カップル

自分の彼氏は大丈夫?束縛彼氏の特徴と心理!対処法も知ろう!

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

大好きな人と念願の交際スタート!でもいざ付き合いだしてみると、彼は束縛彼氏だった…なんて経験のある人も少なくないのでは?彼のことは好きだけど、束縛がきつくてつらい辛いという女性のために、彼はどんな気持ちで束縛をしているのか、彼の心理とその対処法を伝授します。

 

恋人からの束縛は、強すぎる愛情表現ともとれますが、あまりひどいと付き合い続けるのが難しくなってしまう場合もあります。まったくヤキモチを焼いてくれない彼氏を持つ女性は、「束縛されるのは愛されている証拠だからうらやましい」と言うこともありますが、実際に束縛彼氏の彼女になってみると抱える悩みはたくさんあるようです。

今回は、束縛彼氏の心理や特徴、診断方法、対処法などをご紹介します。束縛は少し辛いけど、大好きな彼と長く付き合いたいという人は要チェックです。

 

Sponsored Link

当てはまると黄信号!束縛彼氏の特徴

束縛

束縛する男性には、特徴と言える共通点があります。もし、あなたの彼や好きな人がこの特徴に当てはまっていたら、黄色信号かもしれませんよ。

 

交友関係がせまく友だちが少ない

交友関係がせまく友だちが少ないと、休日に遊んだり、仕事終わりに飲みに行ったりすることがあまりないため、彼女に依存してしまうことが多いようです。結果的に彼女の行動に口を出してしまって、女性は束縛されていると感じてしまうのかもしれません。

 

性格がとてもマメで連絡を取りたがる

性格がマメな男性は、LINEの返信が遅かったり電話に出られなかったりすると、連絡を催促してくることがあります。これこそ束縛彼氏の特徴のひとつです。催促されると、女性は連絡がきたら早く返さないといけないという心理にかられ、常に彼の存在を意識することになってしまいます。

 

服装や持ち物をチェックしてくる

トレンドのファッションでも、肩出しや素足だと束縛彼氏はダメ出しをしてきます。女性はそんなつもりはなくても、ほかの男性を誘惑するつもりなのかと感じるよう。服装に細かく口出ししてくる男性は要注意です。

 

どうして束縛するの?その心理とは

心理

どうして、束縛彼氏は彼女を縛り付けるような行為をするのでしょうか?その心理に迫ってみました。

 

自分に自信を持つことが出来ないから

自分に自信のない男性は、気持ちに余裕がなく、いつほかの男性に彼女をとられるか分からないと考えています。そのため、彼女の気持ちを離さないための方法のひとつとして束縛をしてしまうことが多いようです。

 

過去の恋愛にトラウマがあるから

過去に女性にひどい裏切られ方をした、浮気をされたという経験のある男性は、そのトラウマから彼女の行動すべてを把握したくなるようです。トラウマを取り除けば束縛彼氏から脱出出来るかもしれませんね。

 

独占欲が強く思い通りにしたいから

独占欲の強い男性は、彼女が出来ると行動や服装などを自分の思い通りにしたいと思い、それが束縛につながるケースもあるようです。

 

束縛彼氏かどうか診断するには?

彼氏

あなたの彼や好きな人が束縛彼氏になる特徴や可能性があるかどうか診断してみましょう。当てはまる数が多ければ多いほど束縛彼氏になる可能性大。診断結果が良くなくても、彼らの特徴を理解し、対処法を知っていれば心配ありませんよ。

 

交友関係のことをやたら聞いてくる

束縛彼氏は、彼女のすべてを把握しておきたいという心理から、友だちや職場など交友関係を細かく聞きたがる傾向にあります。

 

SNSをやっているかどうか気にする

SNSは、自分の知らない彼女の行動を知る手段のひとつです。付き合っていてもプライバシーはあるので、女性なら知られたくないこともあるはず。やたらSNSのことを聞いてくる人は要注意です。

 

LINEの返信が遅いと電話がかかる

返信が遅いと心配になりすぐに催促のLINEや電話をかけてくるのは、束縛彼氏の特徴のひとつと言えます。

 

「好き」「愛している」と頻繁に言う

彼女への愛情が大きすぎると、その分不安な気持ちも大きくなってしまい、束縛に発展してしまうケースもあるようです。彼からの愛情表現は、きちんと受け止めてあげることが大切かもしれません。

 

自分に自信を持っておらず心配性

口ぐせが「自分なんて…」というような、自分に自信のない男性は、いつ彼女が自分のもとを去ってしまうかわからないという心理から束縛してしまうことが多いようです。

 

束縛彼氏の対処法はズバリコレ!

カップル

束縛されても、好きな相手とは長く付き合っていきたいものですよね。そのためには、早めに対処する必要があります。まずは、わたしもあなたのことが大好きという安心感を与えることが大切です。

しかし、言葉で伝えるだけでは、簡単に安心出来ないのも束縛彼氏の特徴。言葉ではなく、行動で安心感を伝えることが重要です。たとえば、飲み会や遊びにいくときには誰とどこに行くか伝え、こまめに連絡をとるようにする、SNSやスマホを見たいと言われれば隠すことなく見せる、彼以外の男性とは必要最低限の連絡しか取らないようする、など。

このように「安心してほしい」という気持ちを言葉とともに行動で示すことで、彼の不安な心理も徐々に消えて束縛も減っていくはずです。すぐに効果を期待するのではなく、長期戦で少しずつ実践してみるといいでしょう。

 

Sponsored Link

束縛されたことのある女性の体験談1

束縛

束縛された経験のある女性は意外と多いもの。そんな女性の体験談をご紹介します。

 

LINEの返信が遅くなると、未読でもお構いなしで連続でメッセージを送ってきたり、電話をかけてきたり。お風呂に入ってたって言っても疑われるし、好きだけで付き合うことに疲れてきています。(26歳/営業事務)

彼氏から腕・足出しファッションは禁止されています。オフショルの服とか着れないのが悲しい!(25歳/販売員)

友だちと遊ぶときは、誰とどこに行くか必ず報告するように言われています。しかも、友だちと一緒なのはわかってるのに、途中で絶対電話がかかってくる。たぶん他に男がいないか確認しているんだと思うけど。友だちには大変だねって言われるけど、束縛するところ以外は大好きだから別れるつもりはありません。(28歳/IT関係)

 

束縛されたことのある女性の体験談2

本音

次に、対処法を実践して束縛が減ったという女性の体験談をご紹介します。

 

わたしの彼氏は、心理テストでは高い確率で束縛彼氏と診断されるような、ザ・束縛人間でした。大好きだけど、束縛がつらくて付き合うのをやめようかと思っていたとき、彼が束縛をする理由を知ったんです。過去の恋愛のトラウマが原因でした。そこで、そのトラウマをわたしが取り除いてあげようと思って行動を開始しました。まず、スマホを見せてと言われると隠さず見せたり、LINEにはすぐ返信したり、彼の要望にはなるべく応えるようにしました。言葉でも「わたしは絶対裏切らないよ」と伝え、すると徐々に彼も安心したのか束縛がゆるくなってきたんです。今でも、ときどきスマホを見せてって言われるけど、前ほどの束縛はなくなりました。時間はかかったけど、彼としっかり向き合うことで関係が改善されて今は本当に幸せです。(27歳/銀行員)

 

彼の気持ちを理解することが大切

束縛する人には、みんなそれなりの心理や理由があるはずです。そんな彼の心理や特徴を理解して向き合うことが、束縛を減らすことへの第一歩となるでしょう。束縛は、激しくなればなるほどつらいですが、それはあなたへの愛情のバロメーターとも言えます。あなたからも彼への愛情をしっかり伝え、信頼関係や安心感を2人の間に築くことでよりよいお付き合いになるでしょう。

Sponsored Link

関連記事/- Related article -