コンビニドリンク

仕事にも集中できる♪コンビニで買える集中力UPの飲み物5選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

長い時間仕事や勉強を続けていると、だんだんと集中力も落ちてきてしまいますよね。そんな時は、カフェイン入りの飲み物が効果的!今回はコンビニでも手軽に購入できる集中力UPの飲み物を紹介します。ひと息休憩がてら、集中力を回復させちゃいましょう。

 

集中力を向上させるには、カフェインを摂取する方法がおすすめです。市販されている飲み物にもカフェインを多く含んでいるものがあるので、手軽に取り入れることができますよ♪飲み物なら、仕事や勉強の合間にも休憩しながら簡単にカフェインがとれるので一石二鳥♪おすすめの飲み物と一緒に、カフェインの特徴や摂取時の注意点なども一緒にチェックしていきましょう。

カフェインの効果で集中力を高めよう

眠気を覚ましたい時などに簡単にできる対策として思いつくのが、カフェインではないでしょうか。カフェインには、脳を覚醒させる効果や一時的に集中できる状態に導いてくれる効果が期待できます。体調や人によって合う、合わないもありますが、平均で6時間ほどの持続効果が望めるようです。飲み物であればコーヒーや紅茶などがあります。カフェインを含んでいる飲み物には、コンビニなどでも手軽に購入できるものが多いのも嬉しいポイントです。

カフェインを摂取する時の注意点

眠気覚ましや手軽に集中できる方法として便利なカフェインですが、摂りすぎると逆効果になってしまう場合もあります。体調不良や胃もたれの原因になったり、夜の睡眠の妨げになったりする場合もあるようです。飲みすぎると中毒症状になってしまう可能性もあるので、連日のように大量に摂取したりどこか体調に違和感が出てきたりしたときには、カフェインの摂取は控えましょう。

Sponsored Link

カフェインを含むおすすめの飲み物5選

コンビニやスーパーでも手軽に購入できる、カフェイン入りのおすすめの飲み物をご紹介します。

コーヒーはカフェイン飲料の代表格

コーヒー

コーヒーにはカフェインの量が比較的多く含まれています。コーヒー独特の苦味が苦手な方でも、カフェオレや微糖など甘さが選べるのも特徴です。缶コーヒーやペットボトルのものなど、コンビニでも多くの品ぞろえがあり、仕事中などに飲むと集中できる効果が期待できます。

茶葉の種類で様々な味が楽しめる紅茶

紅茶

紅茶は茶葉に多くのカフェインが含まれています。しかし、紅茶は茶葉へお湯を注いで茶葉のエキスを薄めて飲むため、飲料として飲む時点ではそれほど多くのカフェインを含んでいません。コーヒー1杯でおよそ100㎎のカフェインと仮定すると、同量の紅茶に含まれるカフェインはおよそ30㎎ほどです。ただ、いくらカフェインが少ないとはいえ、コンビニなどのペットボトルは容量の多い500ml入りで販売されているものが多いので、飲み過ぎには注意しましょう。

温かいお茶でほっこりリラックス

お茶

緑茶をはじめ、ほうじ茶やウーロン茶にもカフェインが含まれています。中でも、玉露のカフェイン含有量はコーヒーを上回る程です。しかし、お茶の中にはカフェインを全く含んでいないものもあるので、購入する前には確認しておきましょう。

シャキッとするならエナジードリンク

エナジードリンク

集中力を上げるにはカフェインや砂糖(ブドウ糖)が必要と言われています。エネルギードリンクにはこの両方が入っているので、がっつり集中したい時にはおすすめです!眠気も来なくなり、しっかりと集中できるようになるでしょう。

ミルクの優しさでほっとするココア

ココア

コーヒーや紅茶ほど多くはありませんが、ココアの中にもカフェインが含まれています。あまりカフェインを多く取りたくない人にはおすすめです。カカオ独特の苦みが苦手な方は、牛乳を混ぜてみると飲みやすくなります。コンビニやスーパーのペットボトル飲料なら、はじめからミルクが配合され甘さが足されているものも販売されていますね。

実は、温かい飲み物の方がカフェインの効果が早めに現れると言われています。アイスとホットが選べる飲み物の場合は、温かい飲み物を選んだ方がより集中できるでしょう。

カフェイン摂取で集中力をアップ!

仕事や勉強の効率が悪くなってきたなと思ったら、気分転換や息抜きも兼ねてカフェイン入りの飲み物を飲んでみることをおすすめします。コンビニへの買い出しで作業の手を少し止めることでもリラックスできるかもしれませんね。コンビニで手軽に購入できるドリンクで集中力をアップさせましょう!

Sponsored Link

関連記事/- Related article -