読書で毎日を豊かに

通勤のお供にも!アラサー女子におすすめの本5選《漫画編》

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

体力的にも精神的にも節目だな、と感じるアラサー。「まだアラサー」「もうアラサー」という気持ちのせめぎ合いに悩まされる年頃です。今回はそんなアラサーにぜひ読んで欲しいおすすめの漫画を5つご紹介します。なんとなくこれからの生き方に迷っているあなた、必読です。

 

漫画は中高生が読むもの、アラサーともなればもう漫画は卒業!大人らしくビジネス関係や小説などのおかたい本を…なんて思っている人はいませんか?実はそれって大間違い!

最近は、アラサー女子必読の漫画も数多くあるのです。アラサー女性の恋愛事情をリアリティたっぷりに描いた漫画や、大人になった今こそ読んで欲しい少女漫画の不朽の名作…。数ある漫画の中から今回は、本は本でもアラサー女子にぜひ読んでもらいたいおすすめの漫画本、5冊をご紹介します。

 

ダメな男をぶった切る痛快漫画!

漫画で気分爽快!

「深夜のダメ恋図鑑」

まずオススメしたいのが、尾崎衣良さんの「深夜のダメ恋図鑑」。深夜に開催される女子会で、登場人物が出会った数々のダメ男のエピソードを語っていく、という構成で展開される物語です。

この漫画の面白いところが、リアリティ抜群かつ、これでもか!という位のダメンズ達と、彼らをばっさりとぶった切ってくれる女性の痛快なセリフ!

SNSなどでも「読むと最高にスカッとする!」と圧倒的支持を集めている漫画です。ストレス解消したいあなた、おすすめです!

 

分岐点に立った男女のリアルを描く漫画

リアルなストーリーに共感

「にこたま」

渡辺ぺこさんの「にこたま」。アラサー女性は共感せずにはいられない、大人のラブストーリーです。

交際期間9年、同棲期間5年のカップルの毎日を描いた話題作。仕事、結婚、恋愛…、人生の岐路に立たされた人々の、不安、苦悩、迷いがこれでもかというくらいリアルに描かれているので、もしかしたら読んでいて辛くなる人もいるかもしれません。

しかし、随所にちりばめられているユーモアで、ストーリーが重くなり過ぎず、一気に読んでしまうでしょう。

 

Sponsored Link

今こそ読みたい少女マンガの不朽の名作

「ベルサイユの薔薇」

漫画にあまり興味のない人でも、その名を一度は耳にしたことあるでしょう、少女漫画の金字塔ともいえる本、池田理代子さんの「ベルサイユの薔薇」。

フランス革命時代の、男装の騎士オスカルと悲劇の王妃マリー・アントワネットの激動の人生が描かれています。登場する歴史上の人物が皆個性的なのと、美しくも悲劇的なストーリーは一度読めばはまること間違いなし!

50年も前に出版されたとは思えない、今もなお色褪せない名作中の名作です。歴史好きはもちろん、歴史に興味が無い人でも面白く読めるはずなので、おすすめです。

 

恋愛と食事。不変のテーマを描いた漫画

たまには本屋さんの漫画コーナーへ

「いつかティファニーで朝食を」

マチヒロキさんの「いつかティファニーで朝食を」。主人公のアラサー女子が、理想の朝食を探し求めて行くうちに、新たな自分を見つけ、成長していくストーリーです。

この漫画の特徴は、出てくる朝食は架空のメニューではなく、全て実在するレストランの実在のメニューばかり。読めば必ず食べたくなる、魅力的な朝食ばかりです。

また、登場人物が直面する恋愛、仕事、生活に対しての「このままでいいのか?」というジレンマは、アラサー女子なら必ず共感するはずです。

 

戦う女性のストイックな美しい世界

「クレイモア」

八木教広さんの「クレイモア」。青年誌で連載され、人気を博したダークファンタジーです。

少しグロテスクな描写もある凄惨なストーリーですが、絵柄が精緻で美しいので、女性でもすんなり受け入れられます。人間をエサとする妖魔と、妖魔を倒すために、妖魔の血と肉を使用して生み出された半人半妖の女戦士、「クレイモア」の戦いを描いたストーリーです。

とにかくクレイモアの面々がかっこいい!女性の強さやしなやかさを再確認できる漫画なので、おすすめです。

 

たまには息抜きに漫画はいかが?

さまざまな悩みや問題に直面するのがアラサー世代の女子。今回おすすめした漫画は、そんな皆さんが共感できたり励まされたりするものばかり。さぁ、たまには漫画を読んで息抜きしませんか?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -