脚痩せ

本当に脚痩せする?着圧タイツを選ぶ前に知っておきたい基礎知識

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

脚のむくみに効果的な着圧タイツ。履き続けるだけで脚が細くなったという人もいます。たくさんの種類が発売されていてどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。着圧タイツの効果を最大限引き出すための基礎知識をご紹介します。

 

ドラッグストアやネット通販上にたくさんの種類がある着圧タイツ。使ったことはありますか?個人差はありますが、履くとキュッと脚がしまった感じで楽になり、実際数cm細くなる効果のあるものもあります。しかし効果がある反面間違った選び方や履き方をしてしまうと逆効果な場合も…。着圧タイツに関する正しい知識を身につけ、すっきり美脚を目指しましょう♡

 

夕方に足がパンパン!なぜ脚はむくむ?

むくみ

脚がむくむって一体どんな症状?

夕方になると脚が張った感じがし、重くだるくなる…。こんなお悩みを持っている人もいるのでは?それは「脚のむくみ」です。むくみは足の部分に水分や老廃物がたまること。疲れやだるさを感じ、ひどくなると痛みを感じたり指ですねを押すとへこみが出来たりすることも。さらに脚全体が太くなりズドンとした大根脚になってしまうのもむくみの現象です。

 

重力で血流が滞るのがむくみの原因

血液は心臓から送り出されて体内をめぐり、また心臓へ戻ります。その最中に細胞へ酸素を運んだり老廃物を排出する働きを持っていますが、日中に立ったり座ったり長時間したままの体勢では血液が重力に引っ張られ、下半身に滞りがちになってしまいます。そのため老廃物の排出も滞り、脚がむくんでしまうのです。

 

むくみには運動やマッサージが効果的

ふくらはぎの筋肉が心臓の補助をするので、日中脚を動かしてふくらはぎの筋肉を刺激したり、軽くマッサージをしたりするとむくみの予防や解消に効果的です。しかし、仕事で忙しい中なかなかそこまで気がまわらないですよね。そこでぜひ活用して欲しいのが着圧タイツです!

 

着圧タイツって?普通のとは違うの?

着圧タイツ

しっかりサポートで履くとわかる違い!

着圧タイツとは生地や編み方を工夫し、サポート力をつけたタイツのこと。履くと脚をしっかりホールドしてギュッと締め付けられる感触は普通のタイツにはありません。この圧力が脚に滞っている老廃物や水分を心臓に送り戻すサポートをしてくれるのです。ふくらはぎの筋肉を補助する働き、と言えるでしょう。

 

着圧タイツにはどんな種類があるの?

着圧タイツと一口に言いますがかかる圧力は商品により違います。がっちりとつかまれるような高い着圧のタイプから優しく包むようなタイプのものまで、好みや効果の必要に応じて選べます。

一般的に足首が最も圧力が高く、ふくらはぎ、太ももと上に上がるにつれてサポート力をゆるやかになったものが多く見られます。その他ポッコリお腹を抑えるために腹部にサポートが入っているものや、ヒップアップや骨盤ケアをするように圧力が部分によって変わっているものもあります。

また、動くと脂肪を刺激して燃焼をうながしたり、温めて基礎代謝を上げることをうたったダイエット効果の高い着圧タイツもあります。

 

種類の多い着圧タイツをどう選ぶ?

このように着圧タイツは形も機能も非常に多くの種類があり、買おうとした時に悩むかもしれません。どこをポイントに選んだらいいのでしょうか?

着圧タイツ

出典:Amazon

いつ使用したいのかでまず形を決めよう

どんな時に着圧タイツを使用するイメージを持っていますか?

1日の終わりに脚がむくむことのないよう、昼間の活動中に脚をサポートしておくため?

それとも1日が終わってからお疲れ脚をケアするため?

はたまたスポーツの場面でより運動効果を上げるため?

どの場面で着圧タイツを履きたいのか、その履き方で選ぶ形や圧力が変わってくるのです。

 

昼間の活動中から脚をサポートしたい

この場合はファッションに合わせて選ぶ必要があります。かっちりした服装が求められるオフィスなら、肌色のストッキングタイプのものでなければならないでしょう。一方冬場やカジュアルな服装でも良いオフィスであれば、タイツタイプでもいいかもしれません。お休みの日はレギンスタイプでスカートと合わせることも出来ますね。

どれにも言えることは、日中の着圧タイツの履き方の特徴としては、着用時間が長くなりがちという点が挙げられます。そのため、あまり高い着圧のものを選ぶと疲れたり痛みが出るかもしれません。ほどほどの着圧のものを選びましょう。

 

1日がんばったお疲れ脚をケアしたい

リラックスタイムに着圧タイツを履きたい場合は、熱がこもらないタイプがおすすめです。レギンスタイプやつま先の出た太ももまでの靴下タイプなどです。素材も柔らかく肌触りの良いものがリラックスタイムにはピッタリ。アロマの効果があるものもあります。

リラックスタイムやお休み時間に履く場合、着圧は弱めのものを選びましょう。横になるため血流が心臓に戻りやすくなり着用時間が長くなるので、立っている時ほどの圧力は必要ありません。少しもの足りないかな、くらいでも翌朝十分効果を実感出来ますよ。

 

運動時に履いて運動効果をアップしたい

着圧タイツには、スポーツの時に、よりパフォーマンスを出せるよう開発された商品もあります。スポーツタイプの着圧タイツは、主にスパッツタイプやトレンカタイプの形になります。ヒップから脚全体をサポートすることで消費エネルギーを増やしたり、筋肉の補助となり体が動かしやすくなったりする機能があります。プロのアスリートの多くがインナーとして着圧タイツを身につけているのです。

この場合は軽いエクササイズなのか、本気のトレーニングなのかで着圧の程度が変わってきます。スポーツ用品店にも多く取り揃えてあるので相談してみてもいいでしょう。どちらにしてもがっちりホールドする着圧の強いタイプが多いようです。

 

着圧タイツの効果アップ!正しい履き方

オッケー

着圧タイツはその特殊な機能から、普通のタイツを履くより気をつけて履かなければなりません。正しい履き方をしなければ間違った部分に圧力がかかり、血行障害がおこったりむくみがひどくなったりする可能性も…!また、着圧が高いものほど着用に時間がかかりがちです。正しい履き方をマスターしましょう。

 

タイツをたぐってかかとを合わせる

着圧タイツを履く時はまず足先までしっかり手繰り寄せましょう。そしてつま先を入れてかかとを合わせます。足首に最も圧力がかかっている場合が多いので、足首のポジションをしっかり合わせるためです。引っ張りすぎてしまうとつま先がきつくなり、1日辛い思いをすることになるので注意!

 

足首・ふくらはぎとゆっくり引き上げる

足首を合わせたら、ねじれがないようにゆっくり引き上げましょう。着圧がかかる分しっかり引っ張って引き上げなければなりませんが、引っ張りすぎるとタイツやストッキングタイプの場合伝線の原因にもなってしまいます。注意深く太ももまで引き上げましょう。

 

股下を合わせてヒップを持ち上げる

最後に股下を合わせてウエストまで引き上げ、手を中に入れてヒップを引き上げましょう。股下が合っていないと歩くたびにズレてしまいます。一時的に引き上げても正しい履き方が出来ていないとまたすぐにズレてしまうので、最初に丁寧に履くことが重要。

 

やっちゃダメ!着圧タイツのNG履き方

ダメ

着圧タイツは効果が高い反面、間違った履き方をすると効果がないだけでなく逆効果になってしまうことも。脚やヒップの形が悪くなったり、むくみの悪化、かゆみや湿疹が出たりすることもあります。やってしまいがちだけどNGな履き方を挙げてみましょう。

 

サイズが合わないものを無理して履く

脚のパーツに合わせて着圧設計されているので、サイズが合わないものを履くと正しい部分に正しい圧力がかかりません。股下がズレて浮いたり、たるみが出来て着圧効果が出ない場合があるのです。

 

日中用のタイツを寝ながら履いてしまう

少しでも効果を得たくて圧力が強めの日中用を履いてしまう。こんな履き方は足の循環が悪くなり健康を害することにつながります。夜はきちんと夜用を履きましょう。

 

伝線したけどもったいないから履く

圧力がかかり脱ぎ履きが難しい着圧タイツやストッキングは伝線することも。普通のタイツより値段も高いのでもったいなくて履き続ける人もいると思います。しかし、伝線することでタイツの圧力は格段に下がってしまいます。下がるだけでなく圧力のバランスが崩れる場合もあるので、伝線したら履かないことをおすすめします。指輪を外したり爪を切ったり、ネイルに気を付けるなど伝線しないようにあらかじめ注意をしましょう。

 

着圧タイツの上手なお手入れの仕方

着圧タイツは着圧の機能を得るため特別な繊維や織り方で作られています。そのため熱や摩擦に弱い場合があります。普通の衣類と同じようにジャブジャブ洗濯機で洗い乾燥機にかけてしまうと、伸びたり縮んだりして本来の機能を発揮出来なくなってしまう可能性も。

基本は手洗いでゆるく絞り日陰干しですが、製品によって洗濯方法は違うので洗濯表示に示されているマークを良く見て洗ってくださいね。

 

着圧タイツの効果を引き出そう!

着圧タイツはむくみや足の疲れにとても効果的なアイテムです。しかし正しい選び方・履き方をしないと効果がないだけでなく悪影響があることもわかりました。脚を出す機会も多くなる夏に向けて、着圧タイツの効果を最大限引き出したいですね!

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -