セルフフットケア

お疲れ足に!症状別セルフフットケアのおすすめ方法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

デスクワークでも立ち仕事でも時間が経つごとに疲れてくる足。むくみや角質がどんどん蓄積されて、夏なのに足を出せないなんて女性も多いのでは?そんな時は自分でできるフットケアで、美しく人に見せたくなる足を取り戻しましょう。

 

毎日の仕事や通勤などで知らず知らずのうちに疲れが溜まっている足ですが、あなたはフットケアしていますか?フットケアを怠っていると、見せたくない足が出来上がってしまい、せっかくの夏なのにいつもロングスカートやパンツスタイルということになってしまいます。リフレッシュするためにもセルフフットケアをして、自信を持って出せる足を目指してみませんか?

Sponsored Link

セルフフットケア①むくみ解消方法

まず足が疲れてくると一番分かりやすく現れるのが「むくみ」ですよね。足がむくんでいると疲れが取れない感覚にもなりますし、スカートや短パンなど足を出す服を着たくないと思ってしまいます。そんなむくみを解消するセフルフットケアの方法をご紹介します。

血行不良をお風呂で改善

まずむくみの原因として考えられるのが血行不良です。むくみというは余分な水分や老廃物が体内に溜まっている時に起きる現象です。通常この水分や老廃物は、血管やリンパを通って排出されますが、血行不良だとその排出が上手く行われずむくんだ状態になってしまうのです。

毎日お風呂に入るだけでも血流は大きく変わるので、シャワーだけで済ませているという人は湯船に浸かる習慣をつけましょう。出来れば湯船に入っている時は足を揉んで、むくみを解消してあげてください。

足のマッサージでむくみ解消

むくみ解消のセルフケアとして効果的なのが足のマッサージです。マッサージは出来ればお風呂後など、血行が良くなっている時に行ってください。足の裏はたくさんのツボもあるので、上手にマッサージ出来るとむくみ解消しやすいです。

1.まず小指から親指まで順番に軽く指を揉みほぐしたら、指の間を広げて手で言う水かき部分をつまむようにほぐします。最後に指を1本ずつ引っ張りましょう。
2.次に拳を作ったら足の裏をまんべんなく指圧します。痛いと感じない程度に足の裏、続いて足の甲を拳で押しながらマッサージしましょう。
3.次は足首です。両手を少しずらして足首を握ったら、親指で円を描くようにマッサージしてください。最後に足を持って足首を回します。
4.むくみやすいふくらはぎは、足首から膝裏まで親指や手のひら全体を使って時間を掛けてマッサージします。拳を作って、足首から上に向かって、反対に膝裏から足首に向かって擦るようにマッサージする方法も効果的です。
5.膝の裏は拳を作ってギュッと3回ほど押します。そのまま太ももの外側に移り、筋肉を解すように上から下へと押し上げましょう。
6.その後内もも全体を揉みほぐして、死後に太ももの裏を揉んだら終了です。

ストレッチでセルフケア

ストレッチは血行促進やむくみ解消に効果的です。簡単に出来るストレッチ方法をご紹介します。

1.両膝を立てて仰向けになります。
2.立てた左足の太ももに右足のくるぶしを乗せます。
3.右足はそのままの状態で、両手で左の太ももを抱え上半身側に引き寄せます。
4.そのまま15秒キープして緩めたら、反対の足も同じように行いましょう。

セルフフットケア②角質ケア方法

とくに立ち仕事などを続けていると、かかとの角質が固くなりガサガサになってしまうことも。サンダルを履く季節は、そんなガサガサのかかとでは魅力が半減してしまいます。

削るセルフケア

すぐに角質除去したい場合は、削るケアがおすすめです。お湯につけたり乳液などでマッサージをしたりして角質を柔らかくしたら、角質用のヤスリで優しく削ります。この方法はすぐに角質除去出来ますが、刺激が強いので強くやりすぎないように気をつけましょう。お肌が弱い人にはおすすめ出来ない方法です。

はがすセルフケア

削るよりも優しく角質のセルフケアをしたいという場合は、磨くケアがおすすめです。ピーリング剤を使い、マッサージをして角質除去する方法です。週に2~4回程度を目安に行うと、徐々に角質が柔らかくなり綺麗になります。ただし削るケアと違いある程度時間がかかるので即効性を求める人には向きません。

剥がすセルフケア

パックなどを使って剥がすケアも最近話題です。パックをすると数日後に角質が剥がれてきます。削ったり磨いたりするよりも優しい方法ですが、完全に角質が綺麗になるまでは皮が剥がれているような見た目なので見栄えが良くないですし、見た目のせいでサンダルなど足が出る靴を履けないのがデメリットです。

Sponsored Link

セルフフットケア③ネイルケア方法

せっかくフットケアで足を美しくしたのですから、ネイルケアをしてさらに魅力的な足を手に入れましょう。

用意する物

・爪やすり
・キューティクルオイル
・キューティクルリムーバー
・歯ブラシ
・ガーゼやコットン
※キューティクルオイルとキューティクルリムーバーはワセリンやベビーオイルで代用可能。

セルフケアの方法

1.まずは爪を綺麗にします。足の指をしっかり濡らしたら、歯ブラシに石鹸の泡を付けて指の溝をなでるように優しく洗います。
2.爪を洗った後爪が柔らかくなるまでお湯に浸して、爪やすりで形を整えます。
3.次に爪と甘皮にキューティクルオイルを塗って、手の爪で甘皮を優しく押し上げて除去します。この時手の指にガーゼを巻き付けて甘皮を優しく擦ると上手く処理できる場合があります。力を入れてこすったり引っ張ったりしないように注意しましょう。
4.最後にガーゼなどで優しく爪や周辺を拭き取って完成です。

爪のセフルフットケアは強い力を加えてしまうと爪や周辺の皮膚を傷つけてしまうので、無理矢理甘皮処理をしたりこすったりと負担がかかることは絶対にしないでください。爪が綺麗になっているとネイルもしやすいですし、サンダルを履いた時足が美しく見えます。

セフルフットケアで疲れのない美しい足へ

忙しい時や疲れている時はどうしても体のケアを怠ってしまい、疲れを溜め込んでしまいがちです。しかし、セフルケアをするとリフレッシュになりますし、何より疲れが取れてスッキリするので仕事や遊びも今より楽しく感じるはず。とくにフットケアは時間がかかるので後回しにしてしまう人も多いですが、念入りに行えば行うほど足はどんどん綺麗になります。

せっかく足を出せる可愛い服や靴が履ける季節なのですから、フットケアをして疲れのない美しい足を手に入れましょう。きっと足が綺麗だと今まで挑戦出来なかった服や靴にも興味が湧き、自分に自信を持てる女性もいるでしょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -