結婚

決意する条件は何?彼が結婚に前向きになる方法とは

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

大好きな彼氏とのお付き合いが順調に進むと、女性が自然と意識する結婚。そんな女性の思いをよそに、彼氏は結婚のことなんて全然考えてない…というカップルも少なくありません。彼氏が結婚に前向きになるきっかけは、どんなことなのでしょうか。先輩カップルに聞いてみました。

 

大好きな彼氏との、結婚を意識してしまうのが女心。ところが、彼氏にとって結婚を意識するのは、なかなかハードルの高いことなのかもしれません。

交際をしていく中で、彼氏が結婚に対して前向きになるきっかけには、どんなものがあるのでしょうか。

めでたく結婚が決まった先輩カップルに聞いた、彼氏を結婚に前向きにさせる方法をご紹介します。

 

男性と女性で結婚観は違うもの?

結婚

「結婚」というワードに抱く印象は、男性と女性で違うのかもしれません。

女性は付き合う時点で、ある程度結婚を意識しているもの。結婚を考えられない相手とは、そもそも交際しないという人も多いでしょう。

女性が結婚を強く意識する理由のひとつに、出産が挙げられます。出産には適齢期があり、いつか来るリミットまでには子どもを産み終えたいという思いが、結婚に対する意識を高めさせているのかもしれません。

一方男性は、先々のことを考えるよりも、今好きと思える相手と交際する、という単純明快さが特徴。

子どもを持つことに対しても、男性は女性ほどリミットを意識しなくても良いことも理由のひとつでしょう。男性にとって、交際と結婚は必ずしも繋がっているとは限りません。

「私ばかり結婚を焦ってるみたいで、何も考えていない彼氏にイライラする!」とはよく聞く話。そもそも結婚に対する意識が男女で違うことを知っておいた方が、自身のためなのかもしれません。

 

彼はどうすれば結婚に前向きになる?

指輪

結婚といえば、男性が女性に一世一代のプロポーズをするのが王道。

女性にとっては憧れのシーンですが、男性にとってはプレッシャー以外の何ものでもないのかもしれません。

結婚に積極的なのは女性の方なのに、結局、決定打となるのは彼氏からのプロポーズ。彼氏からのプロポーズをひたすら待つしかない状況にイライラを募らせる女性にも、できることはあります。

彼氏が自信を持ってプロポーズできる状況を、少しずつ作っていきましょう。

女性の社会進出が進み、結婚したら男性が家族を養うという図式も崩れてきた現代。経済的なプレッシャーから解放された男性に新たに降りかかるのが、育児や家事に参加する家庭的な夫であらねばならないというプレッシャーでしょう。

結婚したら、子どもが産まれたら、仕事は続ける?家事の分担は?ということについて、それとなく彼氏の不安を取り除いてあげることも有効な方法です。

 

体験談:結婚のきっかけは仕事の転機

プレゼント

 

 

「彼氏は転勤のない地方公務員、私は全国転勤のメーカー勤務でした。 付き合って2年半が過ぎ、特に結婚したいとも思っていない様子だった彼氏。 『今の仕事でキャリアアップしたいから、本社への異動願いを出そうと思ってる』と思い切って言ってみました。 このまま私が本社に異動したら、彼氏と一緒に暮らすことはできません。 そこでようやく焦ったのか『結婚したいと思っているから、一緒に暮らせる方向でキャリアを考えてほしい』と彼氏から言ってきました。 異動願いの話は半分賭けでもあったけど、彼氏が結婚に前向きになる大きな転機になったと思います」(27歳/メーカー営業)

 

離れ離れになってしまうかもしれないという状況になって初めて、男性は今後について真剣に考え始めるのかもしれません。

リスクをおかしてでも今後について考えてもらう機会を作り、見事に成功したエピソードでした。

 

体験談:誕生日プレゼントで結婚を意識

デート

 

 

「付き合って3回目の彼氏の誕生日。 プロポーズへの布石になればと思い、奮発してサプライズ旅行をプレゼントしました。 行き先は、彼氏がずっと行きたがっていた京都。 京町屋を改装した高級フレンチと、なかなか予約がとれない人気旅館のスイートルームをプレゼントし、彼氏もちょっと圧倒され気味でした。 彼氏も負けていられなかったのか、3カ月後のクリスマスにプレゼントされたのが、ハリウッドセレブ愛用ブランドのエンゲージリング。 彼氏の誕生日に、思い切って奮発した甲斐がありました」(28歳/広告代理店)

 

彼女からもらったプレゼントよりも、良いものを返したいという彼氏のプライドをうまく利用して、結婚に前向きになってもらったエピソードでした。

注意したいのは、彼氏にも彼女と同等かそれ以上の経済力があるかどうかを見極めること。

年下彼氏や、経済的に余裕がない彼氏の場合、逆効果になることもある方法なので注意が必要です。

 

体験談:結婚への不安を払拭してあげる

カップル

 

 

「結婚ラッシュを迎え、月に1回ペースで友達の結婚式に参加していた頃。 花嫁姿の友達と写真に写る私の姿を見て、彼氏も結婚を意識するようになっていました。 ところが『今の仕事は収入も不安定だし、幸せにしてあげられる自信がない』と突然の告白。 最初はショックだったけど『私も働いてるし、お金のことはどうにでもなるよ』と彼氏の不安を払拭してあげられるよう努めました。 彼氏もその言葉に前向きになれたようで、その後無事に結婚して、今でも幸せな日々を送っています」(26歳/看護士)

 

同年代の友達が結婚していく姿は、結婚を現実的に考えるきっかけになります。

せっかく彼氏が結婚する気になっても、不安要素があるとあと1歩が踏み出せないもの。

どんな困難があっても、寄り添って解決できる人だと感じてもらえれば、結婚へのハードルも下がるでしょう。

 

体験談:交際当初から結婚を意識させる

デート

 

「5歳年下の彼氏と付き合った時点で、私は29歳。『結婚する気がないなら、1年以内に私と別れて』と、交際当初から釘を刺していました。 当時24歳の彼氏に結婚を考えさせるのは無理かなと半分あきらめもあったし、ダメなら早く次の人を探したかったから。 付き合って10カ月の時に、旅行先でエンゲージリングをプレゼントしてくれた彼氏。 自分で釘を刺しておきながら、突然のことにビックリしました。今ではお腹に子どももいて、もうすぐ3人家族になる予定です」(30歳/接客業)

 

そもそも付き合う時点でリミットを設定しておけば、彼氏の結婚に対する意識も変わってくるかもしれません。

女性から結婚の話をするのは…と遠慮しがちですが、本当に結婚したいのであれば、自分から結婚について触れてみるのも有効です。

 

彼氏が結婚を意識するきっかけを作ろう

結婚は、プロポーズを待つしかないと決めつけていませんか?日々の暮らしの中で、彼氏が結婚に対して前向きになれるきっかけを作れば、結婚は遠い未来ではありません。

時には大胆な手段も取り入れながら、彼氏に結婚を意識してもらいましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -