肌荒れにおすすめクリーム

定番からプチプラまで!肌荒れにおすすめのクリーム10選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

肌荒れは突然やってくることがあり、女性は日々それに悩まされることもあります。肌荒れにもニキビや乾燥、シミやシワなど様々な症状がありますが、そんな時はクリームを使うべきなのでしょうか?またおすすめのクリームもご紹介します。

 

乾燥やニキビといった肌荒れ、毎日きちんとお手入れをしていても起きてしまうことがあります。そんな時にどのような対処をするかによって、その後の肌状態が変わってくることもあるのです。あなたは肌荒れしたら、保湿クリームを使用しますか?今回は、肌荒れ時にクリームを使うべきなのか、そして肌荒れした時にも使えるおすすめのクリームについてご紹介します。

肌荒れ時にクリームは使うべき?

肌荒れの症状は様々ですが、その多くの原因が「乾燥」によるものだと言われています。乾燥していると赤みやかゆみ、ニキビやオイリー肌など、様々な症状を引き起こしてしまう可能性が高いのです。だからこそ、肌荒れをした時は保湿がマスト。しっかりと保湿クリームを使ってきちんと保湿をするべきでしょう。

もちろんその時は低刺激でお肌に優しいクリームを使い、できるだけお肌にかかる負担を減らすことも大切です。クリームは、化粧水がしみる程肌荒れを起こしていても、クリームなら優しくお肌を保護してくれる場合もありますし、化粧水にプラスして保湿をしたりお肌を保護してくれたりするので、欠かさないようにしましょう。

肌荒れを防ぐクリームはある?

肌荒れをしてしまったときのケアを知ることも大切ですが、やはり肌荒れは起こる前に防ぎたいものです。では、肌荒れを防いでくれるようなクリームにはどのようなものがおすすめなのでしょうか。その特徴と共にご紹介します。

エトヴォス モイスチャライジングクリーム

敏感肌の女性にも嬉しい無添加処方で人気の高いエトヴォスのモイスチャライジングクリームは、角質層のバリア機能を強化する人型セラミドを5種類も配合しています。肌なじみがよく浸透スピードも早いのが特徴。更に花粉やPM2.5などからもお肌を守りたいあなたには、同ブランドの「モイストバリアクリーム」がおすすめです。

大正製薬 トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム

人間の皮膚にあるセラミドと同じ構造の天然型セラミドを配合した「オールインワンジェル」です。保水力が高く95%が美容成分という女性に嬉しい成分が配合されているので、お肌に馴染んで水分を逃さず美しいお肌に導いてくれます。

ロベクチン プレミアムクリーム

赤ちゃんでも使える低刺激処方、高保湿なクリームと言えばこれ。ロベクチンの独自技術「バリアリペアコンプレックス」が、お肌の表面を優しく包み外部刺激からお肌を守ってくれます。高保湿なのにベタつかないので、夏やベタつきが気になる女性にもおすすめです。

ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト

超乾燥肌のためのシリーズ「ノブⅢ」から発売されているバリアコンセントレイト。お肌のバリア機能をサポートする成分が、バランスよく配合されお肌をしっかりと守ってくれます。お肌の弱い人にもおすすめのクリームです。

クラウンセルクリーム

お肌の土台となる角質層の細胞間脂質をサポートするセラミド配合の、オールインワンクリームです。乾燥によりバリア機能が低下したお肌を、根本から改善する成分だけを配合しています。浸透力と保湿力が高いので、乾燥しがちな人におすすめです。

肌荒れ時におすすめのクリーム

すでに肌荒れしてしまったお肌には、低刺激で優しい成分のクリームがおすすめです。炎症してしまっているのなら、抗炎症成分配合のものを使用すると抑えられる可能性があるでしょう。

DECENCIA アヤナス クリーム コンセントレート

低刺激かつ高い保湿力が魅力で、敏感肌や乾燥肌の人におすすめなのがこのクリーム。「ヒト型ナノセラミド」配合で、お肌の奥までしっかりと潤いが届き、乾燥を根本から改善してくれます。

ロクシタン シアバター

ハンドクリームなどでも有名なロクシタンのシアバター。赤ちゃんにも使うことが出来る安全なクリームで、お肌をしっかりと保護して保湿してくれます。顔だけではなく髪の毛や爪など、乾燥が気になる全身に使うことが出来てお値段も抑えめなのが嬉しいですね。

クリニーク モイスチャー サージ インテンス

皮膚科医指導のもとで商品開発をしているクリニークの保湿クリームは、保湿とバリア機能を向上させることに重視したジェルタイプのアイテム。クリームのベタつきが苦手という人におすすめしたいサラサラの使い心地も特徴です。

ロゼット 薬用AKマイルドクリーム

抗炎症成分配合で、すでに炎症を起こしているお肌を鎮めるクリーム。シンプルな成分でお肌を保湿しながら、炎症をしっかり抑えてくれるので皮膚科などでもおすすめされることが多いようです。シンプルなパッケージで見つけやすいのも特徴。

ザーネ ザーネクリーム

肌の炎症を抑え滑らかに整えてくれる天然型のビタミンEと、グリチルリチン酸二カリウムを配合したクリームです。大豆抽出のレシチンを使用していることから、自然の力で保湿をしてくれるのが特徴。顔はもちろん体全体に使えて、赤ちゃんにも使用できる優しい成分なのもおすすめポイントです。

肌荒れがひどい場合は迷わず皮膚科へ

お肌に優しく保湿成分の高いクリームを使っても肌荒れが改善されない、もしくは悪化していると感じたらすぐに使用をやめて迷わず皮膚科へ行きましょう。症状が深刻化するほど、治りにくくなり跡が残ってしまう可能性もあります。

また、皮膚科ならお肌に関する悩みを相談する事も出来るので、安心して肌荒れの治療に専念することが出来るでしょう。自己判断による間違った方法での保湿や治療をしてしまわないように注意したいものです。

肌荒れはクリーム以外でもしっかり治して

肌荒れをしてしまったらクリームを使用してお肌を保護することも大切ですが、やはり化粧水による保湿や食生活、生活習慣の見直しをすることも重要です。根本から肌荒れの原因となることを断っていかないと、お肌の不調を繰り返してしまうことになるからです。

また、高いクリームを使えばお肌が良くなるというわけではないので、自分に合った成分や使い心地のものをしっかりと見極めて、確実に肌荒れを改善できるようにしましょう。肌荒れ前の予防、そして肌荒れしたときの対処で美しいお肌を取り戻してくださいね。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -