女性

正しい知識でトラブル回避!除毛クリームの頻度はどれくらい?

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

多くの女性から人気の除毛クリーム。正しい使い方や頻度を守らなければ、赤みや炎症などの肌トラブルが起きてしまうこともあります。今回は、しっかりと効果を実感出来るように、使い方や適切な使用頻度についてご紹介します。

 

処理後の美しさや手軽さから人気の除毛クリーム。腕や足はもちろん、自分では処理しにくい背中なども除毛出来るため、愛用している人も多いですよね。ただ、使い方や使用頻度には、注意が必要です。誤った使い方をしていると、思ったような効果が得られないだけでなく、重大な肌トラブルが起こることも…。今回は、除毛クリームでしっかりと効果を出せるように、正しい使い方や頻度についてご紹介しましょう!

除毛クリームは肌トラブルに注意!?

悩みを解消

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理することは、毛穴にかなり負担のかかる方法。しかも、処理後すぐにチクチクと毛が伸びてきてしまうため、処理頻度も多くなり、肌トラブルになりやすい悪循環になってしまいます。キレイなすべすべ肌を目指してケアをしているつもりが、プツプツと毛穴の目立つ肌になってしまったという悲しい声も少なくありません。そんなムダ毛処理の悩みを解消してくれるのが、除毛クリーム。愛用者たちからは、仕上がりがキレイなだけでなく、処理頻度も少なくなったと大好評なんだとか!

しかし一方で、まったく肌トラブルが起きていないというわけではありません。毛を抜くのではなく溶かすことでムダ毛を取り去る除毛クリームは、それだけ強い成分を配合していることが多いのです。その代表例が、タンパク質を溶かす働きを持つ「チオグリコール酸カルシウム」。除毛クリームの目的である「毛を溶かして除去」に対しては有効な成分ではありますが、皮膚もタンパク質から出来ています。肌の弱い人やアトピー肌の人にとっては、肌トラブルの引き金となる可能性の高い強すぎる成分でもあるのです。除毛クリームを使用した後に、赤みやヒリヒリ感、炎症などの肌トラブルを引き起こすようであれば、肌がダメージを受けているサイン。場合によっては、アレルギー症状を引き起こすリスクもあります。

また、ダメージを受けた肌は、そう簡単に回復するものではありません。見た目には赤みが気にならなくなったからといって、また以前のような頻度で使用を再開すると、処理を重ねる度にダメージが蓄積されることに。症状が軽ければ、市販薬でも治療することは出来ますが、重症化すると皮膚科に通院しなくてはならなくなります。除毛クリームを使うことがあれば、その危険性についてもしっかりと知っておくことが必要。いざというときに対応が遅れては、悪化することもあるため、注意しましょう。

除毛クリームの正しい使い方は?

正しい使い方

ここまで読んできて、「除毛クリームって怖い…」「使うのやめようかな」と思った方も多いかもしれません。しかし、先ほどお伝えしたのは、間違った使用法を行った場合の危険性についてです。正しく使えていれば、かなり効果の期待出来る便利なアイテムのため、安心してください!

ここからは、正しい使い方について見ていきましょう。

使う前にはパッチテストを忘れずに!

肌の強い、弱いにかかわらず、パッチテストは必須。手の内側などの皮膚が弱い部分に、10円玉程度の大きさでクリームを塗って、様子を見てみましょう。一日経って、何も異常がなければOK。ただし、パッチテストは初めの1回だけで油断してはいけません。肌の状態は、体調や季節の変わり目などによって微妙に変化するため、出来れば使用する度にテストをすることをおすすめします。肌が敏感な状態となりやすい生理中・妊娠中は、特に肌トラブルが起こりやすいため注意してくださいね。

説明書に書かれていることを守る

当然ながら、説明書とは違う使用法をすると、その分肌トラブルを起こす可能性も高まります。放置する時間、使用頻度、量など、書かれていることは必ず守りましょう。効果を出しつつ、肌への負担を最小限にするためには、3~7日に1回の使用頻度がおすすめ。肌の強さによって、適切な頻度はさまざまですが、頻繁に使いすぎることは避けましょう。毛の周期の関係もあって、頻度が多ければ多いほど、効果が強く出るというわけでもないのです。肌が弱く、化粧品などでもかぶれたりする人は、月に1回程度の使用頻度だと安心ですね。

処理後の保湿は必ずしっかりと!

先ほどもお伝えしたように、処理後の肌は少なからずダメージを受けた状態。そのため、普段使っている化粧水をそのまま使ったら、肌トラブルが起きてしまうこともあります。出来れば、アルコール成分などの配合されていない、低刺激のものが安心。商品によっては、説明書の中で処理後の保湿ケアについて書かれているものもあるため、必ず確認するようにしましょう。

除毛クリームで肌トラブルが起きるかどうかは、かなり個人差があります。「以前使っていた除毛クリームではトラブルが起きなかったけれど、今回のクリームでは肌が荒れた」「使用頻度を増やしたら、肌トラブルが起きた」ということも、十分あり得ます。正しい使用方法をしっかりと守り、除毛クリームとうまく付き合っていきたいですね!

肌に優しい除毛クリームの選び方

肌が弱い人は、何に気を付けて除毛クリームを選べばいいのでしょうか。ここからは、簡単に選び方のポイントをご紹介しましょう!

女性専用の除毛クリームがおすすめ

除毛クリームは、男女兼用のものがほとんど。ただ、男性も使えるタイプは、太く濃い剛毛まで除毛してくれる成分を配合している場合があります。女性でも毛量が多い人は、男性用をあえて使ったりもしますが、肌が弱い人にはおすすめ出来ません。女性専用のものの方が、肌に優しい成分や美肌成分が含まれていることが多いため、安心して使うことが出来ます。

同じ肌質の人の口コミをチェックする

商品の紹介ページや配合成分を見ただけでは、自分の肌に合うものか判断出来ないという人が多いいですよね。そんなときは、口コミをチェックしてみましょう。中でも、自分と同じような肌質の人から寄せられた口コミは要チェック!実際に購入する前に、ある程度の使用感を判断出来るため、かなり参考になりますね。心配な人は、しっかりと口コミから情報収集しておきましょう。

安すぎる除毛クリームには要注意!

除毛クリームの価格は、幅広いですよね。ネット通販限定の高価なものもあれば、ドラッグストアで気軽に購入出来るプチプラ商品まであります。除毛クリームに慣れた人、肌の強い人は、プチプラなものでも問題なく使えることが多いようですが、肌が敏感な人はやめた方が安心です。プチプラなもの、ドラッグストアで購入出来るものは、さまざまな肌質の人に効果が出るように作られているものが多く、敏感肌向けとして販売されているわけではありません。手軽で安いものを試して、肌トラブルを起こしてしまっては、結局治療費がかかることになりますよね。まずは、やや高めの価格帯のものを購入した方が、安心でしょう。

美肌効果も♡「パイナップル豆乳除毛クリーム」

大人気クリーム

出典:【楽天】パイナップル豆乳除毛クリーム

1万本以上もの販売実績を誇る大人気クリーム「パイナップル豆乳除毛クリーム」。敏感肌向けに、自然由来の成分がたっぷりと配合されています。中でも、美肌成分でもあるイソフラボンを豊富に含む「大豆エキス」が、ムダ毛の一本一本にしっかりと浸透。使用頻度も日に日に減らすことが出来ます。除毛クリーム特有のキツイ香りも軽減。毛穴の黒ずみやチクチク感のない仕上がりが人気の商品です。

 

詳細はこちら

 

自然由来の「鏡花水月除毛クリーム」

鏡花水月

出典:Amazon

「鏡花水月」の除毛クリームは、女性向けに開発された肌に優しい使用感が人気。国内で製造されており、厳しい品質検査を経ているため、品質面でも安心の商品です。アロエエキスやカミツレエキスなど、7種類の自然由来成分を配合しているため、肌への負担が最小限に抑えられます。その割に、剛毛でもしっかりと取り去ってくれる除毛パワーも。保湿成分配合で、使用後もしっとりと潤ったすべすべ肌に仕上げてくれます。

 

詳細はこちら

 

「セシルマイア」除毛クリームが人気!

セシルマイアインバスリムーバー

出典:Amazon

「セシルマイアインバスリムーバー」は、ナノ化した美容成分をたっぷりと配合し、除毛中の肌を強力に保護してくれます。ウォータープルーフ機能によって、入浴中のケアでも十分に効果を発揮出来るようになりました。世界で初めて実現した最速約1分での除毛も人気の理由。まるでボディクリームのような、スイートフローラルの香りも女性に好評のようです。

 

詳細はこちら

 

除毛クリームは毛周期に合わせた頻度で

ムダ毛には、毛周期があります。除毛クリームは、その毛周期に合わせて使うことで無駄なく、効率的に使うことが出来ます。ただ、肌への負担を考えると、毛周期に沿って使用頻度を決めるということもおすすめできません。除毛クリームを使い始めたばかりの人は、「肌への負担」と「毛周期」の両方を見ながら、自分に合った使用頻度を探ってみましょう!

Sponsored Link

関連記事/- Related article -