骨盤矯正

身体に良いことたくさん!自宅でできる骨盤矯正とその効果を紹介

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

骨盤が歪むと健康や美容に影響があるというのは、何となく知っている人も多いでしょう。骨盤が歪むことで体にとって良くないことはたくさん起こってしまいます。そんな骨盤の歪みを自宅で矯正する方法があるのなら、試してみたいと思いませんか?

 

骨盤矯正ダイエットという言葉もよく目にするほど、骨盤というのは体調や美容を意識する上で欠かせない部位です。もし骨盤が歪むと、体にとって悪い影響も出てしまうのでできるだけ歪まないよう姿勢良く過ごすことが大切。しかし、毎日の仕事や通勤で自然と骨盤が歪むことがあるので、そんな時は自宅で出来る骨盤矯正を試してみましょう。その効果や方法なども詳しくご紹介します。

骨盤が歪むと起こる症状

まず、骨盤が歪むことでどんな症状が起こるのでしょうか。健康や美容など様々な面に影響があります。

むくみ、冷え性

女性はむくみや冷え性に悩む人が多いですが、実は骨盤の歪みからこういった症状が出てしまうこともあります。骨盤が歪むと体のバランスが崩れてしまい、それによって血流を妨げたり新陳代謝を低下させたりすることがこの症状に繋がります。もし、季節に関係なく冷える、マッサージでもむくみがなかなか取れないという場合は、骨盤の歪みが原因かもしれません。

肩こり、腰痛

骨盤が歪み体のバランスが崩れ血行が悪くなると、肩こりや腰痛といった症状も出てきます。軽いストレッチやマッサージで治る程度なら問題ないですが、慢性的でマッサージも効きにくい場合は骨盤矯正が必要なレベルまで来ている可能性があります。

便秘

こちらも悩んでいる女性が多い症状ですが、実は骨盤の歪みが原因となっていることがあります。骨盤が歪んで開いた状態になってしまうと、内臓が正しい位置でなくなってしまい圧迫されそれが便秘に繋がることがあるのです。また、便秘以外にも内蔵の不調が起こりやすい状態になってしまうでしょう。

女性特有の悩み

実は骨盤が歪むと、重い生理痛や生理不順、卵巣機能の衰えなど女性特有の悩みに繋がってしまうこともあるのです。女性の骨盤の中には子宮や卵巣などが収納されているため、骨盤が歪むとそれを圧迫し感じる痛みが強くなりやすいのです。

骨盤矯正すると色々な効果が!

そんな様々な影響がある骨盤の歪みですが、骨盤矯正をするとどんな効果が期待できるのでしょうか?

体調の改善

骨盤矯正で骨盤を正しい位置に戻すと、次第に内蔵も正しく機能し始めます。そうすると便秘や内臓の不調が緩和されて、より健康な状態に近づくことが出来るのです。

血行促進による効果

骨盤の歪みで悪くなった血行を骨盤矯正で改善すると、むくみや冷え性、肩こりや腰痛なども改善されます。血行が悪くなると、他にも頭痛などになりやすいですが、そういった症状の改善も期待できるでしょう。

ダイエット効果

骨盤矯正が直接痩せるというわけではありませんが、骨盤矯正をするとダイエット効果も期待できます。骨盤が正しい位置に戻ると血行促進による新陳代謝アップや、内臓が正常に機能することにより老廃物がたまりにくい体質になるからです。骨盤矯正プラス食事や運動でのダイエットをすると、高い効果が期待できるのです。

生理痛などの改善

骨盤矯正で子宮や卵巣が正常な状態に戻ると、生理痛など女性特有の悩みも軽減されることがあります。強くなっていた痛みが軽くなったり痛みがなくなったりと、月に一度の悩みが少なくなれば気分も晴れますよね。

自宅でできる骨盤矯正のやり方

骨盤矯正はお店や治療院などで受けることが出来ますが、やはり継続的に通わなければいけないため時間的にも金銭的にも負担が大きくなってしまいます。だからこそ自宅で出来る骨盤矯正をマスターして、美と健康を自宅でゲットしてしまいましょう。

背骨周辺の筋肉を緩める体操

1.仰向けになり丸めたタオルを腰の下に入れる。
2.バンザイをする格好で両手をゆっくりと伸ばす。
3.伸ばし終わったら手を元の場所にゆっくり戻す。

2と3の動きを10回ワンセットとして1日2セットおこないましょう。

脚ひねりストレッチ

1.仰向けに寝たら足の裏を床に付けた状態で両膝を立てる。
2.膝同士をくっつけたままゆっくりと息を吐きながら脚を倒す。肩が床から離れないように注意しましょう。
3.息を吸いながら脚を元の位置に戻す。
4.次に左側も同じように行う。

これを1日10セット行うようにしましょう。
最初は痛みを感じるかもしれませんが、無理せずにおこなうようにしてください。

ゆらゆら体操

1.仰向けになったら膝を曲げる。
2.両膝を両腕で抱え込む。
3.そのまま体を前後にゆらゆらと揺らします。

とても簡単な方法ですが、最初はきついかもしれません。
3分前後を目安に体操してみましょう。

半月ポーズ

1.両脚を揃えて真っ直ぐに立ったら、両腕を伸ばして頭の上で合わせる。
2.ひじとひざを曲げないように上半身を右にゆっくりと倒す。
この時腰が動かないように注意してください。
3.これ以上曲がらないと感じるところで止める。
4.ゆっくりと体を元に戻したら、反対側も同じように倒す。

左右で1セット、1日10セット前後行いましょう。

お尻歩き体操

1.脚を伸ばした状態で座る。
2.そのまま体を左右にひねりお尻を使って前に進む。
3.10秒前に進んだら10秒掛けて元の位置にバックする。

この動作を5回繰り返してください。
片方の骨盤ばかり使うのではなく、両方の骨盤を使うように意識しましょう。

自宅での骨盤矯正で注意すること

自宅で骨盤矯正をする時にまず気をつけたいのは、無理をしないことです。痛みや違和感があるのに無理してしまうと、腰や背中を痛めてしまう可能性があります。そして、自宅で行う際はできるだけ毎日行うようにしてください。一度おこなえばすぐに骨盤矯正できるわけではないので、自宅でコツコツが基本です。

効果が現れるまで時間がかかる場合もあるので、焦らずにやってみましょう。また、1つのストレッチや体操だけではなく、いくつも組み合わせてみると効果が現れやすいかもしれません。

自宅での骨盤矯正だけではなく普段から意識することも大切

自宅で骨盤矯正をすることでも効果は期待できますが、普段から骨盤が歪まないよう姿勢や歩き方などに気をつけることも大切です。骨盤が歪む前に予防するというのが基本なので、それを意識して過ごしてみましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -