下半身痩せ

短期間集中ダイエット!下半身痩せ筋トレとおすすめアイテム

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

スラッと伸びて引き締まった美脚は、男性の視線を集めるだけでなく、女性からも憧れの存在ですよね。そんな憧れの美脚を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか?短期間で出来る筋トレ方法と効果アップが期待出来るおすすめのアイテムをご紹介します。

 

下半身に悩みを抱えている女性は意外と多いもの。しかし、下半身はなかなか痩せにくくダイエットがうまくいかないとイメージがある人もいるかもしれません。まずは、ダイエットに挑戦する前に下半身が太ってしまう原因を知ることも大切なこと。事実を知った上出来ちんとした方法の筋トレをすれば、短期間での下半身痩せも夢じゃない!誰もが憧れるような美脚を手に入れることが出来る筋トレ方法やおすすめのアイテムなどをご紹介しましょう。

下半身が太って見える原因とは?

下半身太り

下半身が太って見えてしまう原因には、いろいろなものがありますが、原因を知ることで効率よく下半身痩せにつなげることが出来るでしょう。

主な原因としてあげることが出来るのは、むくみです。体の基礎代謝が下がっていたり、筋力が低下していたりすることで、血液やリンパなどがうまく体の中を循環せずに下半身に溜まることでむくみは生じます。血液やリンパなどの流れが悪くなると、老廃物が体外に排出出来ず、脂肪が蓄積しやすい状態になり、さらにセルライトが出来てしまう可能性があります。

セルライトとは、皮下脂肪組織が老廃物や余分な水分などを溜めこみ肥大化したもの。ひどくなると肌の表面がデコボコになり、見た目にもわかるようになります。一度セルライトが出来ると、通常の脂肪よりも落とすのが大変なので、出来る前に下半身ダイエットをすることができるといいでしょう。

また、スポーツをやっていた人や普段の生活でハイヒールを履く機会が多い人は足に筋肉がつきやすく、足が太く見える場合があります。さらに、筋肉は使わなければ衰えてしまうので、今は筋肉を使っていないのに下半身が太いままという人は、筋肉が脂肪に変わってしまった可能性があります。

筋トレで下半身痩せにチャレンジ

チャレンジ

下半身痩せの方法にはいろいろな方法がありますが、下半身についてしまった脂肪のダイエットに大切なのは、運動することです。しかし、運動不足の人が急にジョギングなどのハードな運動をしても、体の負担になったり、長続きしなかったりします。

まずは、簡単なストレッチや筋トレなどから体を慣らすことから始めましょう。注意したいのは、あまり本気で筋トレをしすぎるとかえって足が太く見えてしまうこと。程よい筋肉をつけるための筋トレをすることで、下半身が引き締まった美ボディを手に入れることが出来ます。

ふくらはぎ痩せにぴったりの筋トレ

ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎが太くて悩んでいる人は多くの場合、筋肉のつきすぎやむくみなどが原因と言えます。筋トレ以外にもハイヒールを長時間履くことを控える、足の指を上げた歩き方はしないなど、日常生活から気をつけることも大切です。また、むくみから足首が太くなってしまっているときには、血液やリンパなどの流れが悪くなっているので、筋トレにプラスして着圧ソックスを履くなど、リンパの流れをよくすることを心掛けましょう。

1.両方の足を揃えて、お尻をキュッと引き締め、太ももと膝ができるだけつくように立ちます。そのまま両足のかかとをゆっくり上げ下げする動作を10回繰り返しましょう。

2.かかとに体重の乗せ、つま先をゆっくり上げ下げする動作を10回行います。

3.両方のかかとをつけたままつま先をできるだけ外側に向けて、つま先立ちになりかかとの上げ下げ動作を10回繰り返しましょう。

このとき、両方のかかとが離れないように注意してください。

4.再び両足を揃えて立ち、まずは左足に体重をかけて右の太ももが床と平行になるように持ち上げ、そのまま左足の左側に(左足とクロスさせるようにして)着地させます。

このとき、頭も上に持ち上げるようにするとよりよいでしょう。また、右の太ももが床と平行になるように持ち上げ元の位置に足を戻します。

5.これを10回繰り返したら、左足も同様に行いましょう。すべて終わったら、アキレス腱を伸ばすストレッチをするとより効果的です。

太ももやヒップが太っていなくても、ふくらはぎが太いと下半身全体が太って見えてしまう可能性があります。すっきり引き締まったふくらはぎを手に入れることで、下半身痩せにつなげることが出来ます。

股関節筋トレで下半身ダイエット

股関節筋トレ

上に足を持ち上げ、空中で自転車を漕ぐようなポーズの筋トレをご紹介します。これは、お尻についている大殿筋を鍛えることが出来るため、骨盤を支える力を強くすることにつながります。

1. 両方のかかとをお尻につけ、体育座りをしましょう。難しいときには、なるべくぴったりつけなくてもなるべく近づけられれば大丈夫です。そのまま上半身を倒し、寝転がります。

2.片足のかかとは床につけたままでつま先を軽く床から離しましょう。反対の足は、膝が90度になるように浮かし、つま先だけ天井にまっすぐ向けます。

3.このままお尻を浮かせ5秒ほど状態をキープしましょう。お尻の重心が左右にずらさないことと腰を反らさないように気をつけてください。

5秒たったら、ゆっくりとお尻を下ろし、「2」の状態に足を戻します。

4.これを20回繰り返し、終わったら反対の足も同様に行いましょう。両足で2~3セット繰り返します。少しきつい筋トレですが、骨盤のズレも整えてくれる筋トレなので下半身痩せと骨盤の歪み矯正の効果も期待出来ます。

ヒップアップ・太もも痩せを目指そう

ヒップ

ヒップや太ももが垂れた状態だと、そんなに太っていなくてもだらしない印象に見えてしまいます。ヒップや太ももを引き締めるための筋トレをご紹介しましょう。

1.椅子や壁につかまった状態で立ちます。お尻を中心に寄せるような感じでお尻の穴付近にキュッと力を入れて引き締めましょう。

2.片方の足の裏を反対の足につけ、太ももが床となるべく水平になるように足を上げていきます。そのとき、曲げた足の膝が正面に向かないよう気をつけましょう。

3.太ももの内側をこするようにして、上げた方の足をななめ後ろに向かって勢いよく下ろします。アキレス腱が伸びるように意識して行いましょう。

4.20回繰り返し、片方が終わったら反対の足も同様に20回繰り返します。股関節のゆるみや骨盤の歪みが原因で両足の長さが変わってしまうことがあります。

ヒップや太ももを引き締めることで、股関節のゆるみ、骨盤の歪み、ヒップ・太もものたるみを防げば、理想の下半身痩せダイエットが出来るでしょう。

着圧レギンスを使えば効果アップ

効果アップ

下半身痩せに筋トレは効果的ですが、さらに効果を得ることが出来るアイテムとしておすすめなのが、着圧レギンスです。着圧レギンスは、骨盤を矯正し下半身痩せにつなげることが出来ます。

女性は、月経によって骨盤が開閉しており、さらに骨盤は冷えやむくみなどによって歪みやすいという特徴があります。骨盤が歪んでしまうとその周辺や下半身に負担がかかり、代謝が落ち下半身が太ってしまうことがあります。骨盤矯正をして下半身痩せしやすい状態の体を作ることで、筋トレダイエットの効果をさらに高めることも出来るでしょう。

おすすめの着圧レギンスを2点ご紹介します。

POJIRAI着圧レギンス

加熱効果

出典:Amazon

骨盤の歪み、ヒップの下垂、足のむくみが気になる人におすすめの着圧レギンスです。お尻だけでなくお腹部分も包み込んでくれる設計なので、履くだけでお腹から下の下半身痩せに効果的。ゲルマニウムやチタンを生地に配合されているので加熱効果もあり、圧力と加熱からリンパの流れをよくしてくれます。普段履きにも使用出来るので、筋トレをしたあとに履いたまま外出することも可能です。

 

詳細はこちら

 

スリムウォーク美脚&美尻レギンス

部位別圧力設計

出典:Amazon

太もも、ふくらはぎ、足首上など部位別に圧力設計が施されており、理想の美脚と美尻を手に入れることが出来ます。UVカットや吸汗速乾糸・消臭繊維を使用しているので、着用したまま筋トレをすれば、さらにダイエット効果をアップさせることも可能。着用すると、腰や骨盤を安定させるので、きちんとした歩き方をすることが出来ます。

 

詳細はこちら

 

筋トレで下半身ダイエットをしよう

短期間で下半身ダイエットを成功させるには、途中の動作を省いたりせずにしっかりと筋トレを行うことです。しかし、ムリは禁物。自分に合った筋トレ方法を見つけてチャレンジしてみましょう。おすすめアイテムを取り入れるのもひとつの方法です。しっかり行えば、憧れの美脚を手に入れることも夢ではありませんよ。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -