熱中症対策グッズ

フェスやアウトドアにも!熱中症対策のおすすめグッズ10選

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

夏場はフェスやアウトドアといった野外でのレジャーを楽しむ人が増える季節です。そんな時に気をつけたいのが熱中症です。熱中症は重度になると意識が朦朧としたり入院を余儀なくされてしまったりと、侮れない症状なのです。

 

気温が高く太陽が出ていると、体温が上がり汗をかくので体の水分がどんどん奪われていきます。同時に体力も奪われていくので、熱中症になりやすいのです。せっかくフェスやアウトドアで楽しんでいるのに、熱中症に倒れてしまったらもったいないですし辛いのはあなた自身。しっかりと熱中症対策をして夏でも思い切り楽しめるように工夫しましょう。

熱中症の前兆が出る前に!

熱中症になると様々な症状が表れますが、初期症状としてよく見られるのが「顔のほてり」や「めまい」です。そんな前兆が現れる前に、熱中症対策をすることが大切です。症状が出てからでは遅い場合もあるので、熱中症対策は常におこなうことを意識しましょう。

事前に出来る熱中症の対策は

では、熱中症を未然に防ぐためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。熱中症対策のポイントをご紹介します。

こまめに水分補給をする

熱中症対策のためにはこまめな水分補給がとても大切です。たとえ喉が乾いていなくてもこまめに水分補給して、体内の水分が不足しないように気をつけましょう。とくにスポーツドリンクなどの塩分や糖分が含まれる飲み物は、水分の吸収がスムーズに出来て汗で失われた塩分を補給できるのでおすすめです。

塩分を程よく摂取する

水分のように常に摂取する必要はありませんが、毎日の食事で程よい塩分を摂取するのも熱中症対策になります。とくにスポーツやアウトドアなどで大量の汗をかく場合は、塩分が不足しがちです。もちろん塩分摂取を制限されている場合は、医師に相談して上手に取り入れてください。

日差しを避ける

直射日光は熱中症を起こしやすい原因の一つです。帽子や日傘を活用して、直射日光が当たらないように工夫することも熱中症対策の一つだと覚えておきましょう。できるだけ日陰を歩いたり日陰で休憩したりすることも大切です。

こまめに休憩する

フェスやアウトドアだと楽しくてついつい休憩せずに遊んでしまいがち。しかし、炎天下で長時間活動することにより、体力も水分も奪われて熱中症になりやすくなってしまいます。できるだけこまめに休憩をとって、体力を回復しながら遊びましょう。

室内を涼しくする

熱中症になってしまうのは、外だけではありません。室内で暑さを我慢して扇風機やエアコンなどを使わないようにしていると、そのせいで熱中症になってしまうことがあります。暑いと感じたら我慢せず、部屋の中を涼しくして熱中症対策をしてください。

熱中症対策のおすすめグッズ

夏場に持っていて損はない熱中症対策におすすめのグッズをご紹介します。普段から使っても良いグッズもたくさんあるので、チェックしておきましょう。

瞬間冷却剤

袋の上から叩くだけで瞬間的に冷却してくれる「瞬間冷却剤」は、暑い日ほど助かる熱中症対策グッズです。使い捨てでかさばる点がデメリットですが、冷却効果はピカイチ。首元や膝の裏などにあてれば体を冷やしてくれるので、持ち物にいくつか忍ばせておくと良いでしょう。

携帯扇風機

電池や充電で動く携帯扇風機も熱中症対策グッズとしておすすめです。暑いときでも風があるだけで体感は大きく変わりますし、爽やかさも全く違います。首から掛けて使えるタイプもあるので、邪魔にならない物を選ぶと良いですね。

冷却スカーフ

水に浸して首に巻くだけで体温を下げてくれる冷却スカーフも、熱中症対策グッズとして効果的です。水さえあれば繰り返しどこでも使えるので、一つ持っていて損はありません。オシャレな柄や可愛い柄のものもあるので、ファッションに併せて使ってみては?

冷感スプレー

衣服にシュッと一吹きするだけで、吹きかけた部分が冷たく感じるスプレーもおすすめです。フェスやアウトドアだけではなく、通勤中の暑さもこのグッズがあれば解消してくれることでしょう。

熱中症モニター

熱中症対策として持っておきたいのが、熱中症指数を確認できる熱中症モニター。温度と湿度から熱中症になる可能性を表示してくれるので、目で見て意識することが出来るグッズです。普段熱中症対策を忘れがちな人には持っておいてもらいたいグッズの一つです。

冷感タオル

汗をぬぐうために欠かせないタオルも、濡らすだけで冷たく感じるものがあります。これを首に掛けておけば涼しさを感じますし、汗を拭くことも出来るのでフェスやアウトドアには欠かせないグッズでしょう。

帽子や日傘

直射日光を避けると体感温度は大きく変わるので、帽子や日傘も熱中症対策として欠かせません。フェスなどでは日傘を使えないので、つばが大きめの帽子を被っていくと良いでしょう。日傘は普段使い出来るので一つ持っておくと良いかもしれません。

塩飴

汗をかくと不足してしまう塩分を上手に摂取するために、塩飴を活用しましょう。スポーツドリンクがない時でも、水と塩飴を摂取すれば手軽に熱中症対策が出来るのです。塩飴もたくさんの種類が出ているので、味を選べるのも良いですね。

コールドスプレー

体に直接使える冷却スプレーも熱中症対策グッズとしておすすめです。熱中症対策だけではなく、捻挫などの応急処置や冷たいオシボリ作りにも活用できるので、アウトドアなどにもぴったりのグッズでしょう。

冷却シート

おでこや体に貼って使うタイプの冷却シートも、熱中症対策の定番グッズです。コンパクトに持ち歩くことが出来ますし、効果が長持ちするので何度も使用する煩わしさを感じることがありません。

夜間も熱中症には要注意

屋外でなくても夜間は熱中症の危険性が高い時間帯。昼の活動で体内に熱がこもってしまった場合、夜に熱中症を発症してしまうこともあります。また、寝ている間にも水分や体力が奪われているので、気づかないうちに熱中症になってしまうことも。

とくに寝る時はエアコンと扇風機を上手に活用して、部屋を適度に冷やしながら熱中症予防する事を忘れないでください。エアコンが体に悪いとは言われますが、暑さで熱中症になってしまっては意味がありません。

熱中症対策は毎日意識して

フェスやアウトドアなど外での活動では熱中症対策をするけれど、普段はしていないという人も少なくありません。しかし、熱中症になる可能性は毎日の生活にも潜んでいるので、夏場は意識して熱中症対策をおこなうようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -