豆乳アイス

SNSで話題の豆乳アイス♪簡単レシピとアレンジ・コツも

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

美容や女性の体に嬉しい成分がたくさん含まれた豆乳ですが、そんな豆乳を簡単にアイスとして楽しめる方法があるのを知っていますか?SNSで話題になり、その簡単さや美味しさで豆乳アイスのちょっとしたブームが来ているようです。

 

美味しく優しい味の豆乳は、牛乳が苦手な人でも飲みやすいため普段から愛飲している人も多いでしょう。また、大豆イソフラボンが女性の体の悩みを解決してくれるとして、積極的に摂取している女性もたくさんいます。そんな豆乳、実はアイスにすると美味しいって知っていますか?最近SNSで話題になった超簡単な豆乳アイスをご紹介します。また、その豆乳アイスのアレンジレシピや、もっと豆乳アイスを楽しむためのレシピもいくつかご紹介するのでチェックしてみてください。

SNSを騒がせた簡単豆乳アイス

最近SNSを騒がせた簡単で美味しい豆乳アイスを知っているでしょうか?一体どんな豆乳を使ったアイスで、なぜ人気なのかを紐解いてみましょう。

使うのは「キッコーマンの豆乳飲料」の200mlパック

コンビニやスーパーでよく見かけるキッコーマンの豆乳飲料。豆乳飲料といえばこれを想像する人も少なくないはず。手軽に飲める200mlパックの豆乳なので、アイスにした時にサイズもちょうど良いのです。どこでも簡単に手に入るという点で、思わず試してみたくなる人がたくさんいたのでしょう。

凍らせるだけで簡単に豆乳アイスが作れる

この豆乳アイスがなぜこれだけSNSで話題になったのかと言うと、それは作り方があまりにも簡単ですぐにできるからです。お菓子作りや料理が出来ない人でも作れちゃう豆乳アイスですから、試したくなるのも納得です。

激安で豆乳アイスが食べられる

キッコーマンの豆乳飲料はスーパーで購入すると1パック90円前後とかなりリーズナブル。普通にアイスを買うよりもかなり安い金額で、美味しい豆乳アイスが食べられるのも人気になった理由でしょう。今月は節約したいな…なんて時も安心して食べられますね。

豊富な味が楽しめる

キッコーマンの豆乳飲料はその種類の豊富さでも人気の商品です。定番のフレーバーから期間限定のフレーバーまで本当にたくさんの種類が発売されているので、毎日違う味の豆乳アイスが食べられるというのも人気の理由です。自分の好きな味のアイスを自分で作ることが出来るなんて嬉しいですよね。

ダイエット中に嬉しいヘルシーアイス

とくにダイエットしている人に嬉しいのは、キッコーマンの豆乳は1つ150kcal程度までに抑えられているということです。美味しいのに罪悪感がなく食べられるため、ダイエット中のストレスも豆乳アイスで解消できそうです。

豆乳アイスの簡単レシピとアレンジ

簡単に作れるパックの豆乳アイスですが、実はアレンジもたくさん出来るんです。もっと豆乳アイスを楽しむシピをご紹介します。

基本の作り方

そんな豆乳アイスの基本の作り方は本当に簡単。まずはその基本をおさらいしておきましょう。

1.好きなフレーバーの豆乳をパックごと冷凍庫に入れる。
2.凍るまで待つ。

これなら誰にでも作れますし、どんなに料理ができない人でも自信を持って「アイスを作った」と言えるでしょう。凍らせる前にストローと紙パックの脇の部分を剥がしておくと、取り出しやすいので試してみてくださいね。

アレンジレシピ1:はちみつやメープルシロップを掛ける

バナナ味や紅茶味の豆乳アイスなら、はちみつやメープルシロップを掛けるだけでもガラッと味が変わり、一度で二度楽しめます。お皿に盛って掛けるだけなので、難しい手間は一切なしというのも嬉しいですね。

アレンジレシピ2ミキサーでフローズンスムージー風に

好きな豆乳アイスとバナナ、牛乳と少量のはちみつをミキサーに入れてかくはんすれば、即席のフローズンスムージー風ドリンクが作れます。豆乳はバナナ、バニラ、ココア、アーモンド、いちごみるくなど、スムージーに合いそうなフレーバーがたくさんあるので色々と試してみてください。

アレンジレシピ3:果物を添えて高級シャーベット風に

こちらも添えるだけの簡単レシピですが、器に盛った豆乳アイスに好きな果物を添えるだけで一気に高級感が増します。もちろん豆乳アイスと果物を一緒に食べても美味しいですよ。来客用のデザートにしても問題ないでしょう。

作り方のアレンジ1:棒を刺して棒アイスに

ちょい足しのレシピもたくさんありますが、作り方自体のアレンジもしやすいのが豆乳アイスです。凍らせる前に上部分をカットして開けて、棒を刺したまま凍らせれば、そのまま棒アイスになります。食べ安さも見た目もおすすめのアレンジレシピです。

作り方のアレンジ2:製氷皿に入れてキューブ型に

氷を作る製氷皿に流し込んで凍らせれば、見た目も可愛いキューブ型の豆乳アイスができちゃいます。大勢でシェアして食べる時も良いですし、アレンジレシピのスムージー風ドリンクを作るときにも便利ですね。一口サイズになるので、小分けにして食べられるのもメリットです。

作り方のアレンジ3:アイスキャンディメーカーで

100円ショップなどにも売っているアイスキャンディメーカーで作るのもおすすめです。ジュースを入れて凍らせるだけで簡単にアイスキャンディーを作れるアイテムですが、もちろん豆乳で作ることも出来ます。凍らせた後パックから取り出しにくい場合は、こういうアイテムを使ってみると良いでしょう。

豆乳アイスを食べる時のコツと注意点

基本的に豆乳アイスは凍ったらパックの上部をハサミなどでカットして開けて、スプーンを入れて食べればOKです。食べにくい場合は下から押し出すようにして器に盛ると良いでしょう。少しパックごと揉むと柔らかくなって取り出しやすくなるようです。

また、凍らせすぎてしまうとカチカチで食べにくくなってしまうので、冷蔵庫で冷たく冷やした豆乳を、食べたい2時間前くらいに冷凍庫に入れるとちょうどシャーベットのようになり食べやすいです。

美味しくてヘルシーな豆乳アイスを試してみよう

こんなに簡単でしかも安くてヘルシー、そして美味しい豆乳アイス。試してみない手はありません。コンビニ行けば2時間後には食べられるのですから、食べたいと思ったあなたは、迷わずコンビニに走りましょう。ダイエットでデザートを我慢している人も、この豆乳アイスがストレス緩和の強い味方になってくれそうです。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -