ワセリンを使ったスキンケア

肌荒れの救世主!ワセリンを使ったスキンケア方法と注意点

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

最近SNSや雑誌などで取り上げられることの多い「ワセリン」ですが、どんなものでどのような効果や使い方が出来るか知っていますか?ワセリンは肌荒れ時のスキンケアとしても活用できるので、お肌の健康に関心のある女性はどんなものなのか知っておいた方が良いかもしれません。

 

ワセリンをスキンケアに使って良いのか分からない、どんな風に使えば良いのか分からないと感じている女性は少なくないようです。効果の分からないものやどんなものか知らないのに、顔に塗るのは確かに怖いですよね。でもワセリンには肌荒れ改善のスキンケアなどに役立つ効果がたくさんあります。だからこそワセリンの使い方を覚えて、上手にスキンケアに取り入れてみましょう。

Sponsored Link

今さら聞けないワセリンって何?

そもそもワセリンってどういうものなの?と疑問に思っている人も多いですよね。ワセリンというのは、石油を精製して作られた保湿剤です。石油と聞くと不安になるかもしれませんが、天然素材なのでお肌への刺激が少なく安全性が高い保湿剤と言われているのです。

ワセリンの種類

ワセリンは精製度によって種類が異なり、大きく分けて4つあります。精製度が低い方から「黄色ワセリン」→「白色ワセリン」→「プロペト」→「サンホワイト」という順番です。黄色ワセリンはその名の通り黄色味がかったワセリンで、軽く石油の匂いを感じる人もいます。

その黄色ワセリンから不純物を取り除いたものが白色ワセリン、そこから更に不純物を取り除くとプロペト、サンホワイトという風に変化します。純度が上がれば上がる程お肌への負担が少なく、非常に肌が弱い人や赤ちゃんでも使えるようになります。純度が上がるとそれだけ値段も上がるのも特徴です。

ワセリンはどこで買える?

ワセリンは皮膚科などで処方してもらえることもありますが、実は薬局やドラッグストアでも購入することが出来ます。他の保湿剤やクリームに比べて大容量でも安く購入できるので、全身の保湿にも使えるのが嬉しいですね。

肌荒れにワセリンを使うメリット

他にも良いクリームや保湿剤はたくさんありますが、あえてワセリンを使うメリットはあるのでしょうか?

肌を覆って水分を逃さない

ワセリンの保湿効果が高いのは、ラップのようにお肌を多い水分を逃さないからです。化粧水などで補給した水分を、できるだけ多くお肌にとどまらせて起きたいのなら、ワセリンは高い効果を発揮してくれるでしょう。

雑菌を侵入させない

皮膚を覆ってくれるワセリンは、外部からの雑菌を侵入させないというメリットもあります。外部からの殺菌は赤みやニキビなどの原因になってしまうこともあるので、肌荒れを事前に防ぐという効果でもワセリンはぴったりです。

劣化しにくい

ワセリンそのものはとても劣化しにくく、未開封であれば2~3年は持つと言われています。開封後は1年~2年程度と言われており、他の化粧品よりも長持ちするという点もメリットでしょう。ただし、直接手で取ってしまうと雑菌が入ってしまう可能性があるので、開封したら少しずつ小分けにして、小分けを1ヶ月程度で使い切るようにすると良いでしょう。

副作用が少ない

ワセリンは安全性の面でも非常に優れており、敏感肌の人でも副作用なく使える可能性が高いのもメリットです。どんな化粧品を使っても肌荒れを起こしてしまうのなら、ワセリンを使ってみると良いでしょう。

Sponsored Link

ワセリンスキンケアの注意点

お肌に優しいワセリンは、肌荒れしている時のスキンケアにもぴったりですがその際に注意点があります。

ワセリンを塗る前に必ず保湿をする

ワセリンは保湿剤なのですが、ワセリン自体がお肌に水分を取り戻してくれるわけではありません。ワセリンはあくまでもお肌に膜を張り、水分が蒸発していくことを防ぐ役割をしています。元々肌荒れや乾燥しているお肌に塗っても、乾燥が閉じ込められただけです。乾燥による肌荒れを改善したいのなら、ワセリンを塗る前にしっかりと化粧水で保湿をしましょう。

敏感肌の人は肌荒れすることも

お肌に優しいワセリンですが、肌が非常に弱い人やアトピーの人は使用するワセリンによって肌荒れを起こしてしまうことがあります。かなりお肌が弱い人がワセリンでスキンケアをする時はできるだけ純度の高い、プロペトやサンホワイトを使ってみてください。もちろん事前にパッチテストをおこなうことをお忘れなく。

ニキビが悪化してしまうことがある

ニキビによる肌荒れの場合、ワセリンでスキンケアをするとニキビが悪化してしまう可能性があります。ニキビを治すためには、毛穴に溜まっている皮脂やアクネ菌を排出することが重要なのですが、ワセリンは毛穴を塞いでしまう場合があるのです。ワセリンで毛穴を塞ぐとニキビが悪化してしまう場合があるので注意しましょう。

ベタベタした使用感

スキンケアをする時にベタベタ感がイヤという人は、ワセリンでのスキンケアに向いていないかもしれません。ワセリンは元々スキンケア用に作られたものではないので、ベタベタしやすいのです。

ワセリンの活用方法

ワセリンはスキンケアだけではなく、他の場所への保湿やスキンケア以外の用途にも使うことが出来ます。

リップクリーム代わりに

スキンケアの一貫ですが、顔に使えるワセリンですから唇にもOKです。指にワセリンを取って優しく塗れば、すぐに潤うはずです。最近ではワセリンのリップクリームも発売されているので、それを使っても良いですね。

毛穴ケアに

毛穴に皮脂や汚れが溜まると、それが黒ずみとなってしまう場合やニキビになってしまう場合もあります。ワセリンは油分なので、皮脂の油分と馴染み、汚れを浮き上がらせてくれます。気になる部分にワセリンを塗って、綿棒などで優しくなじませて汚れを浮かせてから洗顔しましょう。

クレンジング剤代わりに

メイク用具の主成分は油分であることが多く、ワセリンの油分でメイクを浮かせる事が出来るのでクレンジング代わりにもなります。目元などの落ちにくいメイクはワセリンでは落ちない場合がありますが、他の箇所はワセリンでも十分でしょう。また、外出先で綿棒につけて使えば化粧直しにも活用できます。

ワセリンはスキンケアの味方

値段も安くお肌に優しいワセリン、上手に取り入れればスキンケアの強い味方になります。今までどんな保湿でも肌に合わなかったという人は、ワセリンを試してみると良いかもしれません。顔だけではなく全身に使えるので、高い保湿剤をケチケチ使うよりもワセリンを思い切り使った方がお肌にも良いでしょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -