夏バテ予防

夏を乗り切る!夏バテ予防におすすめの食べ物&レシピ5選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

外の気温が上がってくると同時に増えてくるのが夏バテ予備軍。すでに食欲不振や倦怠感などを感じ始めている人もいるかもしれません。夏バテは夏前に予防して、元気な体で夏を乗り切りたいものです。そんな夏バテ予防についてご紹介します。

 

夏になると「体がだるい」「食欲がない」「疲れが取れない」など、夏バテの症状が現れる場合があります。夏バテになってしまうとせっかくの夏を楽しく過ごせないですし、何をするにも億劫になってしまいます。そんな夏バテは事前に予防して、夏がくる前に夏バテを寄せ付けない体を作っておきましょう。夏バテの原因や夏バテ予防に最適のレシピなど、体の中から夏バテ予防する方法をご紹介します。

夏バテの一番多い原因と理由は

夏バテで多いとされているのは「自律神経の乱れ」によるものです。暑い外から冷房の効いた室内に入ると、急激な温度変化に体力を消耗しストレスを感じることで自律神経が上手く機能しなくなってしまうのです。そのせいで胃腸の不調や食欲不振を招き、夏バテを引き起こしてしまいます

食べないと体を元気にするための十分な栄養が摂取できないので、どんどん体も心も弱ってしまい倦怠感や疲れにも繋がってしまいます。だから夏バテを予防するためには食べ物から栄養をしっかり摂って、夏の暑さや温度変化に負けない体を作っておきましょう。

 

夏バテ予防に取りたい栄養と食べ物

夏バテ予防するために取り入れたい栄養素があります。体と心の健康を保つために、取り入れるべき栄養素と含まれる食べ物を知っておきましょう。

たんぱく質

体を作るために欠かせない栄養素であるたんぱく質。食欲が低下してしまうとたんぱく質の多い食べ物を避けてしまいがちですが、元気な体を維持し、夏バテ予防するためにはしっかりと取り入れたい栄養素です。タンパク質をたくさん含んでいるのは下記の食べ物です。

「魚介類」「肉類」「卵」「大豆」「大豆製品」「牛乳」「乳製品」。味付けや他の食べ物との組み合わせで食べやすくなるので、意識して取り入れるようにすると良いでしょう。

ビタミン

体の健康やお肌の健康に欠かせないビタミンも、夏バテ予防には大切な栄養素です。中でもビタミンB1は糖質をエネルギーに変化させるために必要不可欠な栄養であり、元気に活動するためには積極的に取り入れるべき栄養素です。

ビタミンがたくさん含まれている食べ物は「豚肉」「レバー」「うなぎ」「かつお」「大豆」「納豆」「ごま」「玄米」などです。野菜と一緒に取り入れて、バランスの良い食事で夏バテ予防を心がけましょう。

ミネラル

ミネラルというのは「ナトリウム」「カリウム」「カルシウム」「マグネシウム」など、汗とともに排出されやすい栄養素です。ミネラルは様々な食品から摂取することができるので、レシピの幅も広がりやすいですね。

ミネラルを多く含む食べ物は「野菜」「果物」「海藻類」「きのこ類」「乳製品」「魚介類」「肉類」「大豆製品」などです。1日を通してバランスよく摂ることが大切なので意識して食事に取り入れましょう。

夏バテ予防メニューおすすめレシピ

夏バテを予防するために摂りたい栄養素を効率的に取り入れられるレシピをご紹介しますガッツリ系からさっぱり系までご紹介するので、体調に合わせてレシピを参考にしてみてくださいね。

夏バテ予防レシピ:夏梅干し冷やしうどん

さっぱりとして食べやすくたくさんの野菜や魚介類まで摂れるうどんは夏バテに予防にも最適です。暑いときにも食べやすいので、レシピのレパートリーに入れてみて。

<材料 (1人分)>
・茹でた冷たいうどん:1パック
・トマト:1/4個
・きゅうり:1/3本
・みょうが:半分
・しそ:3~4枚
・ボイルむきエビ:3~4個
・ハチミツ梅干し:1個
・めんつゆ:適量

<作り方>
1.トマトは半月切りにしてきゅうりは細切りにする。
2.しそとみょうがは細切りにして梅干しは種をとっておく。
3.茹でたうどんに具材を載せたら、めんつゆを掛けて完成。
材料&レシピ詳細はこちら!

夏バテ予防レシピ:冷しゃぶごまドレベジボウル

ビタミンたっぷりの豚肉と、夏バテ予防にぴったりな野菜がたくさん食べられるレシピ。さっぱりしているのにポリューム満点。

<材料 (1人分)>
・豚コマ肉:50g(お好みで増やしてもOK)
・玉ねぎ:1/2個
・ナス:1本
・トマト:1/2個
・アボカド:1/2個
・ごま油:適量
・塩:少々
・ご飯:適量
・ごまドレッシング:適量

<作り方>
1.玉ねぎは薄くスライスして水につけ辛味を取っておく。
2.ナスは乱切り、トマトとアボカドは食べやすい大きさに角切りにする。
3.食べやすい大きさに切った豚肉を、沸騰したお湯に入れて火を通してザルにあけ冷ましておく。
4.ボウルにカットした野菜とナスを入れ、軽く混ぜておく。
5.器にご飯を盛ったら、水を切った玉ねぎ→混ぜた野菜→豚肉の順番で乗せる。
6.ごまドレッシングを掛けたら完成。
材料&レシピ詳細はこちら!

夏バテ予防レシピ:自家製ピクルス

どうしても食欲がない時、酸っぱいものを食べると食欲促進になります。ピクルスは自宅でも簡単に出来るので、夏だけでなく1年中作り置きしておきたいレシピです。

<材料 (1人分)>
・きゅうり:1本
・にんじん:2/3本
・セロリ:1本
・パプリカ:1/2個
・レモン(皮の薄切り):少々
【ピクルス液】
・塩:少々
・白だし:100cc
・酢:100cc
・オリゴ糖(液状):大さじ1/2
・白ワイン:大さじ1

<作り方>
1.ピクルス液の材料をよく混ぜておく。
2.野菜は皮ごと同じくらいの細さ、高さに切りそろえる。
3.保存容器に野菜を入れ、ピクルス液を流し込んだら冷蔵庫で半日漬ける。
材料&レシピ詳細はこちら!

夏バテ予防レシピ:超簡単トマトリゾット

夏バテに良い栄養満点のトマトと、タンパク質が豊富なチーズを使った夏バテ予防レシピ。具材に他の野菜や食べ物を加えても美味しく作れます。

<材料 (2人分)>
・ご飯:茶碗軽く2杯
・トマト缶:90~100g
・玉ねぎ:1/2個
・トマトケチャップ:大さじ2
・コンソメスープの素:小さじ1
・ピザ用チーズ:ひとつかみ(お好みで)
・塩、こしょう:適量

<作り方>
1.焦げ付きにくい鍋にご飯と、ご飯が浸る程度の水を入れて強火に掛ける。
2.沸騰したら中火から弱火にして、トマト缶、コンソメ、玉ねぎ、トマトケチャップを加える。
3.焦げないように時々混ぜながら、弱火で5~10分程度煮込む。
4.水分が減ってきたら火を止めて、チーズを入れたら予熱で溶かす。
5.塩とこしょうで味を整えたら、器に盛って完成。
材料&レシピ詳細はこちら!

きちんと食べて夏バテ予防は万全

夏バテ予防に良い食べ物をきちんと摂取し、規則正しい生活を送れば夏バテに負けない体を作ることが出来ます。レジャーやイベント盛りだくさんの夏を楽しむためには、今からきちんと体を整えておきましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -