オフィスカジュアルコーデ

2018オフィスカジュアル♪夏のトレンドパンツコーデ10選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

毎年のトレンドファッション、私服に取り入れている女性は多いけれど休日だけなんてもったいないと思っている人もいるでしょう。そんな女性がチャレンジするべきはオフィスファッション。オフィスにもトレンドを取り入れてみましょう。

 

多くの会社で女性の私服制度が取り入れられていますが、私服なら何でもOKとしているわけではありませんよね。社会人として恥ずかしくないオフィスカジュアルを基本としている会社がほとんどです。でも、オフィスカジュアルだからといってトレンドを取り入れてはダメなんてことはないはず。せっかく私服なのですから、夏のトレンドを取り入れたパンツスタイルのオフィスカジュアルファッションで、オシャレを楽しんでみませんか?

Sponsored Link

2018年夏のトレンドファッション

では、今年の夏にトレンドとなるファッションはどのようなものなのでしょうか。まずはポイントを押さえておきましょう。

ハイウエストは健在

2017年の秋冬頃から一気にトレンドになったハイウエストですが、2018年の春夏も健在です。足が長く見える効果などから、女性にも人気があるトレンドファッションです。しかし、ハイウエストの作り方は秋冬よりも進化しています。

ハイウエストの作り方

秋冬にかけてトレンドとなったハイウエストは、基本的にベルトでウエストをマークするというスタイルでした。そして今年の春夏にトレンドとなるのは、ウエストマークによるハイウエスト、トップスをインして作るハイウエスト、短い丈のトップスでハイウエストに見せる方法、サッシュベルトでハイウエストにメリハリをつけるというものです。

秋冬に比べるとハイウエストも色々な方法で作られるようになり、オシャレの幅も広がっているようです。もともとウエストマークが付いているトップスやワンピース、ボトムスも増えていてハイウエストにした時美しく見えるラインで作られているものも多くなっています。そんなハイウエストをオフィスカジュアルにも取り入れましょう。

トレンドパンツでオフィスコーデ

トレンドを抑えたパンツスタイルのオフィスカジュアルで、きちんとした印象を与えつつオシャレ度の高いコーディネートをご紹介します。

爽やかカラーで夏らしさ満点のコーディネート

出典:WEAR

ハイウエストの白いワイドパンツに爽やかなブルーのシャツをインした、夏にピッタリのオフィスカジュアルコーディネート。ウエストのベルトが引き締め効果バツグンで、白でもほっそりと脚長に見せてくれます。トップスはぴたっとしないものを選び、ウエストを更に細く。パンプスとしっかり目のバッグを合わせればバッチリです。

フレアパンツでもしっかりオフィスカジュアル

出典:WEAR

サテン生地のフレアパンツはラフになりすぎてしまう印象ですが、落ち着いたカラーを選びトップスを黒などで締めることできちんとした印象に。細めのバングルを合わせると繊細なイメージもプラスできます。きちんとしすぎないよう、バッグや靴で外すのも可愛いです。

ウエストのベルトできちんと感を演出

出典:WEAR

ワイドチノパンツにシャツをインしたコーディネートは、ウエストに濃い色のベルトを付けることできちんとした印象になります。ラフな印象になりがちな肩落ちシャツも、チノパンの素材感とベルトがあれば引き締まってオフィスカジュアルとして大活躍。パンプスやアクセサリーで大人な印象をプラスして。

スッキリしたハイウエストパンツは爽やかカラーと合わせて

出典:WEAR

オフィスカジュアルファッションとして使いやすい細めのきれいめパンツは、どうしても黒など濃い色で引き締め効果を狙うことが多くなります。そんな時はトップスを夏らしい爽やかカラーにして、スッキリした印象を与えましょう。ヒールのあるパンプスと合わせればほっそり脚長効果に。

打ち合わせや会議などがある日はしっかりめのオフィスカジュアルで。ハイウエストの細めパンツでシャツをインしても、ジャケットを合わせるとフォーマルな印象に。足元はヌーディーカラーのパンプスでまとめると、スッキリと洗練されたイメージになります。

ジャケットと合わせてオフィス感アップ

出典:WEAR

打ち合わせや会議などがある日はしっかりめのオフィスカジュアルで。ハイウエストの細めパンツでシャツをインしても、ジャケットを合わせるとフォーマルな印象に。足元はヌーディーカラーのパンプスでまとめると、スッキリと洗練されたイメージになります。

Sponsored Link

素材で遊ぶ夏のオフィスカジュアル

しっかりとしたオフィスカジュアルでも、夏は暑さを回避する素材を選びたいものです。そんな素材から選ぶ夏のオフィスカジュアルコーディネートをご紹介します。

リネンとコットンの合わせ素材で夏でも爽やか

出典:WEAR

ベルテッドリネンコットンワイドパンツは、リネン素材とコットンを合わせた爽やかで夏にピッタリの素材。丈が長めのワイドパンツはヒールを履くと脚長ですらっとした印象に。ぺたんこサンダルを合わせるとリラックスムードに。

給水速乾素材で通勤時も安心

出典:WEAR

細めのパンツは張り付きや暑さが気になりがちですが、吸水速乾素材のものを選べば汗をかいても安心です。汗をかいたあとにすぐ乾くからエアコンの下で寒さを感じることもないでしょう。サラッとした素材だから夏にぴったりです。

シャリ感のあるジョーゼット素材もおすすめ

出典:WEAR

しわになりにくくシャリっとした感覚で、夏にぴったりなジョーゼットを使ったワイドパンツもオフィスカジュアルに取り入れやすいですね。座りっぱなしでもしわがつきにくく、夜までシャキッとした印象を与えられます。肌に張り付きにくいので不快な気持ちにもなりにくいでしょう。

サテンは夏に外せない素材

出典:WEAR

サテンのサラッとした着心地は夏に外せません。サテンのワイドパンツはロングスカートのように見えるので、ちょっぴりラフになりがち。シャツやジャケットと合わせることで、オフィスでもきちんと見えるので合わせ方を色々試してみましょう。

レーヨンと麻で涼しさ重視のスタイル

出典:WEAR

夏の素材といえばレーヨンや麻。しわっぽい印象になりがちなので、オフィスファッションとしてはあまり向いていないですが、きっちり目のガウンなどを合わせれば印象が変わるでしょう。涼しさや爽快感は数ある素材の中でも上位なので、夏に着たくなるパンツですね。

夏のオフィスコーデはトレンドと素材で選ぶ

今年の夏はハイウエストで爽やかなパンツスタイルを取り入れて、動きやすくそれでいて涼しいスタイルを目指しましょう。さり気なくオフィスカジュアルにもトレンドを取り入れれば、オシャレな印象を与えることが出来て、同僚や後輩を一歩リードできそうですね。

お手本になるようなコーディネートで、オフィスに居る間も、通勤中も注目されるようなお洒落さんになってください。そのままショッピングやディナーに行けるくらい、オフィスにもトレンドを取り入れてOKだと思いませんか?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -