お風呂

お風呂で簡単ダイエット♪夏までに効果的に痩せる方法5選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

夏のレジャーといえば、やっぱり海やプール。出掛ける予定をすでに立てているという人もいるのではないでしょうか。でも気になるのは二の腕やお腹のぜい肉。何とかイベントの日までに減らしたい!今回はお風呂場で出来るダイエットについて紹介します。夏までに痩せたい人必見!

 

夏と言えばダイエットを決意する人が多いシーズン。服装が薄手になることはもちろん、プールや海でビキニになる…なんて機会もあるのではないでしょうか。でもせっかくダイエットするなら出来るだけ効率的に短期間で成功させたいですよね。今回はお風呂で出来るダイエットの方法を5つ紹介します。美しいボディラインを手に入れて、自信の持てるスタイルをつくりましょう!

 

お風呂ダイエットって?効果は?

ダイエット

まずはお風呂ダイエットの内容をチェックしましょう。

 

テレビや雑誌でも話題のダイエット方法

いろんなダイエットを試したけれど、全然続かない…出来るだけお金をかけたくない…そんな人にはお風呂ダイエットがおすすめです。

方法は半身浴、バスソルトを使用するなどさまざま。予算やお風呂ダイエットにかけられる時間など、いろいろな基準でダイエット方法を選ぶことが出来ます。毎日シャワーで済ませるという人も、この夏にはぜひお風呂につかることから始めましょう!

 

実際の効果は?口コミ情報もチェック!

お風呂ダイエットにはさまざまな効果があると言われています。

まず一つ目は発汗作用。熱いお湯につかることで体全体があたためられ、しっかり汗をかくことが出来ます。それに伴い老廃物や体にたまった余分な水分も排出。お風呂から出ると体が軽くなったと感じる人も多いでしょう。

そして二つ目は新陳代謝の活性化。体があたためられることで、脂肪を燃焼することが出来、巡りのいい体づくりをサポートしてくれます。体脂肪の燃焼に適している温度は42度。熱すぎると感じる場合は湯加減を調節するといいでしょう。

三つ目は凝りや冷え性の改善です。体の温度が上がると筋肉の緊張がほぐれ、肩や腰などの凝りトラブルが起こりやすい箇所も柔らかくすることが出来ます。またエアコンで冷え切った体をあたためることで、冷え性を改善してくれる効果も。

それではお風呂ダイエットを実際に行った経験のある人に効果のほどを聞いてみましょう。

 

お風呂ダイエットは三日坊主の私にぴったりのダイエット方法。お風呂は必ず入るものなので、特別にダイエットをしているというストレスがありません。効果は1週間ほどで実感出来ました。体のむくみ、特にふくらはぎの部分が心なしか細くなったように思います。ただ体重が減ったわけではないので、見た目が細くなるダイエット方法と考えておいたほうがいいかもしれません(23歳/ライター)

 

お風呂ダイエットをして一番よかったのは、冷え性が改善されたことです。元々下半身の冷えがひどいタイプだったのですが、夏は特に職場の冷房がきつい季節。いつもよりも少し長くお風呂につかることで、体がほぐれて体温が上がったように思います。気軽に試せるダイエット方法なので、これからも続けていきたいです(26歳/営業事務)

 

お風呂ダイエットはしっかり減量するダイエットというよりは、体の巡りをよくしてくれるダイエットと言えそう。効果の内容や感じ方も人それぞれのようです。

では具体的にお風呂ダイエットの方法を見ていきましょう。

 

方法1 ぬるめのお湯に長時間つかる

お風呂

お風呂に長時間入るのが大好き!という人は下半身浴ダイエットがおすすめ。体への負担を抑えるために37度や38度など、ぬるめの温度に設定しておきましょう。

ただ夏は外の気温が高い季節。37度前後でも熱いと感じる場合は、さらに低い温度にしておくと安心です。またお湯につかる部位は胸より下にしておくのもポイント。効果を早く実感したいからと、肩までつかるとのぼせの原因になりかねません。毎日行うのがしんどいと感じたら週に2回程度のペースにする、中断するなど、体のコンディションと相談しながら行うといいかもしれません。

この方法を試した人の口コミをチェックしてみましょう。

 

普段から長風呂が大好きな私。本を読みながら、ゆっくりとバスタイムを楽しんでいます。効果を感じたのは3日連続で半身浴を続けたとき。体の芯からあたたまり、普段の基礎体温も上がったような気がします。そのおかげか脂肪が燃焼しやすい体になって、ボディラインがきゅっと引き締まったように感じますね(28歳/ネイリスト)

 

方法2 バスソルトを使用して入浴する

バスソルト

バスソルトというアイテムを知っていますか。雑貨店やドラッグストアなど、さまざまなショップで販売されているので、目にしたことがある人は多いかもしれません。

バスソルトは名前の通りバス(お風呂)で使うソルト(塩)のこと。お風呂に入れる入浴剤の一種と言うと分かりやすいかもしれません。成分はメーカーや商品によって異なりますが、基本的には塩化ナトリウムが使われています。グレープフルーツやレモングラスなど爽やかな香りのもの、ピンクやブルーなど鮮やかな色のものも販売されているので、ギフト用としても人気のようです。

気になる効果はデトックスやリラックスの他に、発汗作用を促し新陳代謝をよくするといったもの。塩の働きで体から水分を排出してくれるので、それと同時に老廃物が出される仕組みとなっています。

バスソルトの使用方法は至って簡単です。商品の説明書に記載された規定量のバスソルトを浴槽に入れ、お湯とよくかき混ぜて入浴するだけ。出来れば効果を実感するために10分以上はつかりましょう。敏感肌でよく肌トラブルが起きやすい、という人は敏感肌用のバスソルトやオーガニックのバスソルトを試してみるといいかもしれません。

 

方法3 出たり入ったりを繰り返す

シャワー

入浴を反復して行う方法です。お風呂につかっているとすぐにのぼせてしまう、お風呂が苦手という人にもおすすめ。

適しているお湯の温度や反復回数には個人差がありますが、例えば熱めのお風呂に5分つかる、終われば浴槽から出て冷たいシャワーを浴びるなどの方法があります。熱い、冷たいを繰り返すことで体に刺激をあたえ、毛穴の開きや締りをよくする効果が期待出来ます。ただしヒートショックなどの症状を引き起こす可能性も考えられるため、体の状態に注意しながら、負担がかかりすぎないよう行いましょう。

 

方法4 念入りなマッサージを行う

お風呂につかりながらマッサージをしてみましょう。部位は上半身・下半身全て行うことがおすすめです。雑巾を絞るように両手でマッサージをする、肩をタッピングするなど、あらゆる方法で体に刺激を与えましょう。いつもよりも大量に発汗出来たらよく効いている証拠。比較的バスタイムに時間をかけられる人に向いている方法と言えるでしょう。

ここでマッサージダイエットを行ったという人の口コミをチェックしましょう。

 

初めはマッサージなんて面倒だなと感じていましたが、あまりに効果が高いので続けています。気に入っているマッサージ方法はローラーを使ったマッサージ。手の力を使わなくていいので楽だし、ふくらはぎや太ももが細くなったような気がします。もうマッサージなしでは入浴出来ません!(29歳/看護師)

 

方法5 着圧レギンスを履いて入浴する

着圧レギンス

出典:Amazon

足を重点的に細くしたい!という人は、着圧レギンスを使ったダイエット方法がおすすめです。

着圧レギンスとは、一定の圧力をかけることで足のむくみを改善させるレギンスのこと。元々は足のむくみでトラブルを抱える患者さんのために作られたものでした。それが美容業界から注目を集め、足をほっそりさせるダイエット商品として販売されるようになりました。

色はブラックが多い傾向ですが、ブラウンやパープルなど、おしゃれに楽しめるものもあります。芸能人やタレントが商品をプロデュースすることもあり、雑誌やテレビでも取り上げられるほどの人気ぶり。効果の感じ方には個人差があるようですが、早い人で翌日には足がすっきりして細くなったという声もあります。

それを入浴中に履こうというのが着圧レギンス入浴ダイエット。方法はレギンスを履いた状態で入浴するだけです。さらに効果を高めたい人は入浴中に足をマッサージしてみましょう。両手を使って下から上へもみほぐすように行えば、足のセルライトに効果的。また、就寝時専用の着圧ソックスをお風呂あがりに身に着ければ、より美脚の効果を実感出来そうですね。

 

商品の詳細はこちら

 

お風呂ダイエットの効果はさまざま

今回はお風呂場で出来るダイエット方法を5つ紹介しました。どれも簡単に出来るものばかりなので、ぜひ今日からチャレンジしてみましょう。口コミ情報にもあったように、効果の持続性や即効性には個人差があるようです。その日のコンディションや気分に合わせて、さまざまなお風呂ダイエットを試してみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -