三角関係

あなたは引き下がる?引き下がらない?三角関係の悩み対処法

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

ある日突然、三角関係のトラブルに巻き込まれたらどうしますか?だまって引き下がる?それとも引き下がらずにライバルと戦う?今回は、三角関係に悩んだときに役に立つ対処法をご紹介します。備えあれば憂いなし、来るべき日のために心構えだけはしておいても損はないはず。

 

恋愛関係に悩みやトラブルはつきものではないでしょうか。今回は、数ある恋愛に関するいざこざの中から男女の三角関係に注目してみました。

三角関係に陥ったらだまって引き下がるパターン、負けるもんかとばかりに引き下がらないパターン…。三角関係に悩んだときの対処法をパターン別に紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

 

リサーチ力アップで三角関係回避

三角関係

三角関係で悩みたい人なんていないはず。でも、そんな希望に反して三角関係に悩まされ、心を痛めている人が多いのが現状です。三角関係で辛い思いをしたくなければ、三角関係が起こらないようにすること!これこそ最善の対処法なのです。

恋愛トラブルに巻き込まれないために、大切なのはリサーチ力。例えば友人の好きな人や理想の男性を把握しておくこと。これってとても大切。何も知らずに知り合いの彼を好きになってしまった、とか、友人と同じ人を好きになってしまった、なんてトラブルはリサーチ不足で起こることが多いのです。

「実は私、〇〇君のことが好きになったの…」「まって、私、ずっと前から○○君のこと好きだったんだけど!」なんて悲劇中の悲劇。恋愛も友達も、ダブルで失ってしまう羽目に陥りかねません。常にアンテナは感度良好にしておくこと。必要以上に首を突っ込む必要はありませんが、恋愛に発展しそうな男性が現れたら、無用なトラブルや悩みが起こらない相手かどうかしっかりと見極めておきましょう。

 

三角関係で「恋愛」重視の対処法

恋愛

そうは言っても恋心にフタをして、見て見ぬふりはできません。実際に三角関係に陥ってしまったら、どうすればいいのでしょうか。好きになってしまったんだもの、仕方ない!私は誰を傷つけてもいい、引き下がらない!まずはそんな方への対処法をご紹介しましょう。

大切なのは、相手へ正々堂々と宣言することです。「あなたの気持ちを知っているけれど、私も彼のことを好きになったの」と包み隠さず自分の気持ちを伝えること。また、ライバルの気持ちを出し抜いて、彼にこっちを向いて欲しいという気持ちになるのは自然なことですが、ライバルに嫌がらせをするようなマネはやめましょう。

あなたの気持ちが見事実を結ぶことになったとしても、残念ながら、努力が実を結ばなかったとしても、自分自身の気持ちに恥じないようにすることです。

また、周りを味方につけようと、「私、あの人が好きなんです」と吹聴しすぎるのも考えもの。ライバルを出し抜こうと考えるのではなく、自分の魅力が彼に伝わるように努力することが重要です。

 

恋愛よりも友情を重要視する際の対処法

友情

もし、あなたが友人と同じ人を好きになり、恋愛よりも友情を取ると決意した場合、どうすればいいのでしょうか。

悩みに悩んで引き下がることにし辛いイバラの道を選んだあなた、まずは自分自身を褒めてあげましょう。涙が枯れるまで泣いて、気分が晴れるまで落ち込んでもいいのです。

ただ、周りの人に「私も彼のことが好きだったけど、友人のことを思って身をひいたの」なんて言いふらさないように気をつけましょう。あなたに悪気はなくても、周りの人が友人のことを「友情よりも愛情を選んだ薄情な子」だと勘違いしてしまう可能性もあります。引き下がると決めたなら、彼への恋心は自分ひとりだけの秘密。誰にも話さない、という強い心が必要です。

友人があなたの気持ちに気付いていない場合は、あなたに彼に関する相談ごとや、キューピット役を持ちかけてくるかもしれません。それが辛いなら、「仕事が忙しい」などと理由をつけて、気持ちが落ち着くまで友人と距離をとってもいいでしょう。

 

男性2人から言い寄られたときの対処法

モテ期

何も自分が恋心を抱くことだけが三角関係とは言いません。知らないうちに2人の男性から恋心を抱かれる…そんな三角関係もあります。「もしかしてモテ期?」なんて浮つくのはNG。社内だったりサークル内だったり、近しい2人があなたを巡って火花を散らす…なんて羽目になったら、「魔性の女」なんてありがたくないレッテルを貼られてしまう可能性も。

誰にでもわけ隔てなく愛想よくするのと、男性に思わせぶりな態度を取るのは違います。くれぐれも男性に「もしかして、俺に興味がある?」なんて誤解を抱かせるような、過ぎた優しさは慎みましょう。

どちらか一方のことを好きな場合は、2人が友達同士なら、まずお断りする相手に「○○君のことが好き」だと伝えること。彼には内緒でつきあうようなマネだけはやめましょう。

どちらとも付き合うつもりがないのなら、そのことをきちんと伝えてあげて。誠実な対応こそトラブル回避の唯一の方法なのです。

 

相手に恋人や奥さんがいるときの対処法

片思い

これはもう、「辞めておいた方がいい」の一択。もし、あなたが片思いの状態なら、そっと彼の幸せを祈っておくだけに留めておきましょう。

もしかしたら「頑張ったらこちらを向いてくれるかも?」なんて考えてしまっていませんか?「私の方が好きになって、今のパートナーと別れてくれるかも」なんて、それは夢物語だと心得ておいて。

もし、彼がパートナーと別れてあなたを選んだとしても、きっと「もしかしてまた、彼は他の女性の元に行くのでは?」とか「誰かが彼のことを狙っているのでは?」などという悩みが常に付きまとうはずです。

なぜなら、そうやって彼を奪った「あなた」という身近な例があるからです。

 

彼氏を狙う女性がいるときの対処法

彼氏

彼氏にちょっかいをかけてくる女性がいる、恋人がいるとわかっていながら彼を狙っている女性がいる…。この場合、相手の女性のことは放っておきましょう。

大切なのは彼氏ときちんと向き合うこと。彼氏としっかり話しあい、あなたがどれだけ傷つき、イヤな思いをしているかを彼氏に伝えることが正しい対処法。相手の女性と同じ土俵に立つ必要はありません。彼氏があなたのことを心から大切に思っていれば、すぐに正気に戻るはず。

それでも、相手の女性に思わせぶりな態度をとる、どうやら親密な関係になっている…そんな彼氏とはサヨナラするくらいの強い心を持ちましょう。

 

三角関係の悩みは早めに解決して

三角関係に陥ったときに引き下がるパターン、引き下がらないパターンをご紹介しました。三角関係の対応を間違えてしまうと新たなトラブルや悩みが生まれることもあります。

辛く悲しい恋愛からサヨナラするためにも、三角関係の悩みは早めに解決しておくことが大切です。自分を大切にできる、幸せになれる、そんな恋愛をしてくださいね。

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -