中国地方の郷土料理

中国地方の絶対に食べたい人気郷土料理ランキング

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

中国地方は美しい海と自然、そして歴史ある建造物が残る地方です。そんな中部地方で食べられる郷土料理は高級とされるものや、全国的には珍しいとされるものが多いようです。中国地方へ行くのなら、美味しい郷土料理をチェックしてみましょう。

 

鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県より構成されるのが中国地方です。豊かな自然と海から採れる食材を使った郷土料理が多く、高級なものや珍味とされるものも少なくありません。とくに海の幸では他の地域で食べるとお値段が張るというものも、伝統的な郷土料理として食べられているのです。そんな中国地方の美味しくて人気の郷土料理をランキング形式でご紹介していきましょう。

人気郷土料理ランキング 第一位

山口県「ふく料理」

山口では3000年以上前から食べてきたとされるふぐ料理。ふぐのことを幸せの「福」に縁起をかつぎ「ふく」と読んでいるのです。ふくさし、てっさい、ふく雑炊、白子、ヒレ酒など余すところなく味わうことが出来るのも人気の理由でしょう。猛毒を持っていますが、その美味しさに当時総理大臣だった伊藤博文が食用を許可したと言われるほどの絶品です。中国地方だからこそ美味しいふく料理、ぜひ味わってみたいですね。

人気郷土料理ランキング 第二位

岡山県「たこ飯」

タコの漁獲量が全国でもトップクラスとされる岡山県では、そのタコとご飯を一緒に炊いたたこ飯が古くから愛される郷土料理として根付いています。とくに倉敷で育ったタコは独特の歯ごたえがあり、身がしっかりしていると言われています。一緒に炊かれたご飯には、タコの風味がしっかりと凝縮され、口に入れた瞬間豊かな風味が広がります。今では中国地方の駅弁としても有名ですね。

人気郷土料理ランキング 第三位

島根県「出雲そば」

色が濃く、香りが豊かな出雲そばはそばの実を黒い甘皮ごと挽く「挽きぐるみ」という独特の製法で作られているのが特徴です。そば本来の甘みや風味を楽しむことが出来るとして、観光客にも人気の郷土料理です。島根に行くと出雲そばが食べられるお店が沢山あるので、色々なお店を食べ比べしてみるのも楽しいかもしれません。関東のそばとは一味ちがう中国地方のそばを堪能してみましょう。

人気郷土料理ランキング 第四位

広島県「牡蠣料理」

広島の代表的な食材と言える牡蠣ですが、その牡蠣を使った料理は郷土料理とされ親しまれています。生で食べるのはもちろん、かきめしや牡蠣鍋、天ぷらやグラタンなど様々な味付けで楽しむことが出来る食材です。地元の人は当たり前のように食べていますが、他の地域では高級な食材とされているので、広島に行ったら思い切り牡蠣を楽しみたいという人も少なくないでしょう。

人気郷土料理ランキング 第五位

広島県「もみじ饅頭」

厳島の名産品であるもみじ饅頭も、広島県の郷土料理です。厳島の紅葉谷を見に来る人に何か手みあげになるものはないかと考案されたのが、もみじ饅頭の始まりとされています。甘く香ばしいカステラ生地の中にあんこが詰まったもみじ饅頭ですが、今ではチョコレートやカスタードクリームなど様々な味が発売されています。優しい甘さで食べやすい大きさなので、ついつい食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

人気郷土料理ランキング 第六位

鳥取県「柿の葉寿司」

塩で保存性を高めたマスを、更に酢で締めたものをお寿司にして柿の葉っぱを器にして食べられるのが柿の葉寿司です。元々は中国地方でも海から離れた地域の人が、新鮮な魚が手に入らないことから生み出された調理方法なのです。お盆やお祭り、おもてなしなど特別な日に出されることが多い柿の葉寿司は、ピンク色のマスと緑の笹の葉が美しく見た目にも華やかで親しまれているのです。柿の葉には殺菌効果などもあるのだとか。

人気郷土料理ランキング 第七位

島根県「しじみ汁」

飲み過ぎた時にしじみ汁を飲む人も多いはずですが、そんなしじみ汁は島根県の郷土料理です。島根の宍道湖では日本全国のしじみ漁獲量の約三分の一が収穫されるしじみの名産地で、古くからそのしじみをお吸い物として楽しんでいたのです。しじみは出汁がよく出て香りも良いので、汁物にするとその魅力を存分に味わえます。中国地方に行かなくてもしじみ汁をよく食べる人も少なくないですが、本場島根に行った際はぜひ味わってみてください。

人気郷土料理ランキング 第八位

岡山県「ままかり寿司」

ままかり寿司は「隣の家にママ(ご飯)を借りに行くほど美味しい」、つまりあまりの美味しさにご飯が足りなくなるほどだという意味を持ったママカリという魚を使ったお寿司です。中国地方でも特に岡山南部ではママカリと言えばままかり寿司だと連想されるほど地元でも慣れ親しまれている郷土料理なのです。そんなママを借りたくなるほどおいしいママカリを使ったお寿司、ぜひ食べてみたいですよね。

人気郷土料理ランキング 第九位

山口県「ういろう」

山口県のういろうは、わらび粉に砂糖を加えて蒸したものです。そこに小豆や抹茶などを加えて味付けされたものも多く出回っています。山口県内では多くの地域でういろうが作られ、地元に根付いているのです。米粉を使ったういろうよりも口当たりが軽く後味も爽やかなので、おやつにもぴったりです。米粉のういろうしか食べたことがない人は、その違いに驚いてしまうかも。

人気郷土料理ランキング 第十位

島根県「雑煮」

各地域や都道府県でお正月に食べる雑煮の味付けは違うとされていますが、島根の雑煮は小豆の煮汁に柔らかく煮た丸餅を入れたものです。どちらかと言えばお汁粉やぜんざいに近いのかもしれません。一般的には甘く煮たもの多いのですが、一部では塩味で食べられることもあります。ただ中国地方全体でこの雑煮が食べられているわけではなく、山間部では醤油や味噌味の雑煮が多いとされているのです。

中国地方の郷土料理は高級で味わい深い

中国地方の郷土料理とされているものは、関東や他の地域では高級とされるものが多く中には「羨ましい」なんて人もいるのではないでしょうか。豊かな自然や海があるからこそ食べられる郷土料理を、ぜひ現地で味わってみたいですね。美味しい物を食べて自然に触れて、最高に癒やされるひとときを過ごすことが出来るのではないでしょうか。

あまり馴染みのない料理や食べ方、味付けだとしてもその土地に行けばそれが当たり前なのですから、素直に味わってみるのが一番です。今まで知らなかった食材や味を見つけるためにも、美味しい郷土料理を食べに中国地方へ行ってみませんか?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -