カミソリ

知っておきたい美容知識!カミソリを使った正しいムダ毛処理方法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

ムダ毛処理をする時に活躍するカミソリ。カミソリを使ったムダ毛処理の方法は、定番のやり方で実践している人も多いでしょう。ただ毛を剃るだけだと思って適当に使っていると思わぬトラブルに発展することも。カミソリを使った正しいムダ毛処理方法を一度確認しておきましょう。

 

カミソリを使ってムダ毛処理をする方法は、エステに通う手間や多額の費用がかかる心配もなく、したい時に自宅で手軽に出来るメリットがあります。

ただ自分でムダ毛処理をするからには正しい知識を知っておくことが大事です。カミソリの選び方から剃り方、注意点などポイントごとにまとめてみました。ツルツルのお肌を手に入れたい人は必見です。

 

ムダ毛処理に最適なカミソリとは

選び方

カミソリの正しい選び方はご存知ですか?

カミソリ1つでも色んな形があり、刃の枚数によっても特徴が大きく異なります。ムダ毛処理をする際にはどんなカミソリがベストなのか、今一度確認してみましょう。

必ず女性用のカミソリから選ぼう

カミソリならどれも同じと思っている人は要注意です。

まず男性用のカミソリは髭を剃ることを目的に作られているため、女性用とは仕組みが違います。

女性用のカミソリはヘッドの向きを変えられるものが多く、ムダ毛処理をしやすい作りになっているのが特徴です。さらに安全ガード機能がついているカミソリなら安心でしょう。

刃の枚数は一枚刃より複数刃がいい

女性用のカミソリは3~5枚刃のものがメイン。

刃の数が少ないカミソリはヘッドがより小さく、細かい場所にも使いやすいメリットがあります。一方5枚刃のように刃の数が多くなると肌への負担が軽減されるので、お好みの方を選んでみてください。

切れ味のいいカミソリを使うのはマスト

カミソリで特に重要になってくるのが切れ味です。

切れ味が悪いとカミソリに力が入ってしまい、肌に大きなダメージを与えてしまうことに。

カミソリは数回使ったら交換することも忘れないでください。

カミソリを使う前に下準備をする

下準備

カミソリを使ってムダ毛処理をする方法において、まず下準備をしておくことが大事です。自己流でいきなりムダ毛処理をして失敗しないように手順をしっかりと把握しておきましょう。

カミソリで剃る前に肌を温めておく

カミソリで剃る前には入浴するなど毛が湿っている状態にしておくのがポイントです。毛が柔らかくなることでカミソリの刃当たりが優しくなり、キレイに剃りやすくなります。急いでいる時は蒸しタオルをあてるだけでもOK。

シェービング用のクリームを使用する

乾いた状態の肌に直接カミソリをあてたりしていませんか?

肌に何もつけていない状態で剃ると角質を傷つけ、肌へ大きな負担がかかってしまうために絶対にNGです。必ずシェービング専用のクリームなどを用意して塗っておきましょう。ワセリンやベビーオイルなどを使うのもOKです。

お風呂に入っている時にムダ毛処理をする人は、シェービング用のクリームの代わりにボディソープや石鹸を泡立てて剃る人もいるかもしれません。実はこのやり方は、油分などを取り過ぎてしまい肌を傷めてしまう方法なのでおすすめ出来ません。

カミソリを使ってムダ毛処理をする方法

ムダ毛処理

優しく毛の生えている方向に剃る

根本から毛先へ毛の生えている方向に沿ってカミソリを使ってください。

力を入れ過ぎたり、何度も同じところを剃る行為は肌を傷め、色素沈着の原因にも繋がるのでご注意を。

カミソリを部位ごとに使うコツを掴む

処理したい場所の定番と言えばわきの下。自分でカミソリで剃る方法では、手をまっすぐ上へ伸ばし、くぼんだ部分を平らにしておくのがポイントです。わきの下の毛は向きが均等になっていないので、剃るのが比較的難しい箇所。一気にたくさん剃ろうとせずに、少しずつ丁寧に優しく剃ることでキレイな仕上がりになるでしょう。

アフターケアで肌をしっかり守ろう

ローション

カミソリでムダ毛処理をした後にはしっかりとアフターケアをすることも大事です。

カミソリを使うことで角質も一緒に削ってしまうため、そのまま放置しておくと肌トラブルの原因になりかねません。カミソリを使った後は必ず乳液やクリームなどをしっかりと塗って保湿しておきましょう。もともと乾燥肌の人は、水分が多めの乳液などを使って潤いをキープしておくのもおすすめです。保湿は乳液・ローション・クリームなど何でも構いませんが、刺激性の強いものは避けた方がベター。肌が弱い人や剛毛の人、乾燥肌の人などは数時間ごとに塗り直すとさらに安心でしょう。

また肌の炎症を避けるために、カミソリでムダ毛処理をした後には湯船に浸かるのは避けてください。

カミソリでムダ毛処理をする注意点

カミソリでムダ毛処理をする際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

後から後悔しないためにも注意点はしっかりと覚えておきましょう。

肌とカミソリは必ず清潔にしておく

汚れや雑菌がついている状態の肌にカミソリでムダ毛処理を行ってしまうと、感染症にかかってしまう恐れがあります。

必ずカミソリと肌は、どちらも清潔な状態にしておくことが大事です。

カミソリは使った後洗って乾かし、湿度の少ない場所で保管してください。切れ味の悪くなったカミソリは破棄することも忘れずに。

体調が万全の時にムダ毛処理をする

カミソリを使ったムダ毛処理方法は、どれだけいいカミソリで優しく行ったとしても肌に負担がかかるもの。生理前の肌が敏感な期間や妊娠中、睡眠不足、体調が万全でない時などはさらに肌に負担をかけてしまうため、避けるようにしましょう。

毎日カミソリでムダ毛処理をしない

剛毛だからと毎日のように頻繁にカミソリでムダ毛処理をしていませんか?

カミソリで剃る度に肌の角質を傷つけていることになるので、知らないうちにツルツルの肌になるどころかボロボロの肌になっているかもしれません。

週に1度だけ剃るなど肌を休ませる期間を意識して作り、なるべくダメージを最小限におさえておきましょう。

肌トラブルがあった際の応急処置

肌トラブル

患部に冷たいタオルをあてて冷やす

カミソリでムダ毛処理をした後に万が一肌が炎症を起こしてしまった場合には、患部に冷たいタオルをあてて冷やす方法があります。冷やして肌を落ち着かせることで炎症を鎮めることが出来るでしょう。冷たいタオルをあてると毛穴の引き締め効果も期待出来るので、肌トラブルがなくてもおすすめです。

患部にオロナインを塗って保護する

カミソリで剃った後に起こる「カミソリ負け」には、肌がヒリヒリと傷む状態と痒みがある状態があります。それぞれの症状にあった薬を塗るのもいいですが、カミソリ負けした患部にはオロナインを塗る方法もあります。傷みと痒みのどちらにもいいと言われているオロナインは持っておくと重宝するでしょう。カミソリ負けをする原因にはカミソリそのもの、肌の状態、剃り方などが考えられるため、まずはカミソリを使った正しいムダ毛処理の方法をしっかりと覚えておくことが大事です。

もしカミソリ負けをしてしまった場合には、注意が必要。

カミソリ負けした肌は最低でも3、4日休ませ、治るまで様子をみてください。ボディクリームなどを塗るのも控えておいた方がいいでしょう。

正しいムダ毛処理の方法を覚えよう

カミソリを使ったムダ毛処理の方法は正しく理解出来ていましたか?

カミソリを間違った方法で使っていた人は、肌が悲鳴をあげていたかもしれません。

普段はあまりムダ毛処理をしていない人も、肌を露出する機会が増えてくるこの季節はきっとカミソリの出番が増えるでしょう。

ささっと自宅で手軽に出来るカミソリを使ったムダ毛処理。

重要なポイントをおさえておけば、肌トラブルの心配もなく、ツルツルのお肌を手に入れることが可能です。

今回ご紹介した美容知識はきっと役立つはず。ぜひ覚えておきましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -