年齢差は関係なし?今増えている年の差カップルの悩みとメリット

  • インスタグラムアイコン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

最近増えつつあるのが年の差カップル。中にはひとまわり以上の年の差があるカップルも。はたして、愛があれば年齢は関係ない!というのは本当なのでしょうか?年の差カップルのメリットや悩みについて調査してみました。

 

100人の人があれば100通りの恋愛があるもの。例えば、好きになった相手がかなり年上だったり年下だったりすることもあるでしょう。好きだけど、年齢が気になってなかなか進展できない…なんてお悩みをお持ちの方もいるのでは?そこで今回は、実際に年の差カップルに、年の差があるパートナーに関する悩みや付き合ってよかった…と思ったことを聞いてみました。

年上彼氏のカップル、そのメリットは?

Young beautiful couple in love hugging outdoor in the city looking the eye – love, romantic, relationship concept. Black and white

 

金銭的に余裕がある

彼氏が年上の場合、多少なりとも金銭的に余裕がある人が多いのが特徴。友達同士ではなかなか行けない高級レストランや、自分じゃ買えない高価なものをプレゼントしてもらえる、という意見が多く聞かれました。これこそ、年上男性とお付き合いするメリットと言えるかもしれませんね。

心が広い

相手が年上だと、あまり怒ったりキレたりしない、少々のワガママは許してもらえる、というメリットも。大人の余裕、といったところでしょうか。心の広い穏やかな男性って、それだけで魅力的ですよね。

知識が豊富

自分の知らないことを教えてくれる、自分の知らなかった世界を見せてくれる…。経験豊富な年上男性とお付き合いすることで、色々なことを教わることができます。また、相談すると的確なアドバイスをくれるので頼もしい、という意見も。尊敬できる相手と付き合える、これって最高に幸せなことですよね。

 

彼氏が年下のカップル、メリットは?

Close up portrait of happy young couple in love embracing each other on beach

トレンドに敏感になれる

彼と話したり、ショッピングに行ったりしているだけで、自然と若い子のトレンドを知ることができます。若い子のトレンドを意識するだけで自然と若返るような気持ちにもなれます。年下くんをパートナーに持つことは、アンチエイジングに効果的かも?!

心が広くなる

相手が年下だから、と思えば少々のことで腹が立ったり気になったりしなくなるもの。また、必然的に女性がリードする形になることが多くなるので、自分のキャパも広くなります。年下くんと付き合うことによって、大人の女性としての余裕が自然と身に付くのです。

愛されている実感がわく

年上の女性を好む男性は、甘えん坊の傾向にあります。素直に甘えてきたり、ストレートに愛情を表現してくれる彼に、愛されている、という実感がわくのも年下彼氏のメリット。照れずに愛の言葉を伝えあいたい女性には、年下の彼氏はオススメです。

良いことだけじゃない…年の差カップルの悩み

Happy young couple in love hugging outside in a park

一見メリットばっかりのように思える年の差カップル。実は悩みも多いモノなのです。ここでは、年の差があるからこそ気になる問題や、悩みについてご紹介します。

年上彼氏の悩み

まず、一番多く聞かれるのが、「彼がすぐ疲れる」という意見。アウトドアデートやテーマパークでアクティブデートがしたくても、彼氏がすぐ疲れるからと付き合ってくれない、なんていうのはよくある話。また、LINEやメールが苦手な人が多いのも年上彼氏の特徴。連絡をしてもレスポンスが遅いことに不満を持っている女性も少なくないようです。また、何かと子供扱いされるのもおもしろくない、なんて意見も。

年下彼氏の悩み

年下の彼氏を持つ女性の最大の悩みとも言えるのが、結婚問題。こちらはそろそろ結婚を意識したいのに、彼は結婚なんて頭にないみたい、なんて結婚に対しての温度差を感じてしまうのです。中には、「彼のことは好きだけど、結婚したい私と結婚したくない彼とで意見が食い違い、別れしまった」なんてエピソードも。また、彼の友だちに会ったり、彼の兄弟や両親に会ったりしたときに、どう思われているのかが気になる、なんて意見も。

 

尊敬と感謝の気持ちを持つことが仲良しカップルの秘訣

悩み多き年の差カップルでも、長くお付き合いる人もたくさんいます。いつまでも仲良くいられる秘訣は、常に感謝と尊敬の気持ちを持ち続けること。彼が年上だから、年下だから、という事実はあまり気にせず、ありのままの彼を愛し、ありのままの自分自身を愛してもらうことが大切なのです。

 

 

 

Sponsored Link

関連記事/- Related article -