眠気覚まし

仕事中や運転中の急な睡魔を撃退!即効眠気覚まし方法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

寝不足やランチの後など、ついつい仕事中にうとうと…なんてこともありますね。睡魔が襲ってくると集中力もなくなってしまいますし、仕事に身が入らくなってしまうので困ったり注意されたりした経験がある人も少なくないようです。

 

どんなに意識していても、仕事中の睡魔というのは突然襲ってくるものです。そういう時は仕事が進まない、眠気でイライラ…とあまり良くない状態に陥ってしまうものです。そんな時には眠気覚ましする方法を試して、その睡魔に打ち勝ちましょう。眠さに邪魔されて仕事が思うように進まないなんて、できるだけ早く脱出したい状況ですから色々な方法を試してみることも大切です。

身体を動かして眠気解消!

眠い時はとにかく体を動かして眠気覚ましするのが一番ですが、仕事中なのでなかなか大きな動きは出来ません。小さな動きでも眠気覚ましにぴったりな方法をご紹介します。

耳をマッサージする

耳にはたくさんのツボがあるので、引っ張ったり掴んで回したりするだけでも刺激になります。耳に刺激が行くと脳が活性化する、リフレッシュするなどの効果が期待できるので眠気覚ましとして効果的な方法なのです。デスクで出来る動きなので、仕事中でも問題なくできそうですよね。

立ち上がって深呼吸する

脳に酸素が足りていない状態だと、眠気が強くなってしまうことがあります。もし立てる状況なら椅子から立ち上がり、何回か深呼吸をしてみましょう。出来たら外に行って新鮮な空気を取り入れると、より眠気覚ましとしての効果が高いようです。

息を止める

息を止めている時に眠るということは出来ないですから、この方法も眠気覚ましとして効果的です。数秒息を止めて一気に息を吸い込むと、酸素が脳に行き渡りやすくなりスッキリとするのです。ただし、やりすぎないように注意してくださいね

手のツボ押しをする

手には眠気覚ましに最適なツボがたくさんあります。席から離れることが出来ない仕事中は、こっそりとデスクでツボ押しをしてみましょう。会議中などあまり大きな動きができない時でも、手同士のツボ押しなので机の下でも出来るのがこの方法の良いところです。

会話をする

人と会話をすると脳を使うので、次第にボーッとしていた意識がはっきりしてきます。仕事中でも雑談が出来るような職場なら、隣や前の席の人と軽く話してみましょう。むりやり仕事の相談を持っていって会話してもらうのも良いかもしれません。

眠気覚ましグッズを活用

自分の力ではどうにも眠気覚ましが出来ないという場合は、眠気覚ましグッズを使うのも良いでしょう。仕事中でも使える眠気覚ましグッズでの方法をご紹介します。

冷却シートやスプレーで体を冷やす

体がポカポカと暖かくなっていると、自然と眠気が襲ってくるものです。だから冷やして眠気覚ましする方法は効果的なのです。冷却シートなら、仕事中はおでこなどの目立つ部分には貼りにくいので脇や足の付根など太い血管がある場所に張ってみましょう。冷却スプレーなら首などにすると即効性があります。

クール系の目薬をさす

目が閉じてしまうくらい眠いのなら、とりあえず強いクール系の目薬をさしてその場を乗り切りましょう。目に爽快感があるとスッキリとするので、とにかく眠くてどうにもならないという時におすすめです。

香りで眠気覚ましする

香りによってリラックスしたり眠気覚まししたりする事が出来るので、それを活用する方法もおすすめです。眠気覚ましに良いとされるのはペパーミントやユーカリの香りなので、そういったオイルを持ち歩いて匂いをかぐとスッキリするはず。ただし周囲の人に迷惑にならないよう強すぎる匂いには気をつけてくださいね。

摂り過ぎ注意?カフェイン入り飲料

眠気覚ましのためにカフェイン入り飲料を飲む人も多いですが、どんなものが効果的なのかをご紹介します。ただし、カフェイン入り飲料は飲みすぎると体調不良などを起こす場合もあるので、用法用量を守って使用してください。

ブラックコーヒー

やはりカフェインと言えばコーヒーを思い浮かべる人は多いはず。コーヒーも、エスプレッソや無糖など、濃度が高いほうがカフェインの含有量が高くなります。苦味自体でも味覚から眠気覚ましになりますし、コンビニや自動販売機で手軽に買えるので手軽というのもポイントでしょう。

紅茶

意外とカフェインの含有量が高いのが紅茶です。特に濃い目の紅茶はコーヒーよりもカフェインが強い場合があるので、実は眠気覚ましに飲むのにはぴったりなのです。コーヒーが苦手という人は紅茶に切り替えてみると良いかもしれません。

モンスター エナジー

エナジードリンクとして人気のレッドブルよりも、遥かに高いカフェイン量を誇るのがモンスターエナジーです。他のエナジードリンクの中でもトップなので、眠気覚ましのためにエナジードリンクを飲むのならモンスターエナジーが最適でしょう。

激強打破

眠気覚ましのためのドリンクなので、その効果は抜群です。少量ながら多くのカフェインが入っているので、飲み過ぎには十分注意しましょう。味は濃いコーヒー風味なので、コーヒーが苦手な人には少し飲みづらさを感じるかもしれません。

栄養ドリンク

栄養ドリンクは、実はそこまで強いカフェインは含まれていないのですが疲れを取る滋養強壮成分が入っているので疲れによる眠気を取る方法としてはおすすめです。忙しくてしっかりと休めない時、栄養が足りていない時などには最適でしょう。

どうしてもだめな場合は仮眠を

どんな方法やどんな飲み物を試しても眠気覚ましにならないという場合は、仕事中でも少し仮眠したほうが良いです。もちろん会議中などは無理ですから、眠くなりそうな時は昼休みなどに寝ておきましょう。15分寝るだけで頭はスッキリするので、とくに寝不足などの場合は寝てしまうほうが良さそうです。

仕事中の眠気を吹き飛ばして効率の良い仕事を

仕事中の眠気は仕事の進捗や集中力に大きな影響を及ぼしてしまいます。可能であれば毎日質の良い睡眠をしっかりととって、仕事中でも眠くならないようにしておくことが大切です。また、ランチ後に眠くなってしまう場合は食事の食べ方や食べる量に気をつけるだけでも眠くなりにくいことがあるので、試してみる価値はあるでしょう。

いずれにしても眠気は一秒でも早く撃退したいものですから、色々な方法を試してみて自分に効果的な眠気覚ましの方法を知っておくようにしましょう。大切な仕事中に寝てしまってそれまでの努力が水の泡…なんて事にならないよう眠気との戦い方は知っておくべきなのです。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -