スキンケア

除毛クリームで肌荒れしたら?応急処置と対処法を知ろう

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

塗って放置。そのあと洗い流したりクリームを拭き取ったりするだけで除毛完了する除毛クリーム。便利でお手軽にムダ毛処理が出来るため、愛用しているという人も多いかもしれません。でも、ある日突然肌荒れを起こしたら?その対処法をご紹介します。

 

自宅で出来るセルフムダ毛処理の方法として、人気の高い除毛クリーム。除毛クリームには毛髪に含まれるたんぱく質を溶かす成分が配合されています。そのため、クリームを塗って置いておくだけで、簡単に除毛完了。お手軽にムダ毛処理が叶う便利なケアアイテムです。しかし、除毛クリームと肌の相性が悪ければ、肌荒れを引き起こすこともあるそう。そのとき、どんな応急処置を取ればよいのでしょうか。除毛クリームによる肌荒れの応急処置を、肌荒れの原因と合わせてまとめてみました。

除毛クリームで肌荒れが起きる原因は?

ストッキング

塗るだけで簡単にムダ毛処理が出来る除毛クリーム。シェーバーやカミソリのように、個人の技術や方法によって肌を傷つけることがないので、お手軽で簡単にムダ毛処理が叶いますよね。除毛クリームの中には、最短2分置くだけで除毛完了する!というものも。

手軽なムダ毛処理方法として人気の高い除毛クリームですが、使用すると肌荒れが起こることもあるそうです。その原因を以下にまとめました。

除毛クリームと肌の相性が悪い…

除毛クリームの中には毛髪に含まれるたんぱく質を溶かす成分、「チオグリコール酸カルシウム」が含まれています。この成分がムダ毛に働きかけ、毛を溶かして除去するため除毛クリームでムダ毛が処理出来るわけですが、注意したいのは、皮膚の主成分もたんぱく質だということ。つまり、除毛クリームには肌を溶かしてしまう力もあるのです。

除毛クリームによる肌荒れの原因は、奇しくもムダ毛を除去する重要な成分「チオグリコール酸カルシウム」とされています。また、肌が元から敏感肌である・弱い・乾燥しがちといったトラブルがあれば、より肌荒れが起こる可能性は高いでしょう。

除毛クリームの中には、この「チオグリコール酸カルシウム」の働きを保ったまま、保湿成分や植物成分を配合し、肌に優しく敏感肌にも使えるようなものもあります。肌トラブルに悩まされている人は、元より敏感肌タイプの除毛クリームを使うと肌荒れが防げそうですよね。しかし、除毛クリームの選び方を間違えてしまい、肌と相性の悪いものを使用すると、肌荒れにつながってしまうのです。

そういえば最近、体調不良気味…

一見関係ないように思える体調不良と除毛クリームによる肌荒れ。しかし、普段使用していて、除毛クリームの使用テストを自身の肌で試したにも関わらず、ある日突然肌荒れを起こしてしまうこともあります。これは、本来の肌のせいではなく、一時的に起きた体内コンディションの悪さが影響したものと考えられるでしょう。

体調不良のせいで体力が低下したり、気力が失われたり…。こういった症状もありますが、肌荒れも同じように体調不良の症状のひとつ。そのため、体調の悪さから肌が敏感になっていたり、弱っていたりする様子があれば除毛クリームの使用は見送るか、お休みした方がよさそうです。また、女性のホルモンバランスによっても除毛クリームの使用がおすすめ出来ない時期がありますが、これは後ほど詳しく説明します。

肌荒れが起きた!応急処置を知ろう

肌荒れ

除毛クリームを使用したあと、かゆみが出たり肌が赤く腫れてしまったり…!そんな事態が起きたときに、すぐに行いたい応急処置をご紹介しましょう。

肌荒れ部分に軟膏を使って応急処置

肌に異変を感じたら、すぐに除毛クリームの使用を中止します。クリームを肌に付けていたら、洗い残しがないようにしっかりとお湯や水で流します。この時、タオルなどで拭いて落とすと除毛クリームがかえって皮膚に広がってしまうこともあるので、注意してくださいね。そのあとは、荒れた肌の部分に軟膏を塗りましょう。

可能であれば皮膚科にかかり、医師の判断で投薬を開始するのがおすすめです。しかし、肌荒れが起こった時点で病院に行くことが叶わないときは、薬剤師のいるドラックストアなどで症状を伝えて、肌荒れに有効な軟膏を使用するのがいいでしょう。手持ちの軟膏で応急処置も出来ますが、肌荒れの種類によっては軟膏で症状が悪化することも考えられるので、十分注意が必要です。

乾燥は保湿すると症状が和らぐことも

除毛クリームでムダ毛処理をした後、カサカサしたりかゆみが出たりする肌荒れは乾燥が原因の場合があります。これは、除毛クリームの成分がムダ毛を除去する際に、皮膚表面の水分を奪ってしまったからだと考えられるでしょう。この時は、除毛クリームを使用してしばらく肌を休ませた後、応急処置として乾燥した部位にうるおいを与えてあげましょう。保湿クリームや保湿ジェル、ボディクリームを使用して肌をいたわってあげると、症状が和らぐこともあります。

しかしその後も同様の症状が繰り返される場合は、除毛クリームの使用を止めましょう。素人判断で除毛クリームを使い続けたり、保湿のみの応急処置に頼っていたりすると、症状が悪化することも考えられます。病院の専門医などに診てもらうことをおすすめします。

肌荒れが起きたら、冷やす?温める?

ジェル

肌荒れの種類にもよりますが、除毛クリームによる肌荒れは毛穴部分が赤くなったり、皮膚全体が赤くなったりと、炎症反応が見られることがあります。この炎症した状態は、温めて血流を促すと逆効果になってしまうのです。

よって、肌荒れを起こした部分の症状を抑えるためには、応急処置として肌を冷やしクールダウンさせることが大切。とはいえ、湿布やビニール袋に入れた氷を皮膚に当てるといった、皮膚に刺激を与える方法での冷やし方はおすすめ出来ません。流水で冷やすなど、出来る限り皮膚への刺激が少ないやり方で冷やしてあげてくださいね。

除毛クリームの肌荒れを防ぎたい!

洗顔フォーム

除毛クリームが引き起こす肌荒れを防ぎ、うまくムダ毛処理に活用する方法はあるのでしょうか。肌荒れを防ぐためにおすすめしたいのが、除毛クリームを使用する前に行うパッチテストです。

除毛クリームを手に入れて、さっそくムダ毛処理開始!その前に肌と除毛クリームと肌が本当に相性いいのかを見極めるものなので、面倒に思う人もいるかもしれません。けれども、どの除毛クリームにも初めにパッチテストをするよう、注意書きがしてあります。

その方法を以下にまとめました!

  • 脱毛したい部位に、少量だけクリームを塗る
  • 除毛クリームの使用説明書通り一定時間置く
  • 洗い流す、もしくは拭き取る
  • 直後の肌の経過を見る。出来れば1日ほど様子見をして、異常がなければOK

このパッチテストで問題があれば、その除毛クリームはあなたの肌と相性が悪いのかも。肌のコンディションが悪いときも赤みやかゆみが出やすいので、その場合も使用は中止しておきましょう。

肌荒れとホルモンバランスの関係

普段使いの除毛クリームでも、体内のコンディションが悪かったり、ホルモンバランスが崩れていたりすると、「この前は大丈夫だったのに、今回はおかしい…」といった異変が起こることもあります。

女性は、生理周期によってホルモンバランスの乱れが引き起こされることが分かっています。個人差がありますが、一般的に生理中はホルモンが乱れ、肌が敏感になる人が多いそう。

生理前後に、吹き出物やニキビが増える!という人も、中にはいるかもしれませんね。そのため、除毛クリームに配合された除毛成分の強さに肌が負け、普段であれば起きない肌荒れが確認されてしまうかもしれないのです。

除毛クリームは、商品によっては生理中の使用を推奨していないものもあります。元から生理中の肌荒れが分かっている人は、除毛クリームもその期間お休みした方がよさそうです。

生理中に起きた肌荒れの応急処置も、先ほどご紹介した方法で対処しましょう。ひどい肌荒れが起きた場合は、自己判断で治そうとせず、病院に行くことをおすすめします。

肌荒れしにくい除毛クリームとは?

化粧品

除毛クリームの中に含まれる成分は、商品によってさまざま。なかには、敏感肌や子どもにも使える除毛クリームもあります。これらのクリームは、植物成分や保湿成分が含まれており、肌に優しい除毛クリームを目指しているようですよ。

これら成分に着目すると同時に、除毛クリームの購入サイトやネットに寄せられた口コミ・使用レビューをもとに、自分のお気に入りの除毛クリームを見つけてみてはいかがでしょうか。

完全に肌荒れしない除毛クリームは、正直なところ肌のコンディションに個人差があり、適した除毛クリームが人によって異なることから、絶対にあるとは言い切れません。けれども、自分の肌と相性のいい除毛クリームを活用して、ムダ毛処理に役立ててみてくださいね。

正しい応急処置で肌荒れを防いで!

除毛クリームはムダ毛処理に役立つ、強力なアイテム。だからこそ、薬剤によって肌が負けてしまうこともあるようです。肌に異常が起きたときは、正しい応急処置を行って鎮静化を図りましょう。ひどい肌荒れを起こしたときは、すぐに病院へかかることをおすすめします。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -