男性が結婚したいと思う女性の特徴は?きっかけ・期間も大調査♡

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  
結婚適齢期になると、交際している男性との結婚を意識する女性は多いでしょう。しかし、彼は結婚をどう思っているのか、自分は彼から結婚したいと思ってもらえているのか気になりますよね。男性に結婚を意識してもらうきっかけや、同棲、長期交際についてと合わせてご紹介します。
 

男性が結婚したい女性とはどのような女性なのでしょうか。そもそも男性は結婚に何を求め、メリットを感じているのでしょうか。結婚を視野に入れている女性にとっては、とても興味があるところですよね。また、男性が恋愛から結婚を意識するきっかけや決め手も気になります。ここでは、男性にとっての「結婚」がどのようなものなのか、さらに結婚前の同棲についても考察してみます。

 

男性にとって結婚とは?

出典:Pixabay

男性にとって結婚とはどのようなものなのか気になりますよね。実は、結婚のデメリットばかりを気にしてしまう男性は多いといいます。

それは、結婚すると独身のような自由さがなくなるため。友人との付き合いや休日の過ごし方、さらには寝起きする時間にも変化が生まれると考えているようです。

 

また、女性が妊娠・出産によって、産休・育休を取得したり離職したりすれば扶養する必要が出てきます。

家族となり二人で生活の責任を負うこと、また、相手に何かあったときに真っ先に助けることが必要な配偶者という立場に、気後れする男性は多いのです。

 

このように、男性にとってはデメリットが多いように感じる結婚ですが、それでも決意するときには「なにがあっても守りたい」「一緒に生きていきたい」と思える相手なのでしょう。

 

結婚したいと思わせるような女性の特徴

出典:Pixabay
では、デメリットを覚悟したうえでも結婚したい女性とはどんな女性でしょうか?

家事に前向き

やはり、家事をしない女性よりも家事をしっかりこなせる女性の方が結婚したいと思うものです。男性に結婚を意識してもらいたい、結婚したい相手と思ってもらいたいなら、独身のうちから家事と仕事を両立させましょう。

互いの状況を尊重できる

仕事や家事で疲れることもあるでしょう。だからといって彼の寛容さに甘えて頼ってばかりいると、「俺のことは支えてくれないのか」と心配させてしまう恐れが。

また、一人の時間を大切にしたい男性もいるでしょう。

相手の状況や好みを理解し尊重できる女性なら結婚してもやっていけると思ってもらいやすいです。

働く意欲がある

自分一人で家計を支えることを負担に思う男性も少なくありません。そのため、一緒に稼ぐ気持ちを持っている女性は歓迎されます。専業主婦よりも兼業主婦が好まれるようです。

もちろん、家事・育児に専念してほしいという男性もいるので、相手が何を望んでいるのか把握することが大切です。

 

男性が結婚を意識するきっかけ、結婚の決め手

出典:Pixabay

結婚できそうな相手と彼に思ってもえたとしても、やはりきっかけや決め手は必要なもの。

一般的に男性はどのようなきっかけで結婚を意識し、何を決め手とするのでしょうか?

友人知人や同僚の結婚が増える

「結婚にはメリットがない」と漠然と思い込んでいるような男性でも、友人や同僚が結婚し幸せそうにしているのを見ると、「結婚も悪くない」という気持ちが芽生えてくるものです。

「結婚はまだまだ」という考えから「俺もそろそろ結婚かな」に変わっていくのですね。

自分または相手の転勤・転職

やはり、転勤や転職は結婚を意識する大きなきっかけや決め手になります。特に、男性側に引越しを伴うような転勤話がきた場合はなおさらです。

また、女性側に転勤話がきた場合は、思い切って転職の相談をしてみると男性に結婚を意識してもらうきっかけになるでしょう。

想定内/想定外で子供ができる

妊娠・出産が絡んでくると、二人だけでなく二人を取り巻く家族の問題として結婚を意識しなければならなくなります。

多くの場合、妊娠は結婚の決め手になるでしょう。

身近な例や架空の知人の話をしながら「もし子供ができたらどうするか」について考えるだけでも、具体的に結婚を意識するきっかけになる場合があります。

交際期間が長くなる

また、交際期間が長くなって二人の関係が安定し、一緒にいるのが当たり前となってくるのも、結婚の決め手になります。

だいたい1〜2年間の交際期間を経ると、その間に二人で経験する出来事を通して、居心地が良い相手かどうか、また、困ったときに助け合える相手かどうかの見極めがつくためです。

 

同棲や長期交際の場合は注意が必要?!

出典:Pixabay

1〜2年の交際期間で、かつ結婚適齢期であれば結婚を意識しやすいですが、交際期間がかなり長くなったり同棲したりすると、一般的に結婚のきっかけを見失いがちになります。

それは、同棲や長期交際が続くと、結婚に多くのメリットを感じていない男性は、「籍を入れるか否かだけの違い」や「このままでも幸せ」と思ってしまうためです。

 

また、女性側があえて結婚の話題を避けている場合は、男性は「結婚の話題もないし、今のままでいいと思っているのだろう」と思っている恐れもあります。あまり結婚という話題に踏み込んだことがない方は、一度思い切って切り出してみることも必要かもしれませんね。

それでも同棲や長期交際にはメリットもある

結婚が遠のいてしまいそうな同棲や長期交際ですが、もちろんメリットもあります。

それは、相手のふだんの性格がわかるという点です。

同棲や長期交際を通すと、良いときだけでなく悪いときの相手の様子を知ることができ、結婚してからもやっていけそうかという判断材料になります。

 

また、一切結婚を意識してくれない男性でも、同棲してみることで二人での生活の便利さや楽しさを感じ、結婚に踏み出してくれる可能性もありますよ。

 

結婚のきっかけは自分の行動次第!

出典:Pixabay
一般的に男性は、一緒にいて居心地がよいというだけではなかなか結婚には踏み切れません。もし結婚したい男性がいるなら、結婚の「パートナー」にふさわしい相手だとわかってもらうこと、お互いの関係の変化を恐れずむしろ受け入れることを大切に、お付き合いを深めていってみてください。

Sponsored Link