イヤリング・ピアス

あなたはどっち派?ピアスとイヤリングの違いとメリットを知ろう♪

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

女性の耳元を華やかに演出してくれるピアスとイヤリング♡ワンランク上の女性らしさを醸し出すのに、最適なアクセサリーのひとつです。最近は、存在感ある大ぶりなデザインに人気が集まっています。ここでは、ピアスとイヤリングの違いとメリットについて見ていきましょう!

 

大人女子のおしゃれの必需品!顔周りを女らしく彩るピアスとイヤリング、あなたはどっち派ですか?デイリーに使いやすいピアス、耳に穴を開けなくても使えるイヤリング、どっちにもメリットがあるようです。それぞれの違いやメリットを知っておくと、どのようなシーンにはどちらのイヤーアクセサリーがいいかなど、選びやすくなるかもしれません。

ピアスとイヤリングの違いとは!?

日頃あなたが愛用しているのはピアス?それともイヤリングですか?どちらも大人女子の耳元を女らしく格上げしてくれる、おしゃれなアクセサリーです♡おしゃれにキメたい!という日に、耳元のピアスやイヤリングでコーデを仕上げる大人女子も少なくありません。

そんなピアスとイヤリングですが、どんな違いがあるのでしょうか。さっそく細かく見ていきましょう。

ピアスは穴を開けて使うアクセサリー

ピアスは、耳や耳たぶなどに穴を開けその穴に通すことでおしゃれを楽しむアクセサリーです。スタッドピアスやリングピアス、アメリカンピアス、フックピアスなど、様々なデザインがあり自分好みのタイプのピアスを選ぶことができます。

耳に開けた穴に通すだけで装着ができるというお手軽感で、デイリーに使いやすいのが魅力です。またアクセサリーショップでの取扱数がイヤリングに比べると多いため、選ぶ際に豊富なデザインの中からチョイスできるというメリットがあります。一方でデメリットは、体質とピアスの素材によっては金属アレルギーによるかぶれや化膿が起こる人もいること。

ピアスは耳や耳たぶに穴を開けるのが一般的ですが、中には鼻や口元、おへそなどに穴を開けて楽しむボディーピアスもあります。

穴を開けなくても使えるイヤリング

 

misato yoshitake💎さん(@misatoy)がシェアした投稿

イヤリングは耳たぶに穴を開けることなく装着できるアクセサリー。マグネットイヤリングやフープイヤリング、ネジ式イヤリング、ノンホールピアス、クリップイヤリングなど、様々な種類があります。ピアスのように穴を開ける必要がないため、耳に穴を開けるのが嫌!という人や金属アレルギーでピアスが着けられない、という人にぴったりでしょう。ただし、イヤリングの種類と耳たぶの厚さによっては長く装着することで耳が痛くなってしまうものもあるので注意しましょう。

お店で購入する際に、ピアスに比べてイヤリングは種類が少ない傾向にあります。また、イヤリングは耳につけるための装着部品がピアスよりも複雑なため、ピアスよりも割高なことが多いようです。

気になるピアスの種類をチェック!

ピアス派の人はどのタイプのピアスを愛用していますか?豊富にあるピアスの種類を見ていきましょう!

オーソドックスなスタッドピアス

 

emuさん(@warter.mellon)がシェアした投稿

スタッド(stud)とは鋲(びょう)のこと。ピアスのポストが真っすぐになっており、耳の後ろ側をピアスキャッチで留めるアクセサリーを、スタッドピアスと言います。オーソドックスなピアスとしてメジャーで、ピアスを開けてすぐに使うファーストピアスとしても選ばれるのがスタッドピアスです。

おしゃれなデザインキャッチが人気

スタッドピアスのピアスキャッチ部分に装飾をほどこしたデザインにも人気が集まっています。ピアスキャッチがパールのデザインや、キャッチからチェーンが落ちるデザインは、さりげなく女らしさを格上げしてくれる美人アイテムです。

定番のリングピアスでクール美人!

 

arisaさん(@ariiisa929)がシェアした投稿

リングピアス(フープピアス)は、シンプルなリングで耳を大人っぽくアクセント付けできるピアスです。最近は大ぶりピアスの人気とともに、ビックフープピアスに人気が集まっています。リングにタッセルが付いたデザインや、パールやストーンをあしらったデザインなど、様々なデザインのリングピアスで、大人っぽい耳元を演出しましょう。

華奢見えはアメリカンピアスにおまかせ

 

puzzle-jwlさん(@puzzle.jwl)がシェアした投稿

アメリカンピアスはロングチェーンが耳元に揺れる上品なピアス。顔周りにすっきりとした縦ラインを作ることで、小顔効果が期待できます。華奢な印象のルックスから、着けるだけで大人っぽい印象に仕上がるでしょう◎

揺れるフックピアスで女らしさUP♡

フックピアスは、その名の通りピアスフックを耳に通して装着するピアスです。耳元から下がるようにデザインされたものが多く、動くたびに揺れる耳元のピアスが女らしさを演出してくれます。装着が簡単なのも魅力のひとつ。

おしゃれなイヤリングも種類が豊富!

ピアス同様、イヤリングも種類が豊富です。イヤリング派の人必見の、イヤリングの種類をまとめてみました。

まるでピアス!マグネットイヤリング

 

yunさん(@yun_wear)がシェアした投稿

マグネットイヤリングは、磁石の力で耳に固定するイヤーアクセサリーです。まるでピアスのようなルックスのマグネットイヤリングは、穴を開けたくないイヤリング派の強い味方!キャッチから落ちるチェーンが女らしい印象です。

バネで固定するフープイヤリング

 

RORONさん(@fvu551.roron)がシェアした投稿

リングピアスのようなルックスの、バネ式フープイヤリング。フープの中に仕込まれたバネの力で、耳たぶをしっかりとホールドします。写真のフープイヤリングは、肌に当たる部分が樹脂製なので、金属アレルギーの人も安心して使えそうですね。

オーソドックスなネジ式イヤリング

イヤリングと言えば、ネジ式イヤリングを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。耳たぶの後ろにあるネジで締め具合を調節できるため、耳たぶの薄い人も厚い人も自分に合った装着感をに調整できます。

痛くなりにくい樹脂製ノンホールピアス

 

Robertinaさん(@robertina_principessa)がシェアした投稿

樹脂製のノンホールピアスは、パッと見ただけだとピアスにも見えるイヤリング。透明樹脂の部品が耳たぶを優しく挟み込むのが魅力です。マグネットタイプやバネ式イヤリングで痛くなった経験のある方は、樹脂製のノンホールピアスを試してみましょう。

ホールド力が自慢のクリップイヤリング

クリップの様な部品で耳たぶをしっかり挟むクリップイヤリングは、大きめのイヤリングも落とさずにキープするホールド力が自慢です。ネジで調節する必要がないため、簡単に装着できるのも嬉しいポイント◎

ピアスとイヤリングは部品交換もできる

デザインがかわいいのにピアス(イヤリング)だから着けられない……といった経験はありませんか?そんなときは、ピアスからイヤリングに、イヤリングからピアスにと、部品を付け替えることで自分仕様のイヤーアクセサリーに変身させてみましょう。アクセサリー用のペンチがあれば簡単に部品交換ができます。

 

Atelier momoさん(@momo19870209)がシェアした投稿

自分でやるのは自信がない、という人は部品交換できるアクセサリーショップに頼んでみましょう。また、ハンドメイドのアクセサリー通販サイトには様々な部品交換に対応しているショップもあるため、チェックしてみるのもおすすめです。

ピアスとイヤリングでセンスアップ!

ピアスとイヤリングの違いやメリット、種類について紹介しました。あなたはピアスとイヤリング、どっち派でしたか?自分に合ったイヤーアクセサリーで、耳元の華やかなおしゃれを楽しみましょう♡

Sponsored Link

関連記事/- Related article -