青森県

《青森県編》県民性や相性は?出身地で分かる都道府県別性格診断!

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

雪深い東北人の気質がしっかりと根付いている青森県民。厳しい冬を耐え抜く我慢強さと粘り強さは、どうやら恋愛の傾向にも影響を与えているみたいです。今回は、青森県民の大特集!気になる彼が青森県出身だ、というあなた、要チェックです!

 

今回の都道府県調査は、本州の最北端に位置する青森県をピックアップ。きっとほとんどの人が「青森=寒い雪国」というイメージなのではないでしょうか?そんな雪深い北国生まれの青森県民の男女は、いったいどんな性格で、どんな恋愛傾向にあるのでしょう?詳しくリサーチしてみました。彼らの攻略法を知ることが出来たなら、寒い冬もおかまいなし!な熱い仲になれるはず?!

都道府県調査!青森県はどんなところ?

青森市

都道府県の本州最北端に位置する県、青森県は短い夏と長くて寒~い冬が特徴的。県庁所在地である青森市は、青森県のほぼ真ん中にあります。

青森といえば代表的なのが「ねぶた祭り」!「ねぶた」と呼ばれる人形の灯ろうと、「ハネト」と呼ばれる踊り手、そして演奏隊の「お囃子」が三位一体となり街を練り歩きます。全国からも観光客が訪れるこのお祭り、その迫力は一見の価値ありです。

青森県の方言は、大きく3種類に分けられます。津軽地方の方言である津軽弁と、南部地方から岩手県北部までまたがって話される南部弁、下北半島で話される下北弁。特に津軽弁と南部弁は、「ほんとに同じ青森?」と言いたくなるくらい全く違うのが特徴。同じ県内の中でここまで異なる方言が話されるのは、都道府県の中でも珍しく、青森県民の間でもネタになっているくらいなのだとか。

青森県の県民性は? 男性の性格

津軽

では、そんな青森県で生まれ育った男性は、いったいどんな性格をしているのでしょう。

実は、西部と南部で性格が違うんです

青森県とは、もともと津軽と南部が統合して出来た県。そのため歴史的背景や人々のルーツが全く異なるのです。東北人気質である照れ屋で温和な性質と、「じょっぱり」とも言われる頑固な気質は男女問わず共通の県民性として根付いていますが、その他は大きく違ってくるので、気になる男性が青森県出身の場合はまず、「津軽出身?それとも南部出身?」と最初にリサーチしておいた方がいいかも。

リーダーになるのに最適!津軽男性

芯が強く、とっても真面目なのが津軽男性。やや頑固な一面もありますが、男らしく頼もしい、と思えるかも。「付き合ったら男性にぐいぐい引っ張っていってほしい!」というタイプには、津軽男性がぴったりかも。頼られると放っておけない、まさにリーダーにうってつけの性格です。

穏やかで素朴なのがウリです。南部男性

津軽男性とうってかわって、引っ込み思案で大人しい性格なのが南部男性。とってもシャイで穏やか。素朴な人柄が特徴です。「波風のたたない、穏やかな男性と出会いたいわ」なんて言うあなたには南部男性がおすすめかもしれませんね。

青森県の県民性は? 女性の性格

続いて、青森県の女性はいったいどんな性格なのかをご紹介します。

黙って私についてこい!津軽女性

津軽女性は、姐御肌でしっかりもの。母性本能に溢れています。男性に対しても「頼るより頼られたい!」「守られるより守りたい!」という考え方。ちょっと頼りなさそうな男性を見ると放っておけなくなってしまいます。かといって、ダメンズに引っかかりやすいのか、といえばそういうわけでもありません。我慢に我慢を重ねて「この人、ダメだわ」と思ったら、さっさと見切りをつけるドライな一面も。

陰で男性を操ります。南部女性

温和で控えめ、一歩下がって男性について行くタイプなのが南部女性。しかし「しめしめ、俺の言うことなら何でも聞くぞ」なんて思っていたら大間違い。頑固で芯の強い一面を持っているので、自分の信念は絶対に曲げません。結婚したら、一見亭主関白に見えて、実は旦那さんを手のひらの上で転がしている「裏かかあ天下」な家庭を上手に築き上げるでしょう。

青森県男性と相性の良い女性は?

一途

根がとっても真面目な青森県民、男女問わず「浮気や不倫なんてもってのほか!」という一途な性格です。そんな青森県男性と上手くいくのは、やっぱり同じように真面目で少々保守的な恋愛を好む女性。周りが見ていて「もう!どうなってんの?!」とじれったくなっちゃうような、のんびりとしたプラトニックな恋愛が出来るような人がいいでしょう。

都道府県で言うと、同じように穏やか大らかな県民性を持つ北海道民や、真面目でしっかりしている県民性の岩手県民、粘り強く少々保守的な傾向にある県民性が特徴の福島県民の女性と相性がいいでしょう。

青森県出身男子の胃袋を掴め!食の特徴

塩辛い

青森県男性をおとすには、まず胃袋を掴むべし!ここで、青森県民の食の特徴をチェック。気になる青森県民の彼の食の嗜好を探っておきましょう。

実は塩辛いものが大好きなんです

青森県は都道府県の中でも、食べ物が塩辛い味付けなのが特徴。何にでも醤油をかける、と形容されるほど、塩分の濃い食べ物を好む傾向にあるようです。健康のことを思ったら薄味にも慣れてもらいたいものですが、あまり薄味のものを出してしまうと味が薄い!と怒られてしまうかも。

赤飯が…茶碗蒸しが…甘いんです!

もうひとつびっくりするような食の特徴が。なんと、津軽地方の赤飯と茶碗蒸し、甘いんです。赤飯には甘納豆を、茶碗蒸しには栗の甘露煮を入れて作られる青森県ならではの赤飯と茶碗蒸し。津軽地方の男女が県外に出て茶碗蒸しや赤飯を食べたら、そのしょっぱさにビックリするのだとか。

意外?青森県は「※※※」が都道府県1位

りんご

青森県の都道府県1位のもの、というと、あなたは何を思い浮かべますか?ほとんどの方は「りんご!」と即答するのではないでしょうか。その通り、青森県はりんごの収穫量・生産量・消費量、全てにおいて都道府県第1位。まさにりんご大国なのです。

他にも人口1万人あたりの公衆浴場の数が第1位。さらに、温泉・銭湯の入浴料支出都道府県1位なのも青森県。青森県民は、どうやらお風呂が大好きなきれい好きが多いようです。

また、女性社長の比率が都道府県1位なのも青森県です。男女問わず真面目でしっかりもの!という青森県民の県民性が表れた結果だと言えますね。

そして意外とも言えるのが、「10代で初体験を迎えた男女の割合」。なんと青森県が57.4%で47都道府県1位!これにはビックリ。シャイで真面目、引っ込み思案な性格ながら、やることはちゃんとやっている…恐るべし、青森県民!

県民性がうかがえる?青森県出身の有名人

圧倒的な演技力が魅力!松山ケンイチ

その演技力で圧倒的な存在感を放ち、男女問わず人気の高い俳優の松山ケンイチさんは、青森県出身。じつは松山さん、芸能界にほとんど友人がいないのだとか。理由はとっても引っ込み思案な性格だから。数少ない友人の1人、V6の三宅健さん曰く、松山さんは「とても素朴でピュアな人」なのだとか。まさに青森県民の県民性そのまま!の性格ですね。

実はとってもピュアなんです。ELLY

ダンサーとしてだけでなく、ラッパーとしても大活躍中なのが三代目J Soul BrothersのELLYさん。いまや老若男女問わず注目を集める国民的グループの一員です。そんなELLYさん、こわもての外見とは裏腹に、とっても穏やかでピュアな性格の持ち主として有名。また大学時代、昼は勉強、夜は睡眠時間を削ってダンスの練習という、ストイックな生活を続けていたのだそうです。それもそのはず、彼は穏やかで真面目な性格を持つ、青森県南部地方出身なのです。

青森県民となら真面目な恋愛が出来そう

頑固な一面もありながら、穏やかで一途な青森県民。そんな青森県民となら、のんびりした恋愛が出来そうな予感。「次こそは結婚を視野に入れた恋愛がしたいわ」なんて思っている方は、青森県出身の男性に狙いを定めてみればいいかも?

Sponsored Link

関連記事/- Related article -