太もも

下半身デブなんて言わせない!コンプレックス別細見えコーデ

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

ボトムコーデのミスが「下半身デブ」を作りだす!身長・体重は特に問題なく、温泉やジムなどで目立って太っているわけでもないのに、なぜか下半身デブに見えてしまう。そんな悩みのある女性を救ってくれるファッションコーデを、ボトムアイテム選びの点から解説します。

 

ファッションが好きな女性や、自分に似合う服に迷いのある女性が抱えがちな悩み。それは下半身が太く見えてしまうことですよね。しかし、もしその原因がファッションコーデのミスであったらどうでしょう?自分は「下半身デブ」と思い込んでしまっている女性の悩みを解消できる、ボトムコーデのポイントについてご紹介します。

私、下半身デブに見えてる!

もも

ファッションの悩みといえば「太って見える」ことですよね!どうしても太れないという悩みを抱える女性よりも、どうやってやせたらいいのかを気にしている女性のほうが多いです。実際、雑誌でも「着やせするコーデ」などがテーマになっているのをよく見かけますよね?

特に気になる点といえば下半身。太ももが張っていたり、ふくらはぎがししゃものようにぷっくりしていたりといった点から、自分のことを「下半身デブ」と思っている人は少なくないでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。本当に下半身デブだと言い切れますか?サイズは平均的なのに、ファッションで損をしているかもしれませんよ。

下半身デブに見えるポイント

白いドレス

実は下半身デブに見えてしまうファッションコーデがあります。例えば、こちらの画像のような太ももにかけて広がるタイプのボトムス。このようなタイプの服は特に【太ももが張っている】または【腰まわりが太め】のように見える体型の方は避けたほうがいいのです。

腰まわりを強調する広がりがあるため、実際よりも余計に太く見せてしまいます。季節や気分に合わせて好みのファッションにしたい気持ちは、コーデ上手になるためにとても大切です。しかし、同時に自分をより素敵にする「映えるアイテム」を知って、活用できるスキルも磨く必要があります。

下半身デブに見えないボトムアイテムとは

スカート

さきほどの太ももや腰まわりが気になる方に加えて、【ふくらはぎが目立つ】タイプの女性も避けたいアイテムがあります。フレアスカートやサーキュラースカートといった、広がるタイプのボトムアイテムです。

裾にいくにしたがって広がるスカートは、タイトなトップスと合わせるとAラインのシルエットを作れます。Aラインは女性らしいシルエットとも言われますが、下半身が気になる方は他のシルエットでまとめましょう。

おすすめは「Iライン」です。Iラインシルエットは全体を細く長くまとめるシルエット。気になるポイントを隠すために覆うようにすると、その部分が目につき、余計に印象に残ってしまいます。できるだけタイトに、身体のラインに沿うようなアイテムでまとめることが大切です。

コーデアイテムで下半身デブを卒業!

ミニスカート

ずっと気にしていた「下半身デブ」が実はコーデのせいかもしれない理由を解説してきました。思い当たるポイントはあったでしょうか。タイトな「Iシルエット」でまとめることを念頭に置きつつ、さらにストールなどの小物で縦のラインを強調したり、他を抑えめのカラーにまとめ目立たせたいアイテムのみ鮮やかにしたりすると、下半身の気にならない素敵なコーデになりますよ!ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -