正しいスムージーダイエット

効果的に痩せたい!スムージーダイエットの正しい方法は

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

たくさんの栄養を摂取できるスムージーは、すでに美容や健康のために続けている女性も多いはず。そんなスムージーでダイエットが出来るというのですから、注目しないわけにはいきません。今回はスムージーダイエットについてご紹介します。

 

不足しがちな栄養素を効率よく美味しく摂取できるスムージーですが、女性を始め健康志向の人に支持されている飲み物です。そんなスムージーですが、実はダイエットにも効果的だと知っていますか?これからお肌を露出する機会が増える季節になりますが、その準備としてスムージーダイエットに注目してみましょう。気になるスムージーダイエットの方法や効果はもちろん、スムージーダイエットの落とし穴まで詳しくご紹介します。

スムージーダイエットは効果あり?

スムージーダイエットが効果ありとされるのはなぜなのでしょうか?それはスムージーがもたらす体への様々な効果によるものなのです。

食物繊維でお腹スッキリ

スムージーダイエットで効果が出る一番の理由として、食物繊維による便秘解消だと言われています。そもそも便秘になると腸内に不要な物質が残った状態になり、栄養の吸収が上手くいかない、代謝を下げてしまうといったダイエットに大敵となることが起きてしまいます。

食物繊維はそんな腸内の不要な物質を絡め取り、一緒に排出してくれる効果があるので便秘解消、そしてダイエットに効果があるとされているのです。スムージーにはたくさんの食物繊維が含まれるため、イコールダイエットになる方法だということですね。

酵素の力で免疫力アップ

私達の体内では紫外線や食品添加物、ストレスなどが原因で体の老化を促進させてしまう活性酸素を生み出しています。そんな活性酸素を無害なものへと変化させるのが酵素ですが、その酵素が多く含まれるのがスムージーです。

活性酸素の働きが弱まったり抑制されたりすると、体が活性化するので免疫力アップし、さらに痩せやすい体へと導いてくれるのです。体質を変えることが、ダイエット成功の鍵となるでしょう。

ほかにも美肌やむくみ解消効果が

便秘解消して免疫力がアップすると、それに伴い栄養の吸収率がアップしてお肌の健康も取り戻すことが出来ます。また、スムージーに使う野菜には血液サラサラ効果やむくみ解消の効果があり、女性のお悩み全般を解消してくれる可能性が高いのです。

スムージーダイエットの正しい方法

嬉しい効果が期待できるスムージーダイエットですが、始めるならまずは正しい方法を知っておくことが大切です。

飲むタイミングは空腹時

スムージーの効果を吸収しやすく、効果が出やすいのが空腹時に飲む方法です。胃に他の食物が入っている状態でスムージーを飲むと、消化に時間がかかり胃に負担を掛けてしまうことがあります。そして栄養が十分に吸収されてない可能性があるのです。

そのため飲むのは空腹時で、満足度や満腹感を高めるためにできるだけ噛んで飲みましょう。時間をかけることで満腹中枢を刺激して、スムージーだけでも十分お腹いっぱいになることがあります。一気飲みやゴクゴクと飲む方法だと、そういった効果を得ることが出来ません。

飲んだ後は食べるまで時間を空ける

スムージーの消化や吸収を高めるための方法として、飲んだ後時間を置くことも大切です。すぐに食事してしまうと、スムージーの消化と食べ物の消化で胃に負担が掛かってしまうからです。もしその後食事をとるのなら、40分~1時間は空けるようにしましょう。

置き換えダイエットの場合は朝からスタート

スムージーダイエットの効果を早く出す方法として置き換えダイエットをする人もいますが、いきなりメインの食事を置き換えてしまうと物足りなさで、ダイエット失敗に繋がってしまうことがあります。普段夕食を一番多く食べるのなら、朝食を置き換える方法からスタートして、スムージーダイエットに慣れましょう。

もし夕食に置き換えるのなら、朝食や昼食はきちんと栄養を摂取できるようバランスの良い食事を心がけてください。いくらお肌や健康に良いスムージーでも、食事の栄養が偏っていたり足りなかったりすると体の不調や肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

スムージーダイエットの落とし穴

スムージーダイエットを始めたのに痩せない、便秘になってしまったなど効果を実感できない人もいます。そういう場合は意外な落とし穴が潜んでいることに目を向けてみましょう。

体が冷えてしまっている

スムージーを飲む時冷蔵庫でしっかり冷やしている、または氷や凍らせた果物などを使っている場合、スムージーを飲むことで体を冷やしてしまっている可能性があります。内臓が冷えると消化器官が上手く働かなくなり、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

スムージーを作る時はできるだけ材料を常温以上にして、冷えを防ぐようにしましょう。また、口に入れた時によく噛むことで温度が上がるので、冷えを解消するためにも試してみてください。

スムージーダイエットに向かない食材を使っている

野菜でも果物でも何でも体に良さそうだからと、栄養や効果を考えずに入れてしまうとそれが落とし穴になっていることもあります。まず、でんぷん質の野菜である「イモ類」「にんじん」「ブロッコリーの茎」「カリフラワー」「キャベツ」「ズッキーニ」「かぼちゃ」「とうもろこし」はダイエットスムージーに不向きです。

これらのでんぷん質の食材はフルーツと相性が悪く、腸内でガスが発生しやすいというデメリットがあります。そうすると胃腸に負担が掛かってしまうので、避けるようにしましょう。

また、水の代わりに牛乳やヨーグルトを使うのも、ダイエットスムージーには不向きとされています。乳製品に含まれているタンパク質は、栄養の吸収を妨げてしまいます。スムージーを作る時は水を使うようにしてください。

満足感がなく食事のカロリーが高くなっている

一気に飲んでしまったり無理な置き換えをしてしまったりすると、満足感や満腹感を得られないことがあります。そうするとおやつをたくさん食べる、食事でカロリー高めのものを食べてしまうなど、他の食事に影響を及ぼすことがありかえって太ってしまうことも。満腹感を高めるために野菜や果物を変えてみたり飲むタイミングを変えたりと工夫することも大切です。

ダイエットスムージーで美しく痩せる

注意点や落とし穴もあるスムージーダイエットですが、正しい方法でおこなえば良い結果が訪れるはずです。美味しくないダイエット食品や満足感のないダイエットは卒業して、美味しくて健康的にダイエットできるスムージーダイエットを始めてみませんか?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -