辛い冷え性は早めに対策しよう!よくある原因と改善策を教えます♪

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

女性に教えたい冷え性の対策方法をわかりやすくまとめています。冷え性を起こしてしまう原因や冷え性にオススメのグッズも紹介していますので、手・足・腰などの冷え性に悩む女性はぜひご参照下さい。普段の生活習慣の中でも気軽に対策できる方法がたくさんありますよ。

 

冷え性は女性の天敵です!

よく「冷え性だから~」と言っている人もいますが、そもそも冷え性というものを正しく理解しているのでしょうか?

意外と正しく理解していない女子も多いので、このページでは、冷え性だった私の経験を活かして、冷え性の原因から正しい対策・改善方法について紹介したいと思います。

ここで紹介している内容をご覧頂いた後に、「やっぱり私は冷え性だった」と思った方は、早めに対策する事をオススメします♪

そもそも冷え性ってなに?

そもそも「冷え性」ってなんだろ…と思っている方もいると思いますが、実は冷え性そのものにハッキリとした定義はありません!

冷え性を簡単に説明すると、四肢末端、上腕部、大腿部などに冷えを自覚症状として感じている状態の事です。

冷えを感じているのは事実なので、勘違いという事はありません!実際に冷えを感じている部分を触ってみても冷えていると思います。

詳しい症状については後述させて頂きます。

冷え性の原因について調査してみた

私の冷え性の体験を話しても良いのですが、恐らく基本的な自覚症状は皆さんと同じだと思います。

なので、ここからは皆さんにわかりやすくご理解頂くために、冷え性で考えられる原因を項目別に紹介していきます。

「どんな事が原因で冷え性になっているんだろう?」と疑問に思っている方は参考にしてみてくださいね。

【原因①】運動不足

冷え性の原因その1は、運動不足です。

人間が生活する上で筋肉というものは欠かせない存在です。筋肉が無いと歩く事さえできません!

そして、この筋肉には熱を発する役割があるので、単純に筋肉が無いと熱を発しにくい体質になってしまい、結果的に冷え性になってしまうという事です。

ガッツリとトレーニングする必要はありませんが、冷え性の原因となる可能性があるという事は覚えておこう。

【原因②】食生活にも気をつける事

冷え性の原因の1つとして、普段の食生活も少なからず関係しています。

意外と知らない方も多いですが、普段からなにげなく食べている食材は

・体を冷やす食べ物
・体を温める食べ物

この2種類に分ける事ができます。

なので、知らぬ間に”体を冷やす食べ物”を摂っているだけでも冷え性になってしまう可能性を高めているという事です。

※対策&改善の項目で具体的な食材について紹介しています。

【原因③】自律神経の乱れ(緊張・不安・ストレス)

自律神経の乱れと冷え性は大きく関わっています。

そのため、自律神経が乱れれば冷え性になる可能性が高いですし、逆もしかりで冷え性になると自律神経が乱れやすくなってしまう可能性が高くなります。

特に多い原因としては、不安・緊張・ストレスなどが挙げられます。

これらは、精神的にも身体的にもよくありません。

普段からストレスを発散するように習慣づけて、気持ちがリラックスできる状態を作っておくことが大切です。

【原因④】タバコの吸い過ぎ

冷え性は血行不良でも起こる場合があります。

血行不良にもいろんな原因があり、病気を患っている事もあれば、タバコなどが原因で血液の循環が悪くなっていることも考えられます。

女性の場合、男性に比べると喫煙者は少ないイメージがありますが、それでも女性の喫煙者を見かける事がありますので、喫煙者で冷え性を感じている方に関しては、まずは禁煙する事をオススメします。

冷え性になるとこんな症状が起こる

では、ある程度の原因が理解できたところで、冷え性になるとどんな症状が起こるのか?

単なる体の冷えだけなのか?

冷え性で起こり得る症状を以下にまとめてみましたので、対策する為の参考情報としてご参照ください。

  • 胃痛
  • 便秘
  • しもやけ
  • 腰痛
  • 神経痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ

これらの症状を感じている方は、冷え性である可能性が高いです。

現時点で、少しでも実感しているのであれば早めの対策をオススメします。

こんな方は冷え性の可能性が高いです

以下に挙げたことを実感している方は、冷え性の可能性大です!

症状が悪化する前に対策しましょう!

  • 足・手・腰などの身体の一部に冷えを感じている。
  • 周りの人と比較して寒がりなほうである。
  • 夏場などの暑い季節でも足が冷える事がある。
  • 体感温度が低いと感じている。
  • 夏場でもTシャツ一枚だと寒く感じる事がある。

原因を理解したらしっかりと対策&改善しよう

冷え性で悩んでいる女性の皆さん、ここからが本題です!

症状・原因・自覚出来る部分などはすでに把握できていると思いますので、後は対策方法を理解するだけです。

私が実際にやっている事を踏まえて紹介していきますので、冷え性女子はぜひご覧ください!

毎日簡単にできるストレッチ

1つ目はストレッチを行う事による冷え性対策です。

ストレッチするだけでも体が温まりますので、毎日気軽に継続してできるストレッチを実践していきましょう。

“継続は力なり”と同じで、毎日のストレッチで冷え性を改善する事ができます。

ポイントとしては、血管を伸ばすようなストレッチを取り入れると良いです。

冷え性に効くツボを刺激する

冷え性対策にはツボ押しもオススメ!

人の身体には数多くのツボが存在しています。その数実に数百以上!

冷え性に効くツボとしては、

・太谿(たいけい)
・気海(きかい)
・八風(はちふう)
・胞肓(ほうこう)
・合谷(ごうこく)

などのツボが挙げられます。

※お風呂上りやお酒を飲んだときなど、血行が良くなっている時は控えて下さい。

体を温める効果のある食べ物を食べる

先程、原因の項目でも挙げさせて頂きましたが、食べ物には体を温める効果のあるものとそうでないものがあります。

以下に、それらの食べ物をまとめてみたので、体が冷える食べ物はできる限り控えられるように明日からでも意識してみよう♪

【体が温まる食べ物】
・豆、干物、加熱したもの、水、お茶、ニンニク、コショウ、納豆、玉ねぎ、山芋、鶏肉…etc
【体が冷える食べ物】
・生野菜、果物、トマト、キュウリ、ゴーヤ、バナナ、スイカ、コーヒー、酢、牛乳…etc

適度な有酸素運動

冷え性対策の1つとして有酸素運動も有効です!

無理に激しい運動はする必要がありません。適度に気軽にできるランニングやウォーキングだけでもOKです。

運動不足の方には血行が悪い方が多いです。

血行を促進する事で体も温まりやすくなるので、有酸素運動などを取り入れてみると良いでしょう。

ストレスも適度に発散させる

ストレスや緊張などは、ホルモンバランスの乱れや交感神経の乱れに繋がります。

家事、仕事、人間関係などでストレスを抱えやすい方は、ため込み過ぎずに適度に発散する事が大切です。

読書したり、ジムに通ったり、趣味に没頭したり、何でも良いので自分がリラックスできる状態を作れるようにしておきましょう。

自律神経の乱れは冷え性だけでなく、体の健康を損なう恐れがありますので、まずはストレスを発散させる方法を考える事も冷え性の対策へと繋がります。

お風呂で体を温める

体を直接的に温めるならお風呂やサウナなども効果的です。

サウナだと長時間は辛いと思いますので、できれば常温より少し温かいくらいのお風呂に使って体を温めるのがポイント。

長風呂が好きな女子はいっぱいいると思いますが、熱すぎるお湯はNGです!

一気に汗を出すのではなく、じんわりと汗を流してく事が血行促進に繋がりますので、その点を意識していきましょう♪

女性に人気♪冷え性にオススメのグッズをご紹介!

冷え性の対策方法については、概ねご理解頂けましたか?

基本的には誰でも気軽に実践できる方法なので、そこまで苦に感じないと思います。

更に、冷え性を改善する方法として、上記で述べた対策方法に+αで冷え性対策用のグッズを使うのもオススメです♪

私がオススメしたい冷え性対策グッズもいくつかピックアップしてみたので、こちらも参考程度にご覧ください♪

<5本指フィットカバー>
【価格】1,300~【特徴】絹、ナイロン、ポリウレタン【対象部位】足元の冷え性対策
<ふくらはぎきゅきゅっとサポーター>
【価格】2,000円~【特徴】ナイロン、ポリエステル、綿、アクリル、ポリウレタン【対象部位】ふくはぎの冷え性対策
<シルクであったか保湿手袋>
【価格】1,700円~【特徴】絹、ナイロン、ポリウレタン【対象部位】手の冷え性対策
<ビーズ式足温器>
【価格】4,300円~【特徴】ナイロン、ポリウレタン、ポリエステル【対象部位】足首下の冷え性対策
<オーラ岩盤 肩背中あったかサポーター>
【価格】3,200円~【特徴】ポリエステル、ポリエステル(天然鉱石オーラストーン含有)【対象部位】背中・肩の冷え性対策

冷え性の悩みを改善して気持ち良い生活を送ろう♪

このページで紹介させて頂いた冷え性の対策方法や原因は、冷え性で悩む女性の手助けになると思います。

実際に私が経験したことも踏まえて紹介していますので、皆さんにもお試しいただければ嬉しいです♪

冷え性だけでなく、健康で美しい体作りにも必要なことでもあるので、特に対策方法の項目に関しては注目してチェックしてみてくださいね。

これを読んだ方が冷え性を改善できることを願っています。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -