革のお手入れ

【財布・バッグ…】知っておきたい豆知識!革製品のお手入れ方法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

財布やバッグや靴など、良い物を買おうとするとやはり革製品に注目しますよね。きちんとしたお手入れをしていれば、革製品はどんどんその良さを発揮してくれます。そんな革製品、あなたはきちんとお手入れできていますか?

 

財布にバッグ、ベルトや靴など私達の周りにはたくさんの革製品があります。ハイブランドになると革の質が良いものになり、より高級で良い革を使っているなんてこともあるでしょう。そんな革製品、きちんとお手入れをしていますか?長持ちすると言われる革製品ですが、お手入れをするのとしないのでは状態や持ちが大きく変わるのです。お気に入りの財布やバッグをより長く綺麗に使うためにお手入れの方法や必要なアイテムを知っておきましょう。

良いものを長く使いたいなら革製品

財布やバッグなどは少し高くても良いものを買って、長く使いたいと考える人が少なくありません。最近では革に似せた生地などもクオリティが高くなっていますが、やはり使っていると革製品との差を実感しますよね。良い財布やバッグを少しでも長く使うためには革製品を選ぶことがポイントです。

革製品の手入れに必要なアイテム

まず、革製品をお手入れするためにはどんなアイテムを揃えれば良いのでしょうか。基本のアイテムから持っておくと便利なアイテムまでご紹介します。

皮革ブラシ

どんな革製品でも、基本のお手入れアイテムとして使うのがこの皮革ブラシです。皮革ブラシの多くは馬の尻尾の毛が使われており、汚れやホコリを落とすために欠かせないアイテムなのです。財布はもちろん、バッグや靴にも使うアイテムです。汚れやホコリを落とさずにクリームなどでお手入れすると、汚れが落ちなくなってしまうことがあります。

皮革用クリーナー

皮革用クリーナーは、革製品の汚れを綺麗にする役割があるアイテムです。「チューブタイプ」「スプレータイプ」「消しゴムタイプ」など、様々な種類があるので用途や使う革製品によって選んでみましょう。革は水で濡らして洗うことが出来ないので、汚れた時はクリーナーがマストです。

保革クリーム

革製品を長く使うために一番気をつけたいのは「保湿」です。水に濡れることは厳禁とされる革製品ですが、人のお肌と同じように水分や油分は必要なのです。潤いを与えることで健康な状態を保ち、長く使っても良い風合いが出る革製品になるということなのです。

コットンの布

お手入れの仕上げとして欠かせないのが布です。また、毎日のお手入れにも使います。革を傷つけにくいコットン100%の布を用意しておきましょう。使い古した洋服やシーツなどでも構いません。

防水スプレー

お手入れの仕上げに使います。革製品の大敵である水から守るためにも、必ず一つは買っておくことをおすすめします。

基本の革製品のお手入れ方法

革製品に必要なアイテムを揃えたら、早速お手入れをしてみましょう。基本的なお手入れ方法は財布やバッグなど、どんな革製品も変わりません。

毎日のお手入れは布で乾拭き

財布もバッグもそうですが、毎日しっかりとクリームなどでお手入れする必要はありません。普段はコットンの布で乾拭きをして、汚れやホコリを残さないようにしておきましょう。この時、ゴシゴシ擦ったり強い力を加えたりすると革製品もが傷ついてしまうので、優しくお手入れしてください。

月に一度は保湿するお手入れを心がける

毎日のお手入れは乾拭きでも良いのですが、月に一度程度はクリームによる保湿をおこなって革の状態を保ちましょう。もちろん革の状態にもよりますが、普段のお手入れをきちんとしているのなら、月に一度で十分でしょう。

保湿する時のお手入れを確認しましょう

1.皮革ブラシで革製品全体のホコリや汚れを払って落とす
2.布で乾拭きしてさらに綺麗にする。
3.布に保革クリームを適量取る。
4.革製品に円を描くようにしてムラの無いよう隅々まで塗る。
5.再び皮革ブラシで革製品の縫い目に残ったクリームやホコリを落とすためブラッシングする。
6.更に乾拭きで余分なクリームやホコリを完全に綺麗にする。
7.最後に防水スプレーをかける。できるだけ30cmくらいから離してスプレーする。(近いとシミになる恐れがあるため)

こんな風に、少し時間はかかりますがお気に入りの財布やバッグをより長く使うために、お手入れを欠かさずに行いましょう。

やってはいけないお手入れ方法

お手入れの方法をご紹介しましたが、反対にしてはいけないお手入れ方法がいくつかあります。間違って革製品を傷めないように気をつけましょう。

水に濡れた時ドライヤーや太陽に当てて乾かす

雨などで革製品が濡れてしまった時、焦ってドライヤーや太陽光に当てて乾かそうとしてしまうことがありますがこれは間違ったお手入れ方法です。革は動物の皮なので、高温に当てると性質が変化してしまいます。高温に当てることは革がゴワゴワしたり固くなったりする原因になるので、乾燥させる時は日陰で風通しの良い場所に置いてゆっくりおこなってください。

汚れ落としのために水拭きをする

基本的に革は水で濡らしてはいけないものです。水で濡らすと革本来の油分が抜けてゴワゴワしたりシミになったりしてしまうからです。汚れを取る時はクリーナーを使い、基本的に水は避けるようにしましょう。

オイルの塗りすぎにも注意

革に適度な水分や光沢を与えたい時、保革油を使用する人もいます。革を滑らかに保つためには大切なお手入れの一つです。ただしここで気をつけたいのはオイルの塗りすぎです。オイルを塗ったら、表面に残っているオイルはきちんと拭き取ってください。残ったままにすることでカビの原因となってしまうことがあります。

毎日のように使う財布はお手入れも多めに

毎日使う財布やカバンは、汚れやホコリがつく機会も多いのでこまめなお手入れを心がけましょう。汚れやホコリがついたままになっていると、革製品を傷つけたり良くない状態に導いたりしてしまうことがあります。

とくに財布やカバンは手垢もつきやすいので、一日の終わりには基本のお手入れ、2週間~1ヶ月に1回はきんとしたお手入れをしましょう。そうすることで使う度に味のある美しい革製品になっていくのです。

正しいお手入れは革製品を長持ちさせる

今お気に入りで使っている革製品、何年先も良い状態に保ちたいのなら正しいお手入れ方法を身に付けましょう。お手入れするほど愛着も湧くはずですから、よりその革製品が好きになり大切に使おうという気持ちも生まれやすいものです。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -