束縛

彼氏の本音は?束縛しない男性の恋愛心理と理由とは

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

恋愛中につきものなのが、束縛。付き合っている彼氏に束縛され、自由を奪われるのは息苦しいものの、まったく気にされないのも不安になってしまいがちです。束縛しない男性の恋愛心理とはどんなものなのか、考えていきます。

 

付き合っている彼氏に束縛されるのは面倒な一方で、まったく束縛されないと寂しいと感じてしまうもの。束縛は相手に対する愛情や関心の現れと感じている人もいるのかもしれません。彼女を束縛しない彼氏の心理とは、どんなものなのでしょうか。束縛しない派という男性や、束縛に関する女性の意見を参考に、その本音に迫ります。

Sponsored Link

付き合うと束縛してしまう人の心理

心理

人はなぜ、束縛してしまうのでしょうか。束縛をしたことがある、またはされたことがあるという人の意見をご紹介します。

以前付き合っていた彼女に浮気をされ、何もかも信じられなくなった時期がありました。それ以来、彼女には今どこで何をしているのか、確認出来るまで連絡をしてしまいます。好きだからこそ裏切られたくなくて、束縛してしまうみたいです(26歳男性/公務員)
元カレからの束縛がひどかったです。女友達と会うと言っても信じてもらえず、友達付き合いも悪くなってしまいました。彼氏は『好きだから心配なだけ』と言ってたけど、信頼されてないとしか感じませんでした(25歳女性/病院受付)

束縛は、愛情や相手を繋ぎとめておきたい心理の裏返しとも言えるのかもしれません。ただし行き過ぎてしまうと、関係を悪化させてしまう原因にもなり得ます。束縛してしまう人自身も、コントロールしきれない自分の心理に頭を悩ませているのかもしれません。

束縛しない彼は理想?女性に聞いてみた

理想的

2人の関係を破たんさせかねない、束縛。束縛しない彼氏は、女性にとって理想的な存在と言えるのでしょうか。女性に意見を聞いてみました。

束縛するってことは、結局私を信頼してくれてないのかなって思っちゃいます。ちょっとぐらいのやきもちならかわいいけど、彼氏がいるせいで制限されることが増えるのは無理。束縛しない彼氏は、理想的だと思います(25歳/スポーツインストラクター)
好きだから束縛しちゃうってことを考えると、まったく束縛しない彼氏もなんだか寂しいなって思います。ちょっとくらいの束縛なら、私は大丈夫です(26歳/銀行員)

束縛して欲しい!という意見は聞かれなかったものの、まったく束縛されないのも寂しいもの。愛情が感じられる程度の、ちょっとした束縛なら許容される様子でした。

束縛しない彼氏に意見を聞いてみた

信頼関係

世の中には束縛に悩める人がいる中、束縛しないと断言してしまう男性たちもいます。彼らの意見をご紹介しましょう。

束縛しないと付き合っていけないぐらいの信頼関係しか築けない人とは、そもそも付き合いません。信頼してるから付き合ってるんだし、だから束縛しないっていう、ごく単純なことです(27歳/広告代理)
いくら好き同士で隠し事のない関係だとは言え、プライバシーは守られるべきだと思います。俺に知られたくない一面だってあるだろうし、そこに土足で踏み込むようなことはしたくないです(26歳/証券会社)

あくまで、彼女を信頼しているから束縛しないという意見でした。そこには彼女のことを尊重し、親しい中にも礼儀ありというような心理が見てとれました。

Sponsored Link

束縛しない彼氏の本音とその心理とは

嫌われたくない

信頼しているから束縛しないという紳士的な意見が聞かれた一方、普段は言いにくい男性の心理が映し出された本音も聞かれました。

本当に自分のことが好きなのか、不安に襲われる時もあります。けど束縛する男は嫌われるって聞いたことがあるし、気になるものの彼女を束縛する勇気もないっていうのが本音なのかもしれません。(25歳/医薬品営業)
男がチマチマ彼女のやることに神経とがらせるのって、ダサくないですか?ダサいって言われるのが怖くて、いつも彼女の行動を気にしてないフリしちゃってます(26歳/商品開発)

嫌われたくないという心理が働いてしまい、束縛しないのではなく、本当はしたくでも出来ないという男性の本音でした。小さな男だと思われたくないというのは、大半の男性が持っている心理のようです。しかし、まったく束縛されないのは寂しいという女性意見も一定数ある模様。行き過ぎてもダメ、まったくなくてもダメなのが束縛の難しいところなのかもしれません。

束縛しない彼氏にしてはいけないこと

愛情表現

束縛しない彼氏の心理は、信頼関係を理由にするものと、したくても出来ないという理由の2パターンあるようです。どんな心理が隠されているにせよ、束縛しない彼氏にしてはいけないことを見ていきます。

束縛しない=好きじゃないではない

束縛されないからといって、彼女のことを好きじゃない訳ではありません。一見無関心にも見える態度に寂しいと感じてしまうことがあっても、早とちりには注意が必要です。彼氏が本当に自分のことを好きでいてくれているかどうかは、束縛の有無のみでは判断できません。彼氏には彼氏なりの心理や愛情表現の仕方があることを、覚えておきましょう。

彼氏を束縛してしまうのは避けたい

どんな理由であれ、あなたのことを束縛しない彼氏。そんな彼氏の思いをよそに、彼氏のことを束縛してしまうのは避けたほうがよさそうです。束縛しない彼氏にとっては、お互いの自由を尊重し、束縛のない関係が理想なのかもしれません。

束縛しない彼氏と上手く付き合う方法

信頼関係

何気ないところで彼氏の信頼に応える

いろんな深層心理はあるものの、信頼しているから束縛しないというケースは多いようです。何気ないことも隠さず話したり、会えない時もこまめに連絡してみたりと、彼氏が寄せてくれる信頼に日々の何気ないところで応えられると、より良い関係が築けるでしょう。

束縛しない理由を聞いてみるのもアリ

もし彼氏が束縛しないことに不満や寂しい気持ちを覚える場合、彼氏に理由を聞いてみるのもアリでしょう。信頼しているから!と言われれば、彼氏に対する思いもより強まるかもしれません。実は束縛したかったけど出来なくて…と彼氏が打ち明けてくれたのなら、お互いの不安を解消出来るよう話し合いの場を持ってみましょう。

束縛しないのは、愛情の裏返し?

束縛しないという彼氏の行動には、複雑な心理が隠されていました。ただし、総じて言えることは、彼女に嫌われたくないということ。私に興味ないの?と不安になる時には、彼氏の本音を探ってみましょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -