恋愛映画

おうちデートでのんびりと♡彼と一緒に観たい恋愛映画《洋画編》

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
女性は好きな恋愛映画、せっかくなら彼と一緒に観たいですよね。でも男性は恋愛映画に興味のない、なんて方も多いもの…今回は恋愛映画に興味がない男性が観ても面白く、恋愛気分を高めてくれるおすすめの洋画をご紹介します♡週末はおうちデートで恋愛映画はいかがですか?
 

これからどんどん肌寒くなる季節。
デートするなら、外に出かけるのもいいけれど、つい家でまったりしたくなりますよね。
そんな方におすすめなのはおうちデート。たまには彼と一緒にゆっくり映画を楽しんでみてはいかがでしょうか?
今回はおうちデートで恋人と観たい恋愛映画を洋画にしぼってピックアップしてみました♪

Sponsored Link

ロマンティックシンデレラストーリー

プリティ・ウーマン

プリティ・ウーマン
出典:http://charizm0407.com/movie/foreign/pw/

シンデレラ・ストーリーの王道、「マイ・フェア・レディ」の現代版として、女性たちに絶大な人気を誇り、見事、90年全米興行第一位となった作品。ウォール街きっての実業家ルイスが気まぐれに一週間のアシスタント契約を結んだコールガールのビビアン。しかし、彼女は瞬く間にエレガントな女性に変身。その美しさと勝気な性格にルイスは次第に心魅かれていくのだが……。YAHOO!JAPAN映画-プリティ・ウーマン

テーマ曲は誰しも聴いたことがある、恋愛映画の金字塔と言ってもいいかもしれません。
プリティ・ウーマン」はコールガールと実業家のラブロマンスという、女の子の夢と理想が詰まったシンデレラストーリーでありながら、ジュリア・ロバーツにとっても出世作。
ジュリア・ロバーツのキュートな笑顔と、リチャード・ギアの知的さ、脇役の登場人物も魅力的で飽きのこない作品との声も多数!
身分が違い過ぎるふたりが運命的に出会って恋に落ちる、現実にはありえなさそうな物語だけれど、アメリカ映画らしいハッピーエンドは観終わったときにしあわせな気持ちにさせてくれますよね♡
「何回見てもしあわせな気持ちになる」「心の栄養ドリンク!」との声も多いラブコメディで、女性からの圧倒的な支持を集めていますが、ロマンチストな男性からも人気がある映画です。
男女どちらにも人気のある作品ですが、男性はエドワードがビビアンに恋愛感情を抱く場面が良いという方も多く、彼とどこが魅力的だったか、なんて話をするのもいいかもしれませんね♪

Sponsored Link

おとぎ話と現代をつなぐラブロマンス♡

魔法にかけられて

魔法にかけられて
出典:http://www.ozmall.co.jp/entertainment/people/vol33/

“アニメーションの世界”に暮らす心優しいプリンセスのジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で、ジゼルはパニックに陥ってしまう。YAHOO!JAPAN映画-魔法にかけられて

ディズニーが贈るハッピーラブストーリー「魔法にかけられて」。
おとぎ話のプリンセスが現代のニューヨークに追放されてしまう、アニメーションと実写が見事にハマった物語は、子供や女性だけでなく男性も楽しめること間違いなしの、笑いあり涙ありのロマンスです♡
セルフパロディといってもいい娯楽映画の要素も満載で、ディズニー映画らしく急に歌いだすシーンが見事にコミカルに表現されていたり、思わず笑ってしまうこと間違いなしです。
バツイチの弁護士・ロバートと娘のもとで暮らし始めるプリンセス・ジゼルの、愛らしくもたくましいプリンセスっぷりには、ときめきと元気を貰えます。
主人公達だけでなく、周囲の登場人物も魅力的♡
婚約者であるジゼルを追いかけてニューヨークにやってくる王子も憎めず、どこか母性本能がくすぐられます。
ディズニーらしいハッピーエンドも清々しく、恋人と一緒に楽しみながらときめくことができる映画のひとつではないでしょうか。

大人の恋人に向けたラブストーリー

恋愛小説家

恋愛小説家
出典:http://www.trartsmission.org/恋愛小説家.html

第55回ゴールデン・グローブ賞で主要3部門に輝いた、ジャック・ニコルソン、ヘレン・ハント共演の恋愛ドラマ。偏屈で嫌われ者のベストセラー作家と、バツイチで子持ちのウェイトレスが織りなす不器用な恋を、さりげないユーモアを交えて描く。誰かれ構わず悪態をつく、小説家役のニコルソンがハマリ役。甘く切ない女心を描き、書いた本はすべてベストセラーという恋愛小説家メルビン。しかし実際の本人は、異常なまでに潔癖性で神経質の嫌われ者。周囲に毒舌をまき散らし、友人は誰もいない。。そんな彼がある日、ウェイトレスのキャロルに淡い恋心を抱くが・・・。YAHOO!JAPAN映画-恋愛小説家

中年恋愛小説家とシングルマザーの純愛ラブストーリー「恋愛小説家」。
価値観や生きる世界がまったく違うふたりが、本当の恋に目覚めていく、ちょっと捻くれながらもユーモアたっぷりの大人の恋人にぴったりのドラマです。
いい大人なのにどこか少年のような恋をする素直じゃない主人公は、はじめのうちは「近くにいたら嫌だなぁ」と思ってしまいがちですが、ジャック・ニコルソンの演技力ゆえか、気付くと魅力的に見えてしまいますし、男性目線でも共感出来るのではないでしょうか。
どこかロマンチストで理想家な男性と、現実主義の女性。どちらの目線でも味わい深く、普遍的な恋人の物語ともいえますね。
そして犬好きなカップルにはより楽しめる映画だと思います♡

男性にこそ見て欲しい恋愛群像劇♪

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
出典:https://ameblo.jp/otakusama01/entry-12217596852.html

弟に恋人を取られたミステリー作家ジェイミー(コリン・ファース)は南仏へ傷心旅行に。一方その頃、若くてハンサムな英国新首相デヴィッド(ヒュー・グラント)は秘書に一目惚れしてしまい、悶々と悩んでいた。YAHOO!JAPAN映画-ラブ・アクチュアリー

恋愛映画としても群像劇としても面白い「ラブ・アクチュアリー」。
『ノッティングヒルの恋人』『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作スタッフが贈る、豪華キャスト19人9組の、クリスマスを前にした恋人達の、それぞれの愛のかたちが描かれます♡
まったく接点がないように見える老若男女が、少しずつどこかが繋がっていて、ラストシーンには驚きが待ち受けているのも魅力です♪
誰かには必ず感情移入でき、恋愛映画なんて…と敬遠する男性にこそ見て欲しい、ハートウォーミングな物語です。
観終わったときには恋っていいなと素直に思え、日常の何気ない愛に気づかせてくれる、冬に向けて大切な人と見たくなる作品のひとつです。
2017年の12月には、大阪・東京で、生のオーケストラ演奏にのせて映画を楽しめる、シネマコンサートの上演も決定していますよ♡

ラブ・アクチュアリーが好きならこちらもおすすめ

バレンタインデー

バレンタインデー
出典:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2864/main/

2月14日、ロサンゼルス。バレンタインデーのこの日、リード(アシュトン・カッチャー)は同せい中のモーリー(ジェシカ・アルバ)にプロポーズ。しかし、仕事の途中で自宅に立ち寄るとモーリーが荷物をまとめていた。一方、教師のジュリア(ジェニファー・ガーナー)は親友のリードのアドバイスで、恋人のハリソン(パトリック・デンプシー)の出張先に押し掛けようとするが……。YAHOO!JAPAN映画-バレンタインデー

短編小説を読むようなバレンタインにまつわる老若男女が描かれる「バレンタインデー」。
チョコレートのように甘かったり、ほろ苦かったり、気軽に観れるけれど決して浅くはない、いくつもの愛の物語は、人を愛することの楽しさを教えてくれます。
ストーリーとしては一見ありがちに思われるかもしれませんが、「プリティ・ウーマン」が好きな人にはきっと面白い、観終わった後には心が癒され笑顔になれる、ストレートに楽しい映画です。
恋人と一緒に見ながら、どのカップルが好きか、なんて話で盛り上がるのもいいかもしれませんね。
ベテランから若手まで、豪華キャストの競演も見ていて楽しく、テイラー・スウィフトのエンディングテーマや、最後のNG集まで目が離せません♪

週末は彼と恋愛映画でおうちデートを♪

あなたがお気に入りの洋画はありましたか?
男性は、恋愛映画はあまり好きじゃない方も多いですが、人間ドラマやエンターテインメントとしても面白い作品ばかりなので、まだ見たことのない方も、久しぶりに見たい方も、週末は恋愛映画を観ながらゆっくりおうちデートをしてみませんか。
クリスマスシーズンも近づいてくるこれからの季節、彼と一緒に観る恋愛映画を見て恋人ムードを盛り上げるのもいいかもしれませんよ。
映画の登場人物を、自分たちに重ねて観てみるのも楽しいかもしれませんね♪

↓恋愛気分を上げるなら♡こちらの記事も!
ドラマチックな恋から目が離せない♡週末観たい海外ドラマ《恋愛編》

Sponsored Link