肌荒れ改善レシピ

肌荒れ改善レシピ・メニューを公開!!毎日の食事で美肌に

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

肌荒れしてしまった時、スキンケアはもちろん大切ですが、生活習慣や食生活を改善することも肌荒れ改善するために重要なポイントです。とくに忙しい女性は外食やコンビニなどの食事が増えて栄養が偏りがち。そんな時にぴったりな肌荒れ改善レシピを集めてみました。

 

肌荒れ改善のための食事というと、野菜や果物から摂取するビタミンが良いとされています。しかし、野菜をサラダなど生のまま摂取しようとすると、それだけでお腹いっぱいになってしまうほどたくさん食べなければいけません。そんな時に効率よくたくさんの野菜と栄養を摂取できるのは「スープ」です。そんなスープのレシピをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

肌荒れ症状別の足りない栄養素

肌荒れした時にはどんな栄養素を摂取すれば良いのでしょうか。基本的にはビタミン群がお肌のために良いとされていますが、それだけではありません。

 

ビタミン

乾燥肌、皮膚や粘膜が弱くなっている肌荒れにはビタミンA、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、皮脂の過剰分泌の時はビタミンB群、シミ、ソバカス、お肌のハリが気になる時はビタミンC、肌ツヤの悪さ、肌荒れ、シミ、ソバカスが気になる時はビタミンEが足りていないとされています。やはりビタミンはお肌のために欠かせない栄養素なのです。

食物繊維

肌荒れ、ニキビ、吹き出物が出来てしまう時は、ビタミンだけではなく食物繊維が足りていない場合もあります。食物繊維が足りないと便秘になってしまい腸内環境が悪化してしまいます。そうすると腸内の悪玉菌から発生する有害な毒素が発生して肌荒れになってしまうことがあるからです。

鉄分

顔色の悪さ、肌荒れが気になる時は、鉄分が足りていない場合もあります。鉄分は血液を作るために大切な栄養素ですが、血液は体の隅々まで摂取した栄養を届けるという役割を担っています。その血液が足りないと、十分な栄養が行き届かず肌荒れやその他の不調が発生してしまうことがあるのです。

肌荒れ改善にはスープがおすすめ

肌荒れの時に不足している栄養素の中で、とくにビタミンは野菜に多く含まれるものです。そんな野菜をより多く効率的に摂取できる料理がスープなのです。スープは野菜から出た栄養を逃すことなく摂取できるため、美味しくたくさんのビタミンやその他の栄養を取り入れられます。

スープはある程度たくさん作っておいて冷蔵庫で数日間保存しておくことが出来るものが多いので、毎日料理をしないという人でも取り入れやすいのです。また、朝食から夕食までどの食事にも取り入れることが出来るので、1日に必要な野菜をスープで補うことも出来るでしょう。

毎日食べたい肌荒れ改善レシピ

では、肌荒れを改善するためにぴったりなスープのレシピをご紹介します。

お肌の健康をゲット:かぼちゃのチャウダー

出典:QuiCooking.com

かぼちゃにはビタミンA、B、C、Eといった肌荒れに最適な栄養素がたくさん含まれています。また、ベーコンに含まれるビタミンB1や牛乳に含まれるタンパク質も肌荒れ改善に最適。そんなかぼちゃを使ったスープのレシピです。

材料

・バター:大さじ1/2
・かぼちゃ(皮をところどころむき1cm角にカットしたもの):1/5個(200g)
・玉ねぎ(みじん切り):1/2個(100g)
・ベーコン(1cm角にカットする): 1枚(20g)
・水:400ml
・固形スープの素:1個
・牛乳:100ml
・塩、こしょう:少々
・パセリ(みじん切り):適量

作り方

1.深めの鍋にバターを熱して溶かしたら、かぼちゃ、玉ねぎ、ベーコンを入れしんなりとするまで炒める。
2.そこに水と固形スープの素を加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。
3.かぼちゃが柔らかくなったら牛乳を加え、塩とこしょうを加えながら味を整えて完成。
4.器に持ったらお好みでパセリを散らしましょう。

材料&レシピ詳細はこちら!

食物繊維たっぷり:カリフラワーのミルクポタージュスープ

出典:QuiCooking.com

食物繊維たっぷりなカリフラワーですが、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する働きもあり、まさに肌荒れ改善に最適なレシピ。カリフラワーが苦手な人でも美味しく食べられます。

材料

・カリフラワー:200g
・玉ねぎ(5ミリ程度の薄切り):100g
・じゃがいも(5ミリ程度の薄切り):50g
・バター:10g
・水:100cc
・牛乳:400〜500cc
・コンソメ顆粒:小さじ1〜2
・塩:適量

作り方

1.カリフラワーは小房に分けて塩を入れたお湯で軽く茹でてザルに上げる。
2.熱した鍋にバターを加えたら、玉ねぎとじゃがいもを入れて玉ねぎが透き通るまで炒めるたら、そこにカリフラワーを加えてさらに軽く炒める。
3.2に水を加えて鍋に蓋をして煮立ったら中火にして、水気がなくなるまで煮詰める。
4.水気がほぼなくなったら牛乳とコンソメを入れて、沸騰する直前まであたためる。
5.火を止めて粗熱が取れたら、ミキサーなどでかくはんし最後に塩で味をととのえる。器に盛りパセリを乗せたら完成。

材料&レシピ詳細はこちら!

肌荒れ予防にピッタリ:かぶとベーコンの豆乳スープ

出典:QuiCooking.com

かぶの葉、そして人参に含まれるビタミンA、ベーコンや豆乳に含まれるビタミンB1がお肌に作用してくれるレシピです。豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、女性のホルモンバランスを整えてくれます。

材料

・バター:小2
・玉ねぎ(1.5cm角にカット):1/4個(50g)
・にんじん(1.5cm角にカット):1/3本(50g)
・ベーコン(細切り):1枚(20g)
・小麦粉:小2
・だし汁:200ml
・かぶ(くし型切り):2個(200g)
・みそ:大1
・豆乳:200ml
・かぶの葉(さっとゆでて1.5cmの長さにカット):50g

作り方

1.鍋にバターを熱して溶かしたら、玉ねぎ、にんじん、ベーコンを加えて炒め、小麦粉を入れて炒め合わせる。
2.だし汁とかぶを加えたら、野菜が柔らかくなるまで煮る。
3.野菜が柔らかくなったら、みそと豆乳を加えてさっと煮たら器に盛って完成。

材料&レシピ詳細はこちら!

丈夫なお肌を作るレシピ:卵とにんにくのスペイン風スープ

出典:QuiCooking.com

卵にはビタミンA、B2が含まれ皮膚や粘膜を丈夫にしてくれ肌荒れ予防に効果的です。さらににんにくの血行促進効果により体を温め、冷え性やダイエットにもぴったりなレシピ。食パンはお好みで。

材料

・オリーブオイル:大さじ1
・にんにく(薄切り):1〜2片
・食パン(4枚切り):2枚(180g)
・水:400ml
・固形スープの素:1個
・塩、こしょう:少々
・パプリカ(粉末):少々
・卵:2個
・パプリカ(粉末):少々

作り方

1.鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて火にかけ、にんにくに軽く色が突くまで炒めたら、大きめにちぎった食パンを加えてさらに炒める。
2.そこへ水を入れて煮立て、固形スープの素、塩コショウ、パプリカで味をととのえる。
3.卵を1個ずつ割り入れて好みの固さまで火をいれたら、器に盛ってお好みでパプリカを振って完成。

材料&レシピ詳細はこちら!

おいしいスープで肌荒れも改善

今回はできるだけ手間のかからないレシピをご紹介しました。普段料理をしない人でもチャレンジ出来そうなレシピなので、ぜひ試してみてください。美味しいスープを飲みながらお肌の改善まで出来るなんて嬉しいですよね。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -