美容関係の資格10選

持ってて損なし!仕事にも趣味にも使える美容関係の資格を10選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

手に職をつけることで将来安心というのは、言われており、一理あるのではないでしょうか。技術を持っているかどうかで、仕事の幅や趣味の幅というのは大きく左右するからです。女性なら、美容関係の資格を持っていると趣味に仕事に楽しくなるはずです。

 

美容に興味や関心のある女性なら、一度は美容系の資格を取ろうと思ったことや美容系の趣味をしてみたいと思ったことがある人も少なくないはず。美容系の技術というのは、機械に任せられないようなものばかりなので将来的にも持っていて損はないのです。もしこれから美容系の資格を取ろうと思っている人、趣味でやろうと思っている人がいるのならどんな資格があるのかをチェックしてみてください。

美容資格とは?

美容資格というのはその名の通り「美」に関わる技術を取得することです。外見はもちろん、ダイエットや美に関するアドバイスなど内面や知識を磨くような資格もあります。美容系の資格は、持っているとそのまま仕事に活かせるものが多いですが、趣味として取得している人も少なくありません。

仕事のための資格となると、ある程度の時間やお金がかかることもありますが、趣味の資格であれば簡単にチャレンジ出来るものもあります。あなたの目的に合わせて、どんな資格を取るのかを考えてみると良いでしょう。

趣味で気軽に取れる資格

では、まず趣味として気軽に取得できる美容系の資格をご紹介します。今年中になにか目標を持って達成したいという人にもおすすめです。

公認ファスティングカウンセラー

ファスティングというのは簡単に言うと「断食」のことです。ファスティングをすることで「デトックス」「体質改善」「ダイエット」などの効果が期待できます。公認ファスティングカウンセラーは、ファスティングについての知識を身につけ体の中から美容をサポートできる資格です。

公認ファスティングカウンセラーは、なんと5時間の研修とレポートの提出をすれば取得出来る資格なのです。一日あれば十分取得は可能なので、手軽ですし美容に興味のある女性なら知識を身につけておいて損はありません。断食も間違ったやり方をすると危険な場合があるので、資格を持って周囲の人にもアドバイスすれば喜ばれるでしょう。

日本化粧品検定

日本化粧品検定は、女性が毎日触れる「メイク」に関わる美容系の資格です。美容皮膚科学、化粧品の基礎知識、法律などの専門家が監修した内容に基づき、化粧品や美容の知識を得るための資格です。成分や肌へのダメージなど、化粧品を使うことでのリスクなども知識として身につけるのです。

元々美容系の分野で仕事をしている人が取得することもあるため、趣味とは言え自分のためにも役立つ資格でしょう。3級から1級まであるので、徐々にスキルアップしていくことも出来るのでやりがいを感じるでしょう。3級に関しては無料のネット検定で所用時間20分という速度での取得が可能です。

ダイエット検定

ダイエット検定は、女性が気にしているダイエットの正しい知識を身につける資格です。2級、1級、ダイエットインストラクターとあり2級と1級は併願も可能です。合格率は70~80%と比較的高めで、テキストの勉強で取得できます。

モデルからミュージシャンといった芸能人も多く取得している資格で、今注目され始めています。ダイエットインストラクターまで取得すると、専門家並の知識になるのでスクールの講師やセミナーの講師などといった職業に活かすことも可能なのです。自分のダイエットのための知識にもなるので、間違ったダイエットをする前に受けてみては?

栄養検定

美容やダイエットのために欠かせない知識として、食事から摂取する栄養が挙げられます。栄養検定は食品がどのように消化・吸収・代謝されるのかなど、栄養について広い知識を身につけられる美容系の資格です。趣味で料理をしている人も、この資格を持っていると食品の組み合わせなど、更に料理の幅が広がることもあるでしょう。

入門コースと初級コースがあり、初級コースは栄養に関する基礎的な知識についての資格です。入門コースは栄養に関する分野ごとの知識についての資格など、少し進んだ内容になっています。どちらも公式テキストからの出題がメインなので、趣味の範囲で取得することが出来るでしょう。

色彩検定

女性のメイクやファッションには「色」が欠かせません。色の組み合わせや色による印象の違いなどで、メイクやファッションに悩む女性も多いですよね。そんな色に関しての知識を身につけられるのが、色彩検定なのです。色彩検定は3級から1級があり、合格すると「色彩コーディネーター」の称号を得られます。

また、色はメイクやファッションなどの美容方面はもちろん、インテリアなどの生活に関する部分でも役立つものです。普段自分が身につけるもの、暮らす場所に関わるものなので趣味の感覚で楽しく取得することが出来るはずです。

仕事に役立つ資格

せっかく資格を取得するのなら、趣味だけにとどまらず仕事にも活かしたいと思っている人もいるでしょう。そんな人にオススメの仕事に役立つ資格をご紹介します。

美容師

美容系の資格と聞いて、一番に美容師を思い浮かべる人も多いはず。シャンプーからヘアカット、カラーやパーマなど幅広い知識や技術を必要とする資格です。美容学校や養成施設での課程を修了しなければ受けられない資格なので、時間もお金も要する資格ですが長く続けられる仕事でもあり将来性が高いです。

ただ、合格した後も現場でたくさんの研修やテストなどがあり、スタイリストと呼ばれる一流の美容師になるまでもたくさんの努力と時間が必要です。もちろん一度社会人になってから美容師の資格を取得している人もいるので、年齢などで諦める必要はないでしょう。

ネイリスト技能検定試験

指先のオシャレと言えばネイルですが、そんなネイルの知識と技術を習得するのがネイリスト技能検定試験です。3級から1級まであり、2級以上はネイリストとして活躍できる資格です。今現在趣味でセルフネイルをしているのなら、資格を取るために勉強してみると良いかもしれません。

自宅開業も可能な資格なので、将来自分のお店を持ちたいと考えている人にもおすすめです。もちろん1級になるとトップレベルのネイリストとして必要とされる知識や技術が必要なので、勉強や技術を磨くことは怠ることが出来ません。

認定エステティシャン

女性の美しさを引き出してくれるエステティシャン。そんなエステティシャンの資格は、エステでの仕事やサロン開業などに役立つ資格です。エステティシャンセンター試験に合格し協会認定校での300時間の課程の修了か、実務経験3年以上を有する人が受けられる資格です。

知識も技術も必要とされる資格なので、勉強や練習を欠かすことが出来ません。また、認定エステティシャンの資格の上には認定上級エステティシャンという資格もあり、これを取得するとエステティックに関する理論や技術のすべてを取得したことになります。

ヨガインストラクター

健康や美容のために習っている人も多いヨガですが、そのインストラクターを目指せる資格がこちらです。ポーズや呼吸法はもちろん、生理学や骨盤調整などの知識を習得しヨガスクールの講師として仕事が出来る資格です。

2級はヨガインストラクター養成のカリキュラムを修学している者、そして1級は2級取得とヨガインストラクターとしての実務経験が1年以上あって受験資格が得られます。ヨガに何年も通っているような人なら、比較的取得に抵抗がない資格かもしれません。

日本メイクアップ技術検定試験

日本メイクアップ技術検定試験は4級から1級まで取得できる資格で、1級程度になると海外でも活躍出来るほどのメイク技術を身につけることが出来ます。ただし1級の合格率は20%程度となっており、非常に難しく狭き門であると言えるでしょう。

4級では顔の分析や色彩学、メイクの基礎知識などを取得できるので普段のメイクにも役立てるくらいの知識を得ることはできそうです。将来的にメイクの仕事をしたいと思っているのなら、取得した方が有利になる資格でしょう。

資格取得でより美しく

美容系の資格というのは、人を美しく健康にするためだけではなく自分自身の健康や美容にも役立つものばかりです。仕事にするつもりがなくても、知っておいて損はない知識ばかりなので、何か資格を持っていたいというのなら美容系の資格を検討してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -