下半身痩せ

寝相が悪いと下半身デブに!?原因と改善方法まとめ

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

下半身デブになりやすい人は、寝相にも原因が!?今回は、下半身デブになる原因や寝相をご紹介します。ご紹介する原因や寝相に当てはまった人は、要注意!寝相の改善方法もご紹介するので、今日から実践してみましょう。

 

女性は下半身が太りやすいと言われているのをご存知ですか?下半身デブになりやすい人は、知らず知らずのうちに、デブ行動をしている場合があります。例えば、毎日の就寝タイム。寝ている時の寝相が太る原因になることも!そこで今回は、下半身が太る原因や太りやすい寝相、その寝相の改善方法をまとめました。

下半身が太る原因

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下半身太りは、女性特有の症状が原因になることがあります。まずは、下半身が太る原因を知っておきましょう。

冷え症

冷え症とは、身体の血流が悪くなり足先や手先が冷たくなった状態のこと。特に、男性よりも筋肉量が少ない女性は、代謝量が少なく冷えやすいと言われています。生理や排卵期にはさらに体温が低くなることも。冷え症になると身体の水分や老廃物の排出が十分にできないため、脂肪が蓄積しやすくなり、下半身デブに繋がるということもあるようです。

身体や骨盤の歪み

身体や骨盤の歪みは身体の機能を低下させてしまいます。例えば、骨盤の歪みは下半身のむくみやぽっこりお腹の原因に・・・。身体全体のバランスが崩れると、デブになりやすくなってしまうのです。片足に重心を掛けて立つことが多い人や足をよく組む人などは、身体や骨盤の歪みが起きやすいので要注意かもしれません。

 下半身デブになりやすい寝相と身体にいい寝相

下半身が太る原因の中でも、身体や骨盤の歪みは寝相に関係する場合があります。具体的にどんな寝相が身体や骨盤に悪影響を与えるのでしょうか。また、どんな寝相が身体にいいのかも合わせて紹介します。

下半身デブになりやすい寝相

・うつ伏せ寝

うつ伏せた状態で寝てしまうと、首と腰に負荷がかかります。首や腰を痛めてしまうと、睡眠の質が悪化し、身体の脂肪を燃やすのに重要な代謝量が低下してしまう恐れがあるのです。うつ伏せ寝はダイエットの大敵と言えるかもしれませんね。

・横向き

横向きは、腰や背中に負担がかからない寝相です。しかし、下側になった部位に体重がかかってしまうので注意が必要。片側に体重をかけ続けると骨盤の歪み、下半身デブの原因になってしまうことも。骨盤は、内臓を支える大切な場所です。骨盤が歪んでしまうと内臓の位置が下がり、ぼっこりとしたお腹になる場合があります。

身体にいい寝相は仰向け

仰向けは、すべての女性におすすめの寝相です。その理由は、身体にかかる負荷が均等に分散されるから。身体や骨盤が歪みにくいので、下半身太り予防やダイエットにもいいでしょう。また、顔にも余計な負担がかからない寝相なので、美容のためにも仰向けを心掛けたいですね♡

知って得する!寝相の改善方法

寝相改善に効果的な方法をご紹介!今日から下半身太り予防を始めましょう♪

ヨガで身体をほぐす

ヨガは、身体や骨盤の歪みを改善させる効果があります。就寝前にヨガをすると身体のバランスを整えられ、仰向けがしやすくなるでしょう。また、血行改善や代謝アップも期待できるので、就寝ダイエットにも向いています。

アロマなどを活用してリラックス

ストレスを抱えていると、寝相が悪くなる場合があります。一日のストレスを取るためにも、リラックスできるアイテムを活用しましょう。おすすめはアロマオイル♡好きな香りに包まれているだけで、癒されますね♪

寝具を見直す

自分の首に合う枕に変えるだけで、寝相が改善されることもあります。また、マットや敷布団も重要です。長年使用していると、一部分だけ沈むなどして身体に負担がかかることも。歪み防止のためにも、寝具を見直して、寝相の改善をしてみてはいかがでしょうか。

正しい寝相で、下半身デブの原因を排除!

寝ている間に下半身太りの原因になるかもしれない寝相。正しい寝相を心掛けて、むくみや歪みのないスレンダーな身体を目指しましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -