ドレス,選び方

結婚式の二次会ドレスは買う派?レンタル派?年代別おすすめの選び方

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

結婚式後に行われる二次会ですが、二次会へ出席するためのドレス選びに、意外と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。購入しようか、それともレンタルか、それぞれのメリット・デメリットも含め、年代別でおすすめのドレス選びのコツをいくつかご紹介します。

 

普段着る機会が少ないパーティー用のドレスは、買う派ですか?それともレンタルしますか?納得して購入したドレスは愛着もあるし、誰も着ていなくて綺麗な状態です。そして何よりずっと手元に置いておけます。でも、めったに着ないのだから、格安でレンタルしたほうが流行りのデザインのドレスを試せるし、利用した後は返却できるから、タンスの肥やしになりません。あなたならどちらを選びますか?

20代におすすめのドレスの選び方

 

1着は購入しておくと何かと便利!

20代になると、友人や親戚の結婚式や二次会に招待される機会も多くなるのではないでしょうか。まだお祝いの席に呼ばれたことがないのであれば、今後のためにドレスを購入しておくのもよいかもしれません。一度購入しておけば、また違う結婚式や二次会に呼ばれたときに、式から出席してそのまま二次会でも着用できます。

レンタルドレスならお揃いコーデも出来る

だた、購入となればレンタルよりも、ドレスの値段もやはり高くなります。靴やバッグも揃えることを、考えておかなければなりません。レンタルの場合だと、価格もリーズナブルに抑えられますし、会員になっておけばいざというときにすぐ借りることができます。あちこちショップを巡らなくても、一か所でたくさんの中からドレスを選ぶことができるところもメリットです。また、レンタルなら一緒に二次会に出席する友人と、色違いでお揃いコーデも楽しめそうです。

リーズナブルなレンタルを有効活用

華やかな席に出席すると、どうしても出費がかさんでしまうので、20代はレンタルドレスをチョイスすることをおすすめします。ドレスの選び方に迷ったら参考にしてみてください。

30代におすすめのドレスの選び方

 

華のあるカラーバランスを考えて

年代別でみると30代は、20代に比べて大人の女性としての魅力が、増してきている時期ではないでしょうか。ドレスの選び方も可愛らしさだけでなく、大人っぽさが感じられるものがおすすめです。ただ、大人っぽく決めることだけ考えると、ダークな色味を選んでしまいそうですが、せっかくのお祝いの席なので少し派手かなと思っても、ブルーやグリーン、オレンジやレッドなどのはっきりとした色のドレスを購入してもよいでしょう。

シンプルワンピースは二次会に◎

二次会なら、新郎新婦とも距離が近くカジュアルな友人だけのパーティー、ということもあるので、あまりフォーマルになりすぎなくてもよいのではないでしょうか。大人っぽいシンプルなデザインを選んで購入しておけば、ジャケットなどの羽織やバッグで印象も変わり、デートや華やかな場所で着回すことができます。

長く着れるドレスを購入してみては?

レンタルであれば、高級ブランドのドレスやワンピースなどもあり、普段は着ることができないドレスに挑戦できますが、タイミングよく欲しいドレスに巡り合えるわけではありません。自分に似合うお気に入りの一着を購入しておくことで、素敵な時間をすごせるのではないでしょうか。

40代におすすめのドレスの選び方

 

 

formformaさん(@formforma_official)がシェアした投稿

気品のあるデザイン・カラーを選択して

40代になると、経験を積んで落ち着きが出てくる頃ではないでしょうか。ドレスの選び方も上品で落ち着きのあるものがおすすめです。ただ、20代や30代とは違い、体型の変化を感じる、肌の露出を避けたい、など年齢を重ねて感じる思いや悩みがある人もいるでしょう。

レンタルなら体型の変化にも対応OK

年代別で考えるとやはり、若いころに着ていた手持ちのドレスでは、今の自分の悩みに対応できない、そんな40代には、レンタルドレスがおすすめです。サイズや種類も豊富なところがメリットですし、体型を気にしないでOKなデザインもたくさんあります。最近では、インターネットでレンタルドレスを注文して、自宅でじっくり試着できるサービスもあります。

アクセサリーで「自分らしさ」をプラス

知らない人が着た服を着ることに抵抗があれば、購入でも構いませんが、今の自分にピッタリなドレスを賢く選ぶのであれば、レンタルという選択肢でもよいのではないでしょうか。お気に入りのジュエリーやパーティーバッグで華やかさをプラスして、素敵に着こなすことができるドレスを探してみましょう。

メリット・デメリットをよく考えて

年代別でドレスの選び方をご紹介しましたが、選ぶポイントはさまざまです。購入か、レンタルか。今の自分にとってのメリット・デメリットをよく考えながら、あなたにぴったりの素敵な一着を探してみてください。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -