ダイエット効果

医療用着圧レギンスはダイエット効果なし?市販との違いは

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

ドラッグストアや通販などで手軽に購入出来る市販の着圧レギンスと比べ、ちょっぴり高価なイメージのある医療用着圧レギンス。今回は、市販の着圧レギンスと医療用着圧レギンスの違いや、医療用着圧レギンスのダイエット効果の有無などをご紹介します。

 

主に、病院などで処方されることの多い医療用着圧レギンスには、どんな効果が期待出来るのか気になるところ。着圧レギンスをダイエット目的で使っている女性も多いなかで、果たして医療用着圧レギンスには、ダイエット効果は期待出来るのでしょうか。医療用着圧レギンスとは具体的にはどんなものなのか、市販の着圧レギンスとの違いはどんな部分なのかなども含め、医療用着圧レギンスについて詳しくお教えします!

医療用着圧レギンスってどんなもの?

医療用着圧レギンス・医療用着圧ソックスは、脚にだるさやむくみなどを感じる「静脈瘤」と呼ばれる病気などの治療に使われることが多いアイテムです。静脈瘤は、出産経験のある女性に起こりやすいと言われている病気のひとつ。医療用着圧レギンスは、専門の医師や医療機関などが開発に携わっており、圧が強いのが特徴です。基本的に医療用着圧レギンスとは、ダイエット目的というよりは、治療目的で脚の健康を目指すために作られているものだと言えます。

医療用着圧レギンスのメリットはココ

トレーニング

名前を聞くだけでもなんだか信頼度が高そうな医療用着圧レギンス。いったいどんなメリットがあるのか見てみましょう!

医療用着圧レギンスは品質が高く長持ち

医療用着圧レギンスは、特別な編み方で作られているものが多く、丈夫な作りになっているものがほとんど。足首やふくらはぎなど、脚の部位によって圧がきちんと計算されているので、安定した圧迫圧が期待出来るアイテムです。何度も繰り返して使う着圧レギンスは、洗濯などの影響で伸びてしまうこともありますが、医療用着圧レギンスはしっかりと丈夫に作りこまれているため、劣化しにくいアイテムと言えます。

自分にピッタリな着圧レギンスが履ける

医師指導のもと処方される医療用着圧レギンスは、自分自身のサイズを計測し、それぞれに合ったものを購入することが出来ます。サイズが脚にピッタリ合っていることで、より脚の違和感やむくみの改善が見込めると言えるでしょう。治療目的のアイテムではありますが、むくみが改善されることによる、ダイエット効果も期待出来ます。レギンスタイプはもちろん、ハイソックスのようなタイプやパンストのようなタイプなど、医師がそれぞれの症状に適したデザインを選んでくれることも医療用着圧レギンスのメリットのひとつです。また、生地の厚さも選んでもらえることがあり、さまざまな面において、自分自身にピッタリなものが履けるというメリットがあります。

医療用着圧レギンスは圧がしっかり!

医師が監修しているため、医療レベルでの強い圧がかけられるメリットがあります。医療用着圧レギンスは、市販品より締め付けが強いと感じることがほとんどです。一般的に、足首の辺りが一番強い圧がかかっており、太ももに向かっていくほど圧が弱くなっていく作りになっています。

医療用着圧レギンスのデメリットはココ

カップル

医療用とは言え、デメリットも隠れています。医療用着圧レギンスには、どんなデメリットがあるのかご紹介します。

医療用着圧レギンスは高価なアイテム

市販の着圧レギンスに比べ、高価なことが多い医療用着圧レギンス。医師が監修したとされる着圧レギンスは、ネット通販で比較的安く購入することも出来ますが、医師に処方してもらう着圧レギンスの場合、安いものでだいたい6,000円程度、高いもので2万円程度することもあります。品質や性能などを考えると、妥当な金額なのかもしれません。

医療用着圧レギンスは履きにくい

医師や医療機関が監修して作られているので、比較的圧が強いのが医療用着圧レギンス。圧が強いいため、履く際にキツイと感じることもあります。そんな圧の強さから、履きにくさを感じることがデメリットと言えるでしょう。少しでも医療用着圧レギンスを履きやすくするため、正しい履き方や履き方のコツを、あらかじめ医療機関で聞いておきましょう。

医療用着圧レギンスは購入するのが面倒

医療用着圧レギンスは、病院での診察を受けてから処方されることがほとんどです。病院で処方される医療用の着圧レギンスを手に入れるためには、時間や手間がかかると言えます。病院によって違いはありますが、2回目以降の購入の場合、電話注文や診察なしでの購入が可能なところもあるので、医師や病院に確認してみてください。

市販の着圧レギンスのメリットはココ

Yür!Â🐻 유리아さん(@kkstu_lo207)がシェアした投稿

ダイエット目的で購入されることの多い市販の着圧レギンスには、医療用着圧レギンスとは違ったメリットが多くあります。代表的なものを見てみましょう!

市販の着圧レギンスはデザインが豊富

市販の着圧レギンスには、豊富なデザインがそろっています。豊富なデザインがあるため、ファッションアイテムの一部として使うことの出来るのが、大きなメリットです。昼間専用のものや寝る際に使えるものなど、シチュエーション別のものも多くあります。ダイエット重視のものやむくみ改善重視のものなど、目的別に選ぶことが出来るのも嬉しい魅力。カラーや長さ、よく使う時間帯なども考慮しながら、使いやすいものを選んでみてください。

履きやすいのは市販の着圧レギンス

医療用着圧レギンスに比べて、比較的圧が弱く設計されていることが多い市販の着圧レギンスは、履きやすいというメリットがあります。圧が弱いため、病気の治療などには不向きと言えますが、静脈瘤などの病気の予防、ダイエットを目的としている方にはおすすめです。

市販の着圧レギンスは手軽にゲット可能

市販の着圧レギンスは、医師の診察をすることなく購入出来ます。ドラッグストアなどの身近なお店にも多く販売されているため、購入しやすいのがメリットです。また、ネット通販でも購入可能なので、ダイエットをしたい忙しい女性にとっても、大助かりなのではないでしょうか。気軽に購入出来る市販の着圧レギンスは、価格が安いこともメリットのひとつと言えるでしょう。

市販の着圧レギンスのデメリットはココ

レギンス

手軽に購入出来る市販の着圧レギンスですが、医療用着圧レギンス同様、デメリットもあります。どんなデメリットがあるのかを理解しておきましょう。

市販の着圧レギンスは劣化が早い

比較的安く手に入る市販の着圧レギンスですが、何度も脱ぎ履きしたり、洗濯を繰り返したりすることで、医療用着圧レギンスより早く劣化してしまうことがあります。劣化した市販の着圧レギンスは、伸びた状態となり、脚に圧がうまくかからなくなってしまいます。2か月程度で買い替えなくてはいけなくなる場合もあるため、医療用着圧レギンスよりかえって費用が多くかかってしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

市販の着圧レギンスはサイズ選びが困難

市販の着圧レギンスは、自分でサイズ選びをしなくてはいけないことがほとんどです。そのため、自分自身にピッタリなサイズを選ぶことが難しいことがあります。ある程度自分自身で、足首や太ももなどの脚のサイズを測ってから商品を選ぶことが大切です。サイズがきちんと合っていないと、ダイエット効果が半減してしまう恐れもあります。

医療用着圧レギンスはココでゲット

医療用着圧レギンスは、医師の診察が必要な場合がほとんどです。きちんと病院で処方してもらいましょう。圧が強いという特徴を持っている医療用着圧レギンスは、独断での購入は危険です。医師に処方してもらったにも関わらず、脚に痛みなどの違和感を覚えたら、すぐに医師に相談することを忘れずに!

医療用着圧レギンスのダイエット効果

美脚

医療用着圧レギンスは、主に治療に使われるアイテムです。むくみなどの症状の改善には効果が期待出来るため、症状によってはダイエット効果が期待出来る場合もあります。脚痩せ効果を重視するなら、まずは安く手に入る市販の着圧レギンスからトライしてみるといいでしょう。

着圧レギンスを上手に使い分けよう

医療用と市販には、それぞれにメリットとデメリットがあります。その両方を理解した上で、あなたにぴったりな着圧レギンスをチョイスしてみてください。上手に着圧レギンスを使い分けて、ほっそりとした美脚を目指しましょう♡

Sponsored Link

関連記事/- Related article -