ムラシャン

髪色を長持ちさせたい人必見!”ムラシャン”の効果とは?

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

髪の毛をブリーチしている人や染めている人なら、一度は「ムラシャン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。名前は聞いたことがあっても、どういったものか知らないという人もいるようです。そんなムラシャンについてご紹介します。

 

とくに髪の毛の色を抜くブリーチや明るめのカラーにしている人は、ムラシャンを使ったことがある人も少なくないはず。そんなムラシャンですが、使うことでどんな効果が期待できるのでしょうか?また、髪のために悪い効果がないのかなど、様々な角度からご紹介します。これからムラシャンを使ってみようかなと思っている人も、ぜひ参考にしてみてください、

ムラシャンの効果とは?

ムラシャンというのはムラサキシャンプーの略であり、その名の通り紫色をしているシャンプーです。日本人の黒髪は、ブリーチをしても黄色味が残ってしまいやすく、それが汚い印象を与えてしまうのです。そんな黄ばみを消すのが紫色でありムラシャンなのです。

だから、髪の毛を黄ばみのない金髪にしたい人、白っぽくしたい人、またアッシュ系などの黄ばみを抑えたカラーをしている人はムラシャンを使うことで、色がきれいになったり長持ちしたりと良い効果が得られるでしょう。

ムラシャンを使わない方が良い人

カラーや髪色を美しくしてくれる効果のあるムラシャンですが、実は中には使わない方が良い人もいます。一体どういう人がムラシャンを使わない方が良いのかをチェックしていきましょう。

髪のダメージが強すぎる人

ムラシャンは種類にもよりますが基本的にあまり泡立ちが良くないです。泡立ちが悪いと髪同士が擦れて摩擦が大きくなってしまい、更に髪を痛めてしまう可能性があるからです。もしハイダメージでもムラシャンを使う場合は、きちんと泡立つくらいたくさんムラシャンを使った方が良いでしょう。

乾燥が激しい人

髪が乾燥していると、濡らした時にきしんだり乾かした時にパサパサになったりしてしまいますよね。ムラシャンは種類によって、髪がきしみやすいものがあります。そのためただでさえパサパサした髪がより乾燥してきしみやすくなってしまうのです。この場合は他のシャンプーと併用したりトリートメントをしっかりと行ったりすると良いでしょう。

お風呂場を汚せない人

ムラシャンが紫色なのは、シャンプーの中に紫色の色素を入れているからです。当然ではあるのですが、そのシャンプーがお風呂の壁や床に付いたままになると色が残ってしまうのです。すぐに流せば問題ない場合がほとんどですが、できれば人の家やホテルなど汚れては困る場合には使わない方が良いでしょう。

肌が弱い人

ムラシャンには色素が入っているので、お肌が敏感で弱い人にはそれが良くない影響を及ぼすこともあるようです。中にはムラシャンで頭皮が痒くなったという人もいるので、お肌の弱い人はまずパッチテストなどをして使っても問題ないかどうかを確かめたほうが良いでしょう。

ムラシャンの頻度と使い方まとめ

それでは、そんなムラシャンですが実際に使う場合どのような使い方や、どのくらいの頻度で使えばよいのかをご紹介します。

基本的な使い方は普通のシャンプーと同じ

ムラシャンと言っても普通のシャンプーと違うのは色素くらいですから、使い方も大きく変わりません。まずお湯で髪の毛の汚れをある程度落としたら、手にとって少し泡立てて髪の毛を洗います。色を全体にしっかりと付けるために、しっかりとなじませて揉み洗いし髪を軽く梳かします。

そしてムラシャンの効果をより高めるためには、ここで泡パックのように5~10分ほど置いて色をしっかりと馴染ませてください。その後はムラシャンが残らないようにしっかりとすすぎ、トリートメントやコンディショナーを使って髪を保護しましょう。

ムラシャンを使うタイミング

もちろんムラシャンを毎日使ってもよいのですが、もし髪の毛や頭皮に違和感があるのなら間隔を開けて使用しましょう。大体1週間に1~2回使用すれば効果は得られるようです。なので、それ以外の日は髪のダメージを抑えたり保湿をしてくれたりするシャンプーを使い、髪の毛の状態を良くするように意識してみてください。

泡立ちやムラが気になる場合

泡立ちしにくいムラシャンですから、上手く髪全体に泡が行き渡らず色ムラになってしまうこともあるようです。そういう場合はドラッグストアや100円ショップなどで売っている泡立てネットを使い、先に泡立ててから使うようにしましょう。とにかく泡立てることがとても大切なので、色ムラを作らないためにも注意してみてください。

色持ちならシルバーシャンプー?!

実はこういった色素の入ったシャンプーというのは他にもいくつかカラーがあり、赤やピンク系の色を持続させる「ピンクシャンプー」、ムラシャンと同じようにアッシュやシルバー系の色を持続させる「シルバーシャンプー」などが有名です。

実はアッシュ系やシルバー系の色持ちがよいのは、ムラシャンよりシルバーシャンプーだと言われています。ムラシャンよりも色が濃い目で入りやすいので、しっかりと色付けすることも出来ます。ブリーチしている髪に使うと、ほんのりシルバーが入ることもあるようなので興味があれば使ってみると良いでしょう。

オススメのムラシャン

実はムラシャンも様々なメーカーから発売されているので、一つだけ使って髪に合わないとか効果がないと諦める必要はありません。いろいろと試して自分に合うムラシャンを見つけてみましょう。

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン

カラーバターで有名なエンシェールズのムラシャンは、もっともポピュラーなアイテムで効果を実感している人も多いようです。明るめのカラーをしている人なら、一度は見かけたことがあるのでは?

ムラシャン

出典:amazon

ロイド カラーシャンプームラサキ

ロイドはポンプ式のシャンプーなので、使いやすいというのがおすすめの理由です。300mlの小さなものも発売されているので、お試しとして使ってみたいという場合はそちらを試してみると良いでしょう。

ムラシャン2

出典:amazon

YSパーク ホワイトルックシャンプー

元祖ムラシャンと言えばこちら。美容院でも扱われる事が多いブランドなので、安心して使うことが出来ます。お値段も比較的お求めやすいのがメリットでしょう。

ムラシャン3

出典:Wowma

ムラシャンで美しい髪色に

ムラシャンは種類によっても使い心地や効果が違うので、美容師さんやカラーに詳しい人に聞いてみるもの良いでしょう。シャンプーとしては比較的高めではあるので、無理なく続けて美しい髪をキープできれば良いですね。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -