブルの実例を紹介します。

実例の1つ目は、デコルテです。夏になると深めのVネックのトップスなど、胸元がスッキリしたファッションを楽しみたいですよね。そんな時に気になるのが、デコルテの産毛。体の前側ということもあって、除毛クリームを塗りやすい部位でもありますが、デコルテや首は顔と同様に皮膚が薄いため肌トラブルの起きやすくもあります。除毛クリームによるムダ毛処理によって、ニキビのように赤みを帯びた吹き出物が出てしまうことも……。

今回の実例のように肌トラブルを引き起こさないためにも、デコルテや首は、顔の皮膚の延長線と考え、肌に優しいムダ毛処理の方法を選ぶと良いでしょう。

 

肌トラブル実例2:処理頻度の高い腕

腕

2つ目の実例は、ムダ毛が目に付きやすい腕です。腕や脚はムダ毛処理したい範囲が広い部位なので、除毛クリームによるムダ毛処理が適していますが、ムダ毛処理頻度が高いため肌荒れしやすい部位でもあります。デコルテや顔に比べると皮膚は強いですが、熱・赤み・痒みといった肌トラブルが起こってしまうこともあります。いつもムダ毛処理している部位だからといって安心せず、除毛クリームを使う前はパッチテストを行いましょう。

 

除毛クリームを使わない方が良い場合

先ほどの肌トラブル実例のように、除毛クリームによって吹き出物が出てしまったり、熱や赤みを伴う痒みが出てしまったり、肌トラブルが起きてしまうケースがあります。トラブルを防ぐために、まず肌の状態を把握しましょう。目安として、除毛クリームを使わない方が良いケースをご紹介します。

生理前・体調不良・疲れているとき

肌トラブル

生理前に肌が荒れていると感じたことはありませんか?生理前は黄体ホルモンの増加により肌が荒れやすい状態になります。体調不良が続いたり、疲れがたまってきたりすると免疫力が低下し、肌本来のバリア機能が弱まります。肌が荒れやすいとき、肌のバリア機能が弱まっているときに除毛クリームを使うと肌トラブルを引き起こしやすくなるようです。体調をみて肌の調子が悪いときは除毛クリームの使用を控えた方が良いでしょう。

 

日焼けをしたとき・ムダ毛処理の直後

日焼け

肌が意外とダメージを受けるのが紫外線です。紫外線による日焼けで肌は乾燥し、肌荒れしやすい状態になります。またシェーバーやカミソリなどでムダ毛処理を行った直後は、毛を処理するための刃により肌も少なからず傷ついています。日焼けやムダ毛処理などの外的要因から肌がダメージを受けているときも、除毛クリームの使用は控えましょう。

 

合わせて読みたい!
《除毛クリームのアフターケアはコレ!おすすめの処置と保湿方法》

肌トラブル防止!パッチテストの方法

除毛クリームによる肌トラブルについては実例を交えて紹介しましたが、肌の状態が良いときに正しく使えば除毛クリームはメリットの多いムダ毛処理方法といえるでしょう。とはいえ、自分の肌の状態を正確に見極めるのは難しいですよね。肌トラブルを防止するために、除毛クリームを使う前は必ずパッチテストを行うことをおすすめします!

(1)脱毛したい部位の肌の上に、10円玉の大きさを目安に除毛クリームを塗る

(2)除毛クリームの説明書に従って時間を置く(5~10分)

(3)除毛クリームの説明書に従ってクリームを洗い流す、もしくは拭き取る

(4)1日様子を見て、肌トラブルが起こらなければOK

パッチテストは除毛クリームによる肌トラブルを効果的に防ぐ方法です。面倒かもしれませんが、自分の肌を守るのは自分!パッチテストを行って肌トラブルを防ぎましょう。

 

除毛クリームの正しい使い方と注意点

除毛効果を高めつつ、肌もしっかり守るために除毛クリームの正しい使い方と注意点をお伝えします。

(1)パッチテストを行い、肌トラブルが出ないことを確認する

(2)お風呂に入って脱毛したい部位を清潔にする

(3)肌の水分をタオルでしっかりと拭き取る

(4)除毛クリームを均一に塗り、説明書通りに定められた時間置く

(5)除毛クリームを説明書通りに取り除く

(6)保湿クリームなどで保湿する

除毛クリームは製品によってクリームを置く時間や取り除く方法が異なるので、必ず説明書をよく読むようにして下さい。正しく除毛クリームを使うことで、地肌を守りつつ効果を最大限に引き出すことが出来ます。注意したいのは、保湿方法です。除毛後は通常よりも肌が荒れやすい状態なので、普段問題なく使える化粧水やクリームが刺激になる場合があります。除毛後の保湿ケア用に刺激が低いクリームなどを用意しておくと安心でしょう。

 

除毛クリームによる肌トラブル防止

除毛クリームはアルカリ性成分や界面活性剤を含んでいるため、肌が弱っているときや誤った使い方をしてしまうと肌トラブルを引き起こしてしまいます。実例に挙げたような肌トラブルを防ぐためにも、必ず事前にパッチテストを行い、説明書通りに使うことで肌を守りつつ効果的に除毛クリームを使いましょう。

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -