福井◎観光で食べたいおすすめ名物グルメ!≪北陸地方・福井県≫

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
越前の緑豊かな山と清らかな若狭湾がある福井県。海の幸山の幸に恵まれた福井県には、おいしい名物料理がたくさんあります。自然や歴史を感じる名所を巡った後は、福井の名物料理をお腹いっぱい堪能してみませんか?
 

中部地方に位置する福井県は多くの名所や名物があり、旅行にはピッタリの場所です。かつて若狭と京都を結ぶ重要な宿場として栄えた熊川宿や、迫力満点の日本海の荒波を体感する東尋坊など、歴史や自然に直接触れることができる観光名所がたくさん。もちろん福井の名物料理も欠かせません。自然豊かな山の恵みに、若狭湾の海の幸をたっぷり使った福井グルメは必見です。

Sponsored Link

福井県民のソウルフード「ソースカツ丼」

出典:食べログ

福井のカツ丼は一般的な卵とじのカツ丼とは少し違い、ソースを使ったカツ丼が主流。ウスターソースをベースにしたソースカツ丼は、老若男女に愛され続けている福井のソウルフードです。

ソースカツ丼の歴史をたどると、誕生は大正時代。ソースカツ丼の元祖と呼ばれている高畠氏が料理研究のためドイツに滞在中、ウスターソースの作り方を学びました。帰国後、日本人向けにアレンジして披露したのがソースカツ丼だったと言われています。

熱々のトンカツを秘伝のソースに絡め、ご飯にもソースをまぶしてカツを乗せるだけのシンプルな料理ですが、柔らかいカツとソースの芳醇な味わいは最高。美味しさだけでなく、家庭でも簡単に食べることができるため、庶民の味として広く浸透している名物料理です。

 

冬の福井と言えば外せない極上名物「越前ガニ」

出典:食べログ

福井県を代表する特産品「越前ガニ」。濃厚な旨みにほどけるような食感の越前ガニは、冬の味覚の王者として君臨する高級食材で、贈答品やお土産としても人気です。

越前海岸沿岸は、美味しいかにが育つのに最適な素晴らしい環境となっています。優れた漁場こそが、越前ガニの美味しさの秘訣というわけです。

越前ガニは解禁期間が決まっており、毎年11月6日から3月20までとされています。美食家たちや料理人にもファンが多く、全国的にも知名度の高い越前ガニ。ここはぜひ福井に直接足を運んで食べてみてはいかがでしょうか。越前ガニの美味しい食べ方や地元シェフが作るユニークな料理など、福井だからこそ知っている美味しい越前ガニに出会えるはず。

また外子と呼ばれる受精卵と卵巣の内子を持つメスのカニ「せいこガニ」は、地元の人が好んで食べる冬の味覚です。解禁日からおよそ2カ月間という短い期間にしか獲れないので、もし出会う機会があればぜひ召し上がってみてください。

Sponsored Link

大根おろしたっぷり!福井の歴史が詰まった「越前そば」

出典:食べログ

福井県は日本屈指のそばどころ。福井のそばの歴史は古く、始まりは1473年頃と伝えられています。その後1601年に「そばきり」が登場。この頃からそばの食べ方が大きく変化します。麺状にしたそばに、大根おろしを加えて食べるようになりました。

この大根おろしと一緒にいただく名物「越前そば」は、1947年(昭和22年)に昭和天皇が召し上がられたことをきっかけに全国に広まります。

福井県すべての製粉企業では、昔ながらの石臼挽きを採用。石臼で丁寧に挽くことでそば特有の風味が保たれ、美味しい越前そばが完成するのです。

また越前そばに欠かせない大根にも、辛味が特徴の越前辛味大根を使用。通常の大根よりも小ぶりですが、ピリッとした辛味がそばの味を一層引き立ててくれます。エリアに関係なく、福井県全土で食べられることも魅力的。お土産としても喜ばれる一品です。

 

歴史と自然がたくさん詰まった福井県

恵まれた風土を活かした名物が数多くある福井県。壮大な自然の絶景や歴史が残る名所を観光した後は、特産品を使った福井グルメをお腹いっぱい堪能してください。福井自慢の美味しい名物料理は、旅の思い出をより印象深いものにさせてくれることでしょう。ご紹介したように、グルメなお土産も多く、旅の余韻にひたれますよ。

↓おすすめ記事♡
富山◎観光で食べたいおすすめ名物グルメ!≪北陸地方・福井県≫

新潟◎観光で食べたいおすすめ名物グルメ!≪北陸地方・新潟県≫

Sponsored Link