ハイスペック彼氏

理想の彼氏像?ハイスペック彼氏の条件と彼女の特徴とは

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

世間にいると聞いたことはあるものの、なかなかお目にかかれない「ハイスペック彼氏」。一体、どのような人たちのことを指すのでしょうか。ハイスペック彼氏と付き合うのに必要な条件や、ハイスペック彼氏が理想とする彼女像について調査してみました。

 

できるものなら、一度はハイスペック彼氏とお付き合いしてみたいもの。世に言うハイスペック彼氏とは、どんな条件や特徴を持った男性のことを言うのでしょうか。

ハイスペック彼氏とお付き合いしたことがあるという女性の体験談をもとに、ハイスペック彼氏が理想とする彼女像や特徴、どこに行けば出会えるのかについて分析してみます。

 

ハイスペック彼氏とは?条件や特徴

男性

ハイスペック彼氏とは、一体どのような男性のことを指すのか女性たちに意見を聞いてみました。

 

「友達の彼氏は、帰国子女でバイリンガルの銀行員。不動産投資が趣味で、東京にいくつもマンションなどの不動産を持っています」(27歳/銀行員)

 

「ネームバリューのある大学を出てて、大手企業に勤めて、外車に乗ってるって聞くと、ハイスペックだなって思う。これまでの人生で挫折を経験したことがなくて、強気なイメージ」(26歳/営業事務)

 

「某一流メーカー勤務の友達の彼氏は国内外を忙しく飛び回ってて、数百億単位の仕事を任されているそうです。たまに一緒に食事するといつも彼が払ってくれるし、おいしいお店や本当にいいものを扱っているお店をたくさん知ってます」(26歳/広告代理店)

 

ハイスペック彼氏の条件は曖昧なものの、安定して高収入を得ていてお金に余裕があり、仕事においてもプライベートにおいてもアグレッシブなのが特徴なのかもしれません。

人生で成功し続けている彼らは、勝ち気でポジティブ、今よりもさらに上を目指して日々邁進しています。

 

ハイスペックな男性とはどこで出会える?

出会い

普通の生活をしていては、なかなか出会えそうもないハイスペックな男性達。一体どこに行けば出会えるのでしょうか。

 

ハイスペックな人たち限定のコンパ

医師や弁護士、一流企業勤務など、特定の条件をクリアした男性のみが集まるコンパが存在します。

参加する女性たちに課せられる条件はそれほどハードルが高くない場合もあり、効率的にハイスペック彼氏をつくるには絶好のチャンスとなるでしょう。

 

大学や会社など、ハイスペックな場所

有名大学や一流企業に在籍していれば、自然とハイスペックな男性との出会いも多くなります。

ただしこの場合、女性側にもある程度のスペックが求められるのがネックです。

 

ハイスペックな友達からの紹介

地元の友人や高校の同級生など、身近な友達にハイスペックな人生を送っている人はいませんか?

ハイスペックな人の周囲には、ハイスペックな人が集まるもの。これまでの人脈を大切にしていれば、思わぬところでハイスペックな男性との出会いがあるかもしれません。

 

ハイスペック彼氏が理想とする彼女像

カップル

上昇志向が強く、仕事にプライベートに多忙なハイスペック彼氏達。そんな彼らが理想とする彼女像とは、どんなものなのでしょうか。

 

精神的にも経済的にも自立した女性

お金目的で女性に近づかれたり、依存されたりすることに飽き飽きしているハイスペック彼氏達。

自分が持っているモノやカネではなく、自分の本質や人間性を愛してくれる彼女を求めます。

自分なしでも自立して生きていける力を持った女性かどうか、鋭く観察されていることをお忘れなく。

 

自分の仕事や生き方を理解してくれる

仕事にプライベートに多忙を極めるハイスペック彼氏には、彼女との予定を優先できないこともあります。

理想は、そんな時でも自分の生き方に理解を示し、応援してくれる彼女。少しわがままな生き方にもついてきてくれる、柔軟な女性を求めているのでしょう。

 

容姿端麗で日々の努力を怠らない女性

一流のものを求める、ハイスペック彼氏。もちろん彼女にも、容姿や人間性が一流であることを求めてしまいます。

プレッシャーに感じてしまいがちですが、それを自然体にこなしてしまうしなやかな女性が彼らの理想です。

 

体験談:ハイスペック彼氏の彼女話1

彼氏

 

「大学の先輩だった彼とは、社会人になってから仲良くなりました。話も合うし、私は彼にどんどん惹かれていたのに、彼はずっとそっけない態度。2人で会っても、楽しく食事をしてそれで終わりという期間が何カ月も続きました。後から聞いてわかったのですが、彼は以前付き合っていた女性にお金やブランド物を都合よく取られた末、ひどい別れ方をしたそう。気になる人ができても、付き合うまでに時間が欲しかったそうです。なかなか前進しない関係にもどかしく感じることもあったけど、時間を経て私が信頼できる人間だと思ったらしく、彼の方から『彼女になってほしい』と言ってくれた時は幸せでした」(26歳/証券会社勤務)

 

挫折を知らないハイスペック彼氏達も、ハイスペックだからこそ踏みとどまってしまう時があるようです。

簡単に自分を安売りしないのが、ハイスペック彼氏達。付き合う前のもどかしい時間にも、ちゃんとした意味があるのです。

 

体験談:ハイスペック彼氏の彼女話2

デート

 

「オフィスが同じビルに入っていることで、仲良くなった私達。彼は外資系の金融機関、私は外資系のシンクタンクに勤めていました。付き合って3カ月目に、彼がアメリカに赴任することに。私は当然、遠距離恋愛になるものだと思っていたけど、彼から『一緒にアメリカに来てほしい』と言われビックリ。少し悩んだけど、私もアメリカ支社で働けるよう上司に交渉して、彼に遅れること半年で渡米しました。お互いキャリアを諦めることなく一緒にいられる今の関係が快適だし、仕事が落ち着いたら籍を入れようということになっています」(27歳/シンクタンク勤務)

 

あまり身近に起こりそうにないハイスペックな話ですが、ハイスペック彼氏を持つとこんな話も現実に起こりうるのです。

ハイスペック彼氏達は、やりたいと思えることが目の前にあると、今ある住居や環境を捨てることに抵抗がありません。そんな中、一緒に来て欲しいと思わせた彼女。

その人間性や日々の努力に、見習うことは多くありそうです。

 

体験談:ハイスペック彼氏の彼女話3

デート

 

「私自身はハイスペックな経歴を持っていませんでしたが、派遣社員として働いていた大手広告代理店で出会った彼と付き合うことになりました。幼い頃から日本舞踊を習っていたので、彼いわく、私の所作や立ち居振る舞いに惹かれたみたいです。彼は忙しいので職場以外ではなかなか会えないけど、私はその間に趣味のセルフネイルをしたり、お茶のお稽古をしたりと、充実した時間を送っていました。出会って半年ほどで彼がシンガポール支社に転勤することに。すると『俺の奥さんになって、近くで支えて欲しい』とプロポーズされました。今はシンガポールで、地域の人に日本文化を教える活動をしながら主婦として彼をサポートしています」(26歳/主婦)

 

ハイスペック彼氏が彼女に求めるのは、何もハイスペックな経歴や容姿の美しさだけではありません。何気ない言葉や動作の端々に表れる人間性を、ハイスペック彼氏達はつぶさに観察しています。

自分を満たしつつ、人をも魅了する趣味や特技を持ち、環境の変化に適応できる柔軟性があれば、ハイスペック彼氏との交際も夢ではないかもしれません。

 

1度は出会ってみたいハイスペック彼氏

交際するにはなかなかハードルが高いけれど、ぜひ1度は出会ってみたいハイスペック彼氏。

一流志向のハイスペック彼氏達をもうならせる魅力を身につけるために、自分磨きに邁進するのもいいでしょう。

常に向上心を持ち、今日よりもさらに充実した明日を求め続けるハイスペック彼氏達は、日常に刺激と変化をもたらせてくれます。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -