トレーニング

スポーツタイツに着圧レギンスはアリ?ナシ?ダイエット効果は

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

スポーツ時に、着圧レギンスってありなのか気になりますよね。間違った着圧レギンスの選び方をしていると、体に負担がかかっているかも。着圧レギンスとスポーツタイツ、どちらが適しているのか検証してみました。ダイエット効果のありそうな商品も合わせてご紹介しています。

 

「きれいな女性でいたい」と望む女性の多くが、ランニングやエクササイズなどのスポーツを取り入れていることでしょう。スポーツをするときのボトムスには、どんなものを着用していますか?話題の着圧レギンスを履いている人もいるかもしれませんね。でも、スポーツに着圧レギンスっていいのか気になるところ。そんな疑問に答えるべく、着圧レギンスとスポーツタイツ、それぞれのダイエット効果について調べてみました。最後には、おすすめのスポーツタイツも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

着圧レギンスでスポーツってどうなの?

着圧レギンスでスポーツってどうなの?

むくみ対策や脂肪燃焼効果などがうたわれている一般的な着圧レギンスで、スポーツをしていませんか?それはやめた方がいいかも。日常生活を想定して作られている着圧レギンスのなかには、スポーツ時に適していないものもあります。加圧が強すぎてしまう、ひざのサポート力が弱いなどがあり、着圧レギンスを履くことで運動パフォーマンスが下がってしまっていることも。せっかくダイエットのために運動しているのに、疲れてばかりで運動量が減ってしまっては意味がありませんよね。ダイエット効果も薄れてしまう可能性大です。

スポーツ時にはスポーツタイツの方が◎

スポーツの際の着圧レギンス選びって、間違っている人が意外に多いんです。

着圧レギンスなんだから、圧力が強いものほど脚痩せやむくみ対策の効果が高いと思っていませんか。それって、間違いなんです。適切な圧力を適切な部位に与えることで、血流促進の効果が得られます。さらにスポーツ時には、圧力が強ければ強いほどいいわけではありません。あまりに強い圧力が加わると、運動がしにくくなってしまうこともありますよ。

そのため、市販されている脚痩せ効果がうたわれた着圧レギンスでスポーツをするよりも、専用のスポーツタイツを着用するのがやっぱりおすすめ。スポーツタイツのなかには、着圧レギンスとしての機能を持ったものもたくさんあるので、好みのものが見つかることでしょう。市販されている着圧レギンスよりもひざをサポートしてくれ、スポーツに適した段階着圧が採用されているので、快適にスポーツを楽しむことが出来ます。

さらに、各スポーツに合わせた商品が作られている点も、スポーツタイツをおすすめする理由のひとつ。例えば、ランニングとヨガでは使う筋肉も動きも全く違いますよね。動きに合わないスポーツタイツでは、パフォーマンスの向上は望めませんよ。

では、ここからスポーツタイツの選び方や履き方について見ていきましょう。

スポーツタイツの正しい選び方と履き方

正しい選び方と履き方を知れば、スポーツタイツを履きながら着圧レギンスのような効果を得ることも可能です。

行うスポーツに合ったものを選ぶ

ランニング・ジョギング、ウォーキング、テニス、ヨガ、ダンスなどそれぞれに合ったスポーツタイツが販売されています。運動パフォーマンスを向上するために、さまざまなサポート機能がついているスポーツタイツ。力強く足を蹴るランニングとゆっくりと動作をするヨガでは、ひざへの負担や動かしたい筋肉も違ってきますよね。行うスポーツに合ったものを選ぶと、快適に楽しめますよ♪

ひざ・股下にフィットするように履こう

一度に引き上げるのではなく、各部位に合わせて引き上げていくのがポイント。まずは、足首部分をしっかり合わせます。そして、ひざまで履きましょう。ここで、タイツのひざ部分の中心が自分のひざにフィットしているかチェック。ウエストまで引き上げたら、股下がずれていないかチェックしましょう。ひざ周りが左右対称になっていて、ずれていなければOKです。ずれていれば直してくださいね。

ダイエット効果を高めるにはどうする?

トレーニング

着圧レギンスタイプのスポーツタイツを上手に選んで、正しく使用すれば、ダイエット効果アップも夢じゃありません。

スポーツ用に作られたタイツを履く

スポーツ中は乳酸が発生しますが、疲労物質であるため体に蓄積すると疲れが出てしまうんです。スポーツ用の着圧レギンスを履くと、下半身から心臓へと血流を戻す働きを促すことが出来ます。そうすることで乳酸が溜まることを防ぎ、より多くの運動を行うことが可能に。たくさんの運動をすれば、それだけカロリー消費もアップし、ダイエット効果も高まりますよ。

着圧レギンスをずっと履くのは逆効果

運動中は着圧機能があるスポーツタイツを履いた上に、日中に昼用着圧レギンス、就寝中も夜用着圧レギンスを履いていませんか。いくら脚痩せしたい・ダイエットしたいからといっても、ずっと着圧レギンスを履いていることはおすすめ出来ません。

確かに、ふくらはぎの働きを助け血流の流れを促進してくれますが、ずっと履いているとふくらはぎ本来の機能が弱まってしまうことも。人の体は、使わなければそこだけ筋肉が落ちていってしまうこともあります。ダイエットのために運動しているのに、ふくらはぎの筋肉が減ってしまっては意味がありませんよね。着圧レギンスを着用しない時間も設けて、本来の役割をする時間をふくらはぎに与えてあげましょう。

ジョギングにおすすめのスポーツタイツ

全身のボリュームを落としたというダイエットのときには、ジョギングがおすすめ。ジョギング時に使用出来る、着圧レギンスの機能を兼ね備えたスポーツタイツを紹介します。

スポーツ科学に基づくスキンズのタイツ

ウィメンズ ロングタイツ

出典:Amazon

大人かわいい深キョンがアンバサダーを務めているスキンズからは、たくさんのスポーツウェアが販売されています。スキンズから出ているスポーツタイツなら、段階的着圧により筋肉のブレを抑えられ、ケガのリスクを抑えることも可能。ダイエット目的でジョギングを行う女性にとって、紫外線をカットしてくれる素材なのもうれしいポイントです。そんなスキンズのスポーツタイツのなかでも、「DNAMIC ウィメンズ ロングタイツ」はおしゃれなデザインが印象的。機能性とおしゃれの両方を手にすることが出来るアイテムなんです。ラン活している意識高め女子におすすめします♪

 

詳細はこちら

 

計算されたアシックスのスポーツタイツ

アシックス

出典:Amazon

ジョギングにアシックスのシューズを選んでいる人もいるのではないでしょうか。多くの一流アスリートから支持されているアシックスからは、スポーツタイツも販売されています。マラソン後半でスピードがダウンしてしまうことに着目し開発された「MMS LONG TIGHT 2.0」は、太ももの筋肉への負担とふくらはぎと股関節の痛みを軽減。ふくらはぎの着圧で、ひざへのサポートもばっちりのアイテムです。コアベルトの働きで骨盤を正しい位置に戻してくれるのは、ダイエットしている女性にとってうれしいポイント♡

 

詳細はこちら

 

リバーシブル!ミズノのスポーツタイツ

バイオギアタイツ

出典:Amazon

野球やサッカーなど多くのスポーツ用品を扱うミズノからも、魅力的なスポーツタイツが販売されています。「BG9000 バイオギアタイツ」は、ふくらはぎを下から押し上げるように圧が加わることで力強い走りをサポート。リバーシブルデザインになっていて、気分でシンプルなブラック無地とカラーの柄を使い分けられます。迷彩柄もあり、ダイエット中もおしゃれを楽しみたい女性におすすめです。

 

詳細はこちら

 

ヨガやジムにおすすめのスポーツタイツ

ヨガなどで体幹を鍛えることで、しなやかな体の美しい女性になれますよ。ヨガやジムにおすすめの着圧レギンス機能付きスポーツタイツを紹介します。

ワコールが開発したスポーツタイツ

スタイルフリーボトム

出典:Amazon

ワコールが開発したCW-Xは、下着メーカーが培ってきたガードルの技術とスポーツで必要なテーピングの原理とを合わせた製品です。「CW-Xスタイルフリーボトム」は、CW-Xの段階着圧に魅力的な花柄デザインを合わせました。華やかな着圧レギンスがあれば、ダイエットを始めたい女性のモチベーションもアップ。ヨガやピラティスなどに履いていけば、おしゃれな女性として注目されること間違いなしですよ♪

 

詳細はこちら

 

3つのCが叶える快適スポーツタイツ

フュージョンロングタイツ

出典:Amazon

Compression・Conditioning・Comfortの3つのCを叶えることで、究極のタイツを目指したのがC3fitです。段階着圧により運動機能を向上させ、身体機能をケア。肌なじみのいい素材を使うことで、快適さも実現しました。スポーツ時だけでなく、日常生活でも着用しやすいスポーツタイツです。「フュージョンロングタイツ」はストレスフリーな着心地で、ヨガなどのリラックスが必要なエクササイズにもおすすめ♪紫外線カットなので、ジョギングなどのアウトドアスポーツにもぴったりです。

 

詳細はこちら

 

着圧レギンス機能のスポーツタイツが◎

女性なら、一年中美しい女性でありたいと願うもの。スポーツをするなら、着圧レギンスの機能を兼ね備えたスポーツタイツがおすすめです。華やかなデザインのものもたくさんあるので、おしゃれを楽しみながらダイエットに取り組みましょう♡

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -