A型の特徴と相性

【A型】性格の特徴と相性の良い血液型は?|友達・恋愛別

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

控えめな印象のある、A型女性。「几帳面でまじめな性格」というイメージを持つ方も多いことでしょう。そんなA型女性の恋愛には、どんな傾向がみられるのでしょうか。相性の良い血液型と合わせて、チェックしてみましょう。

 

まじめの代表格ともいえる、A型女性。出しゃばらず、聞き上手で気配り上手と、まわりから見ればうらやましくなるような性格の持ち主です。しかし、そんなまわりからの見た目とは打って変わって、A型女性本人は自分の几帳面さに疲れてしまうことも。恋愛面においても、相手に気を使いすぎるなんてことも、よくあることです。そんなA型女性が幸せな恋愛をするには、どんな血液型の男性を探せばいいのでしょうか。恋愛傾向から相性の良い血液型まで、A型の恋愛特性についてご紹介します。

Sponsored Link

A型の基本的な性格や長所って?

A型の性格や長所

“まじめ”が代名詞にもなってしまうほど、几帳面さが表にあらわれるA型。そんなA型の基本属性とは、どのようなものなのでしょうか。

A型は時間も約束事もきちんと守る

まじめな印象を与える理由のひとつとなっているのが、“相手との約束や待ち合わせ時間をきちんと守る”という行動。責任感や相手を思いやる気持ちが人一倍強いので、人と約束したことなどをすっぽかすようなことはまずありません。時間通りではなく、予定時間よりも前に集合しているのが、A型が持つ性格の特徴です。

A型はどんな逆境にも立ち向かっていく

A型のまじめさがゆえ、自分が一度やると決めたことに対しては、どんな逆境に対してもあきらめず向かっていくことが出来ます。この性格は、A型にとって武器となるポイント。A型の長所ともいえるこの粘り強さは、仕事などで壁にぶつかったときにもその力を発揮します。多少の時間がかかっても、最後まで目標に向かって歩み寄る姿は、他の血液型にはない特徴です。

A型は仲間意識が強く争いを好まない

A型は、平和主義で仲間意識が強い傾向にあります。仲間同士での和気あいあいとした雰囲気を壊さないよう、まわりに気配り出来るのも、A型が持つ性格の特徴といえるのではないでしょうか。スポーツなどにおいても、A型はキャプテン気質と言われるほど。まわりを見ながら、輪を乱さないよう行動出来るのも、A型の長所といえます。

A型にはどんな短所があるのか?

A型の短所

長所が多いように見えるA型ですが、実は短所もいくつかあるようです。

慎重すぎて行動までに時間がかかる

A型は性格上、何か新しい行動を起こすときに石橋をこれでもか!とたたいてから、向こう岸へ渡っていくタイプ。そのため、異常に用心深くなってしまい、ネガティブな発想を抱いてしまうことがよくあるのです。まだ起こってもいないことに対して「こうなってしまったらどうしよう」と、何かにつけて不安に思ってしまうことも。一度やり始めるととことん集中出来る一方、行動を起こすまでに時間がかかるのは、A型の短所といえます。

A型は人からの評価がとても気になる

A型は、周囲の人々へ気配りが出来る一方、自分がまわりからどのように見られているのかを気にする傾向にあります。よかれと思って取った行動にも関わらず、「相手はどう思っただろうか。迷惑になってないだろうか。」と、どのように相手が受け取ったかとても気にしてしまうのです。その事例が発生したときだけでなく、いつまでも尾を引いてしまうのも、A型の持つ性格の特徴といえるでしょう。

A型はガラスのハートを持っている

A型は性格の特徴上、繊細な心の持ち主でもあります。他の血液型の人なら特に気にならないことも、ズルズルと心の中で引きずってしまう傾向が。気持ちを切り替えることが得意ではないので、一度傷ついてしまうと、立ち直るまでに時間を要します。ネガティブな感情を外に向けて発信することはありませんが、いつまでも自分の中にとどめてしまうので、どんどん自分でしんどい状況を作ってしまう要因に。生きづらさを感じやすいのも、A型の短所といえるでしょう。

Sponsored Link

A型はどんな恋愛をする傾向にあるのか

A型の恋愛傾向

まじめで繊細なA型は、恋愛をするとどんなふうに変化していくのでしょうか。

A型は恋に落ちるまで時間がかかる

控えめな性格を持つA型は、恋愛面においてもとにかく奥手。自分からアピールをすることなど、まずありません。用心深いので、相手からアプローチをされても、受け入れるまでにも相当な時間を要します。「本当にこの人を好きになっていいのか?」や「この気持ちは本当に恋愛感情なのか?」など、自問自答を繰り返したのちに、恋愛へと発展させていくのです。ナンパされてそのままついていくなんてことも、まずないといえるでしょう。

A型は自分の恋を周囲に話さない

A型は、自分が恋におちても、ベラベラと周囲に恋愛話をするようなことはありません。恋愛相談をするのは、本当に近しい人だけ。それも、自分の中で確実な恋心が芽生えてからしか、恋愛話を持ち掛けるようなことはしないのです。そのため、その恋愛が叶うまでに周囲へバレるなんてことは、ほぼありません。

A型は相手を信頼するととことん一途に

A型はそもそもが二股をかけるような性格の持ち主ではありませんが、相手が信頼出来る人だとわかれば、とにかく一途に尽くします。世話好きな一面も持っているA型は、相手に尽くすことで自分の“尽くしたい欲”も満たすことが出来るのです。しっかりと相手に愛情を注ぐので、その気持ちをわかってくれる男性とであれば、かなり長続きする傾向にあります。

お互いに補い合えるO型とは良い相性

O型とは良い相性

A型は、O型と最も相性が良いと言われています。その理由として挙げられるのが、「それぞれが持つ性格の特徴がうまくマッチしている」ということ。几帳面で信頼した相手にはとことん尽くすタイプのA型と、自由でゆったり生きているO型は、お互いに補い合える関係になれます。細かいところにまで目が行ってしまうA型に対して、O型が「そんなこと気にしなくても大丈夫!」とアドバイスすることで、A型に今までなかった視野が生まれることに。O型と一緒にいることで、知らなかった世界を見ることが出来るので、A型にとっても良い意味で刺激のある毎日を送ることが出来るのです。

カップルとして成立したときから、性格的にもぴったりマッチする確率が高いのも、A型×O型の組み合わせ。お互いに相性の良さを感じられる機会が多いことから、結婚までの期間が短いのも、この組み合わせの特徴といえるでしょう。自分とは違うタイプと付き合いたいなら「O型」の相手がおすすめ。

似た者同士のA型×A型も相性◎

同じ性格の特徴を持つ、A型×A型のカップル。まじめさや几帳面さもお互い同じなので、気になるところに2人で目を配ることが出来ます。A型の几帳面さを苦手とする血液型がいる一方で、同じA型同士であれば、性格上の問題でもめることはありません。似た者同士であることから、価値観も同じで共感しあえるポイントが多いのも、このカップルの特徴。他の血液型とカップルになるよりも、ストレスを感じることが少なくなります。

また、男性も女性も信頼出来る相手へ一途になる傾向があるので、浮気の心配がありません。お互いに世話好きなので、相手の足りない部分を補いあいながら付き合っていくことができ、相性が良いといえるでしょう。安定を求めるなら「A型」と付き合うのがおすすめです。

A型が避けたほうがいい血液型って?

 

避けたい血液型

人あたりの良いA型ですが、相性が良いとは言えない血液型も存在しています。

A型の親切を受け取ってくれないB型

おおざっぱで気分屋な印象のある、B型。真逆の気質を持っていることから、A型とは相性の悪い血液型だと言われています。相手に尽くすタイプのA型は、どうすれば相手が喜んでくれるかを、常に考えているもの。一方でB型は、自分の思うままに行動するタイプ。人の好き嫌いも激しいので、社交辞令などを言うこともありません。

そんなB型の行動は、相手に喜んでもらいたいと考えるA型にとっては理解出来ないもの。よかれと思ってやったことが、B型にとってはさほどうれしくないと感じることだったりするのです。A型からすると、いつも肩透かしをくらったような状態になるので、不満がたまる一方となります。B型は、A型が想像するのとは全く違う感情を抱いているもの。衝突が増えるのも、無理はありません。

AB型の自由さに振り回されてしまう

決まった型にはまっている方が落ち着くA型に対し、型にはまらず自由な発想を持っているAB型。A型はまわりの空気を読みながら行動するのが得意ですが、AB型は基本的にまわりのことを考えずに行動へと移します。そんなAB型の自由奔放さは、A型からすると許せないもの。自分の彼氏にもまわりの空気を読んでほしいと思うA型は、AB型の性格をあまり良く思っていません。

しかし一方で、A型とB型の両面を持つAB型は、A型の傾向が強ければ強いほど、A型との相性が良くなるケースもあります。A型の傾向が強めのAB型とであれば、A型×AB型同士でもうまくいく可能性がアップ。どんなAB型の相手と出会うかが、ポイントとなります。

A型の性格に魅力を感じる人は多数

きちんとしているイメージのあるA型ですが、人によってさまざまな個性があります。A型の中でも自分はどんな傾向があるのかを知ることが、相性の良い相手と巡り合う近道だといえるでしょう。

 

 

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -